川端康成のおすすめランキング

プロフィール

1899年生まれ。1920年東京帝国大学文学部英文学科に入学(のち、国文学科に転科)。1921年第六次『新思潮』を創刊。『伊豆の踊子』や『雪国』などの作品を残す。1961年文化勲章受章。1962年『眠れる美女』で毎日出版文化賞受賞。1968年10月、日本人初となるノーベル文学賞受賞が決定する。1972年没。

「2017年 『山の音 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川端康成のおすすめランキングのアイテム一覧

川端康成のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『雪国 (新潮文庫)』や『伊豆の踊子 (新潮文庫)』や『眠れる美女 (新潮文庫)』など川端康成の全938作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

雪国 (新潮文庫)

7399
3.44

感想・レビュー

美の表現が極まり一つの美しい芸術作品であった。終始感嘆させられた。 もっと読む

伊豆の踊子 (新潮文庫)

5613
3.43
川端康成 2003年5月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作中主人公が温泉に浸かっていると、離れた所にある別の温泉に浸かっていた踊り子が、いきなり全裸で走り出し手を振るシーンがある。映画では女優さんを気遣って変え... もっと読む

眠れる美女 (新潮文庫)

3105
3.66
川端康成 1967年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『眠れる美女』 とある一軒家で… 眠り薬によって眠らされた裸体の美しいきむすめと一晩を共にすることができる。ただ、それはもうすでに「男」ではなくなった老... もっと読む

古都 (新潮文庫)

2937
3.80
川端康成 1968年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都ならではの数々のお祭りと寺社を背景に描かれる主人公の女性の機微。京都の四季を基調とした映像美と情感たっぷりの物語の進行で和の世界を堪能させてくれる。ゆ... もっと読む

掌の小説 (新潮文庫)

2177
3.75
川端康成 1971年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館本。 1-2ページの短編集。 オパールの指輪をする少女、レモンを絞り果汁を乳房に塗る女、夫に不自由となった身体を洗わせる妻←これは第三者目線ではあ... もっと読む

山の音 (新潮文庫)

1458
3.76
川端康成 1957年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『山の音』は、日本の家庭の複雑な人間の心情を巧みな表現で描き出しています。 主人公、信吾の悲しみは、死の予告とも感じられる山の音を聞くことに始まる。... もっと読む

みずうみ (新潮文庫)

1259
3.42
川端康成 1960年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美しい女の魔力に憑かれた男は、執拗に女のあとをつける。 男の中で美女への暗い情念が渦巻いている。自身の足の醜さがゆえに美しい女を追い求めるのだろうか。 ... もっと読む

雪国 (角川文庫)

951
3.57
川端康成 2013年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しい。大筋は単純な話ではあるけれど、何度か読み込まないと、理解できないな。ただ描写は本当に綺麗。風景描写が美しい。 もっと読む

千羽鶴 (新潮文庫)

806
3.66
川端康成 1989年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

耽美的作品。真似できない表現が随所にみられ、幼児が橋から落ちて運よく無事だったシーンは、思わず文字を拾いなおした。本著に収められた「千羽鶴」と「波千鳥」は... もっと読む

舞姫 (新潮文庫)

744
3.33
川端康成 1954年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まず舞姫というタイトルが良い。物語は、舞台の夢を諦めた波子とその娘の品子を中心に描かれているが、時に冷たく、時に切なく、様々な苦悩が入り混じった読み応えの... もっと読む

伊豆の踊子 (角川文庫)

662
3.41
川端康成 1968年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前々から読みたいと思っていたのだが、大学受験で問われそうだから読んでみた。一回読み終わったら、もう一度読み返すと違った視点が見えてくる。差別問題や主人公の... もっと読む

伊豆の踊子 (集英社文庫)

641
3.32
川端康成 1977年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 集英社文庫2008年「夏の一冊」フェアでの企画本。  川端康成の名作『伊豆の踊子』のカバーイラストを、『ジョジョの奇妙な冒険』で知られる漫画家、荒木飛... もっと読む

乙女の港 (実業之日本社文庫 - 少女の友コレクション)

603
4.01
川端康成 2011年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少女小説の源流。 主要人物の個性の違いが「花」のようで、そこも素敵。 当時のほとんどの読者も作中の人物も、お金持ちのお嬢様なのだろうけど、結び直前、作... もっと読む

雪国 (岩波文庫 緑81-3)

519
3.39
川端康成 2003年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて「雪国」を読んだのは高校生の頃。 当時は芸者と高等遊民とのだらだらしたやり取りや、しょせん芸者遊びを描いただけの哲学的慧眼も起きない薄っぺらい内容... もっと読む

女であること (新潮文庫)

496
3.65
川端康成 1961年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

川端康成の現代物。 昭和30年代の東京を舞台に、子供のいない弁護士夫妻、身を寄せる被告人の娘、大阪から出奔してきた友人の娘が織りなす出来事。 小説として... もっと読む

美しい日本の私 (講談社現代新書)

407
3.75
川端康成 1969年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頭から読むと日本語のスピーチ文、おしりから読むとその英訳。川端康成の小説を読むときのような美しさがスピーチにも感じられました。日本語の文章がどういうふうに... もっと読む

名人 (新潮文庫)

406
3.61
川端康成 1962年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

将棋の次は、囲碁の小説です。 本因坊秀哉の引退戦の観戦記がベースとなったストーリーなのですが、これ、実話?っていうくらい、病と対局の中で夢現する名人... もっと読む

伊豆の踊子・温泉宿 他四篇 (岩波文庫)

388
3.51
川端康成 2003年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

川端康成自身が短編を選び、解説を加えたもの。 以下の感想以外の短編も目を通しましたが、 言い回しや、歴史背景などがよくわからず、挫折しました・・・。 ... もっと読む

愛する人達 (新潮文庫)

385
3.56
川端康成 1951年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女の夢 川端康成はどうして こんなに女の人のことがわかるんだろう。 不思議だ。 悲劇のヒロインという言葉があるように 悲劇に酔えるのは女の特権だと思う。 ... もっと読む

川端康成・三島由紀夫往復書簡 (新潮文庫)

379
3.48
川端康成 2000年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

手紙というのは、それが儀礼以上の個人的なものであればあるほど、その人の輪郭がより鮮明に見えてくる。 この往復書簡では、どちらかというと、年齢的にも文壇の... もっと読む
全938アイテム中 1 - 20件を表示

川端康成に関連する談話室の質問

ツイートする
×