川本三郎のおすすめランキング

プロフィール

1944年生まれ。評論家。著書に『大正幻影』(サントリー学芸賞受賞)、『荷風と東京』(読売文学賞受賞)、『林芙美子の昭和』(毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞受賞)、『郊外の文学誌』、『小説を、映画を、鉄道が走る』(交通図書賞受賞)、『時には漫画の話を』、『あの映画に、この鉄道』など多数。

「2019年 『東京は遠かった 改めて読む松本清張』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川本三郎のおすすめランキングのアイテム一覧

川本三郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『夜の樹 (新潮文庫)』や『アンソロジー お弁当。』や『ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)』など川本三郎の全293作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

夜の樹 (新潮文庫)

1437
3.78

感想・レビュー

 トルーマン・カポーティ著。孤独な都会の未亡人の元に現れる少女「ミリアム」、汽車で同席になった怪しげな男女に迫られる「夜の樹」、見た夢を男に売ることになる... もっと読む

アンソロジー お弁当。

598
3.51
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)

404
3.21
林芙美子 2015年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豪華作家陣、様々な時代のいろんな朝ごはんにワクワク♪ 朝ごはんというだけあって、卵料理が多いですね。 印象に残ったのは… 角田光代さんの”朝食バイキン... もっと読む

叶えられた祈り (新潮文庫)

395
3.36

感想・レビュー

ラ・コート・バスクのみ読了。カポーティが社交界から追放される契機となった未完の、最後の作品集。三編からなるけど、ひとつだけ読んで、他のを読む気をなくしてし... もっと読む

綱渡りの男 (FOR YOU 絵本コレクション「Y.A.」)

326
4.13

感想・レビュー

絵本のカテゴリーに入れてしまうと子供向けと思われそうで、そこが惜しくてたまらない。 お話し会用に、他図書館から借り受けた一冊。 手に届くまで待つこと十... もっと読む

マイ・バック・ページ - ある60年代の物語

303
3.91
川本三郎 2010年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が生まれる前のことだし、安保とか全共闘とかよく知らないしなんか怖い感じがして読み始めるのにはちょっと勇気がいった。でも、読み始めたらそれはまったくの杞... もっと読む

アンソロジー ビール

293
3.32
東海林さだお 2014年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治生まれの文豪や料理研究家、平成の今をときめく人気小説家まで、41名の手になる、ビールにまつわるエッセイ集。 書き手も様々なら、内容も様々。 うまいビ... もっと読む

ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)

249
3.18
椎名誠 2014年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「メンクイ」です。 といっても「麺食い」のほう。 だけどラーメンは苦手……。中華そば系はだいじょうぶ。インスタントは袋もカップもあまり食べないけど大好... もっと読む

アンソロジー そば

173
3.24
池波正太郎 2014年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔はそばを食べるというのは今の喫茶店でお茶を飲むのと同じような行為で、もともとは腹を満たす食事ではなかった。店によっては蕎麦の量が異様に少ないのはこのせい... もっと読む

仕事本 わたしたちの緊急事態日記

173
4.50
尾崎世界観 2020年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コロナ禍で働く、77人の日記。 普段、取り上げられることのないような職種まで、多様な仕事を取り上げてるのがとてもよかった。 人それぞれ悩みや変化、怒りが違... もっと読む

ウォーターメソッドマン〈上〉 (新潮文庫)

164
3.38

感想・レビュー

まだ上巻しか読んでないのだが、すぐ後に処女作である『熊を放つ』を読んで、処女作より洗練されているなーと思った。時系列が飛び飛びなのだが、うまくまとまってい... もっと読む

作家の猫 2 (コロナ・ブックス)

137
3.60
川本三郎 2011年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回の本には知らない作家さんが多かったです。 作家さんといっても小説家に限られてるわけではなく・・・ 猫ちゃんのお話で癒されました。 先日、私の職場... もっと読む

ウォーターメソッドマン〈下〉 (新潮文庫)

131
3.45

感想・レビュー

アメリカの小説はこういう少年/青年のモラトリアム物語が多いなぁ… 長きに渡るトランパーの物語、 ここに大団円!! いや、犬と子供と家族と結婚と、... もっと読む

温泉天国 (ごきげん文藝)

114
2.78
嵐山光三郎 2017年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

32編の温泉エッセイ。温泉が好きなので、読んで見たんだけれど、文豪たちの作品、なんて豪華なんだろう、驚き、喜んで読んだ。時代を感じるなあ(それもいいんだけ... もっと読む

いまも、君を想う

109
3.74

感想・レビュー

読んでいるとどうしてもせつなくなります… もっと読む

とっておきのアメリカ小説12篇 and Other Stories

108
3.25
W.P.キンセラ 1988年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

米国文学はそれほど読んだことがないけれど、サリンジャー・カポーティ・フィッツジェラルドなどの描く世界と根底が似ている気がしました。いわゆるジャズエイジって... もっと読む

向田邦子と昭和の東京 (新潮新書)

92
3.38
川本三郎 2008年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今は消えた"ちゃぶ台"がキーワードになる。昭和4年生まれの向田邦子は、ちゃぶ台のある暮らしの中で育って来た。その暮らしがかけがえのない記憶となり、シナリオ... もっと読む

「男はつらいよ」を旅する (新潮選書)

89
3.61
川本三郎 2017年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

旅が好きで、寅さんが好きな人なら、誰でも「男はつらいよを旅」してみたいと思うのではないか? それを、川本三郎は実際に行い、本まで書いている。羨ましい限り。... もっと読む

君のいない食卓

88
3.92

感想・レビュー

このまえに川本三郎さんの『いまも、君を想う』を拝読しました。 その後の彼の心の変化を知りたいと思って、この本を…二時間ぐらいで読破しました。 この... もっと読む

万華鏡―ブラッドベリ自選傑作短編集 (サンリオSF文庫)

87
3.78

感想・レビュー

「世にも奇妙な物語」を彷彿させる、ちょっと、作品によってはかなり怖い作品集。 そんな中で『たんぽぽのお酒』という1920年代のアメリカの田舎町に住む12... もっと読む
全293アイテム中 1 - 20件を表示

川本三郎に関連する談話室の質問

ツイートする