嶋津義忠のおすすめランキング

プロフィール

作家

「2021年 『北条義時 「武士の世」を創った男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嶋津義忠のおすすめランキングのアイテム一覧

嶋津義忠のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『竹中半兵衛と黒田官兵衛 秀吉に天下を取らせた二人の軍師 (PHP文庫)』や『乱世光芒―小説・石田三成』や『信之と幸村 (PHP文庫)』など嶋津義忠の全42作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

竹中半兵衛と黒田官兵衛 秀吉に天下を取らせた二人の軍師 (PHP文庫)

184
3.45
嶋津義忠 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半兵衛のお城乗っ取りから始まって、官兵衛がお亡くなりになるまでのお話。 歴史的流れはサラっと進むので、読みやすかった。 とにかく仲良しな二兵衛(笑) ... もっと読む

乱世光芒―小説・石田三成

67
4.18

感想・レビュー

大河ドラマの黒田官兵衛に登場する石田三成では、とても関ケ原において徳川家康に対抗することは出来なかったと思えた方に、お勧めの一冊です。本書に登場する三成は... もっと読む

信之と幸村 (PHP文庫)

42
3.75
嶋津義忠 2010年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真田家好きな人は損しないでしょう。 幸村はゲーム(戦国無双・basara)でも有名ですが、 信之はあまり浸透していないかもしれませんね。 信... もっと読む

賤ヶ岳(しずがたけ)七本槍 (PHP文芸文庫)

31
3.40
嶋津義忠 2011年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当時の武将たちの気風なんかは感じれた。 もっと読む

上杉三代記 (PHP文庫 し 18-6 大きな字)

29
3.00
嶋津義忠 2008年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国時代も今もあまり変わらない。 誰が統治し、誰が統治されるのかを巡って争いは続く。 武力を使うか、外交や金銭を使うのか、やり方もあまり変わらない。 もっと読む

明智光秀 なぜ「本能寺」に向かったか (PHP文庫)

26
3.43
嶋津義忠 2005年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

水色桔梗の幟が早暁の京の町を埋め尽くす。光秀の凛とした声が、ひそとした本能寺の中へ吸い込まれた。「信長殿の御首、頂戴仕る!」―明智城の陥落から二十数年、信... もっと読む

上杉鷹山―財政危機を打開した名君の生涯 (PHP文庫)

24
3.17

感想・レビュー

藩の経営危機にどう立ち向かって行けばいいか、より良い藩の運営のためにどのような手法を取るか…。若くして藩主になった鷹山は、まず武士とは何かという定義そのも... もっと読む

幸村―家康を震撼させた男

23
4.15

感想・レビュー

関が原後から大阪夏の陣までを描いた作品。 真田好きなのを差し引いてみても、非常に良かった。 今までは父の昌幸や兄の信之に、個人的に注目していたが、... もっと読む

平家武人伝 (PHP文芸文庫)

20
3.38
嶋津義忠 2012年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

清盛以外の人物にたくさんスポットが当たっていて、それぞれの立ち位置から話が見えるので面白かったです。ちょっと盛りだくさん過ぎて駆け足なのと物足りなさと「あ... もっと読む

小説 松平三代記 清康・広忠・家康、三河から天下へ (PHP文庫 し 18-4 大きな字)

18
3.25
嶋津義忠 2007年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松平清忠・松平広忠・徳川家康の三代の物語。この三代を文庫本1冊で書くのは難しいだろうなぁという読前の思いは、「家康の巻」でかなり時代を飛ばすことで解決して... もっと読む

新装版 明智光秀 真の天下太平を願った武将 (PHP文庫)

16
3.67
嶋津義忠 2019年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正義感の塊りだった光秀。そういったことは、歴史の授業では習わない。歴史は結果が全てになってしまう。 もっと読む

柳生三代記 (PHP文庫)

13
3.67
嶋津義忠 2008年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

石舟斎の若い頃が描かれているのがそもそも珍しいですね。 主役の三人より、周囲の人たちの方が印象深いのはどうかと。 とくに、宗矩の微妙な薄さ加減がね。(^^... もっと読む

半蔵の槍 (講談社文庫)

11
4.67

感想・レビュー

戦国忍者の誇りを賭けて、徳川幕藩体制に敢然と抵抗した、伊賀・闇の軍団。率いるは柘植重兵衛。服部半蔵の秘蔵弟子で、短槍の名手。半蔵が遺した名槍「伊賀切」の秘... もっと読む

天駆け地徂く―服部三蔵と本多正純 (講談社文庫)

7
3.50

感想・レビュー

http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2006/11/post_6190.html もっと読む

半蔵幻視 (小学館文庫―時代・歴史傑作シリーズ)

5
3.20

感想・レビュー

信康切腹事件。微妙に淡々とした話でした。結局信康は死ななければならない運命だったんですね。 もっと読む
全42アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×