川崎二三彦のおすすめランキング

プロフィール

子どもの虹情報研修センター研究部長。京都大学文学部哲学科卒業。児童相談所で32年間勤務し、京都府宇治児童相談所相談判定課長を経て、2007年度より現職。
おもな著書に「子どものためのソーシャルワーク」シリーズ(全4巻)『虐待』『非行』『家族危機』『障害』(明石書店)、『児童虐待――現場からの提言』(岩波新書)、編著書に『日本の児童相談――先達に学ぶ援助の技』(明石書店)などがある。

「2010年 『子ども虐待ソーシャルワーク』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川崎二三彦のおすすめランキングのアイテム一覧

川崎二三彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『児童虐待―現場からの提言 (岩波新書)』や『虐待死 なぜ起きるのか,どう防ぐか (岩波新書)』や『いっしょに考える子ども虐待』など川崎二三彦の全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

児童虐待―現場からの提言 (岩波新書)

210
3.58
川崎二三彦 2006年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

◯児童虐待に関して、簡単な国の施策や現場での業務について知ることができる、まさしく導入の書。 ◯論理立てられた構成、文書で、大変わかりやすい。 ◯無理筋の... もっと読む

虐待死 なぜ起きるのか,どう防ぐか (岩波新書)

128
4.05
川崎二三彦 2019年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者は32年間にわたって児童相談所に勤務し、その後は児童虐待問題の研究・研修を行う「子どもの虹情報研修センター」で働いている人物(現在は同センター長)。 ... もっと読む

詳解 子ども虐待事典

6

感想・レビュー

2010.02.21 朝日新聞で紹介されました。 2010.03.07 日本経済新聞で紹介されました。 もっと読む

非行 (子どものためのソーシャルワーク) (子どものためのソーシャルワーク (2))

2
川崎二三彦 2000年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「考えてもみよう。様々な厳しい条件、不運や不遇の末、"被害者として"親と別れ、家庭を離れて施設に入所した子どもたちが、自分の運命を恨むのではなく、そこを自... もっと読む

父親と家族療法 (シリーズ「家族の居心地」)

1
5.00

感想・レビュー

京都府の児童相談所に持ち込まれた相談の事例検討。不登校やシンナーなどの子供の問題を、家族システムを変えていくことで問題解決に導く。父親と母親それぞれの役割... もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
ツイートする
×