川上泰徳のおすすめランキング

プロフィール

かわかみ やすのり ジャーナリスト、元朝日新聞中東アフリカ総局長。
著書に『イラク零年 朝日新聞特派員の報告』(川上泰徳 著、朝日新聞社、2005年)、『現地発エジプト革命 中東民主化のゆくえ  岩波ブックレット』(川上泰徳 著、岩波書店、2011年)、『イスラムを生きる人びと 伝統と「革命」のあいだで』(川上泰徳 著、岩波書店、2012年)、『中東の現場を歩く 激動20年の取材のディテール』(川上泰徳 著、合同出版、 2015年)、「紛争地を抱える中東の事実を見る「目」の役割 川上泰徳所収『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか  取材現場からの自己検証  集英社新書』(共著:危険地報道を考えるジャーナリストの会 編、集英社、2015年)、『「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想  集英社新書』(川上泰徳 著、集英社、2016年)、「「アラブの春」は中東危機を解決したのか? 川上泰徳」所収『21世紀、大転換期の国際社会 いま何が起こっているのか?』(共著:羽場久美子 編、法律文化社、2019年)、『シャティーラの記憶  パレスチナ難民キャンプの70年』(川上泰徳 著、岩波書店、2019年)、『自己検証・危険地報道  集英社新書』(共著:安田純平、危険地報道を考えるジャーナリストの会 著、集英社、2019年)、「中東でなぜ難民が出続けるのか?」所収『移民・難民・マイノリティ 欧州ポピュリズムの根源』(共著:羽場久美子 編、彩流社、2021年)などがある。

「2022年 『戦争・革命・テロの連鎖 中東危機を読む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川上泰徳のおすすめランキングのアイテム一覧

川上泰徳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか (集英社新書)』や『「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想 (集英社新書)』や『シャティーラの記憶 パレスチナ難民キャンプの70年』など川上泰徳の全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか (集英社新書)

71
4.07
石丸次郎 2015年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常に難しい問題。戦場へ向かうジャーナリストの主張も分かるし、それを引き止める側も理解できる。リスクを冒した報道がなければ、「世界を見る目」は失われていく... もっと読む

「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想 (集英社新書)

41
3.50
川上泰徳 2016年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現場起きていることに対してその裏の背景拝啓と冷静な もっと読む

シャティーラの記憶 パレスチナ難民キャンプの70年

34
4.60
川上泰徳 2019年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 特に強い関心があったわけではありません。なにげなく手に取って、路地で遊んでいる子供たちの写真にひかれて読み始めました。  1947年、国連で行われたのパ... もっと読む

イスラムを生きる人びと――伝統と「革命」のあいだで

32
4.25
川上泰徳 2012年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イスラム社会の、今 17年間新聞記者として中東へ関わってきた著者が、イスラム理解のために著した著作である。 イスラム教や中東に関してほぼ知らないに... もっと読む

現地発 エジプト革命――中東民主化のゆくえ (岩波ブックレット)

23
3.60
川上泰徳 2011年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 エジプト革命について、その発生から終結までを町の出来事と一緒に説明している。チュニジアからエジプトにきて、シリアでは泥沼という結果については解明できない... もっと読む

中東の現場を歩く: 激動20年の取材のディテール

14
4.00
川上泰徳 2015年12月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中東情勢を伝え続けてきた新聞記者の、これまでの仕事の総まとめなルポルタージュ。 『イスラムを生きる人々』http://booklog.jp/users/... もっと読む

イラク零年 朝日新聞特派員の報告

9
5.00
川上泰徳 2005年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フセインがいなくなった後もイラクは無茶苦茶だった。 フセインは豪奢な宮殿に住んでいたのに、最後は洞穴に隠れていた。 アメリカの占領政策も、捕虜虐待もす... もっと読む

戦争・革命・テロの連鎖;中東危機を読む

9
3.00
川上泰徳 2022年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コロナで内戦と二重苦になっているのがシリアとイエメン。湾岸産油国は対策に成功している。 もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×