川端康雄のおすすめランキング

プロフィール

日本女子大学文学部教授。英文学専攻。明治大学大学院文学研究科博士後期課程退学。主な著書に『増補 オーウェルのマザー・グース――歌の力、語りの力』(岩波現代文庫、2021年)、『ジョージ・オーウェル――「人間らしさ」への讃歌』(岩波新書、2020年)、『葉蘭をめぐる冒険――イギリス文化・文学論』(みすず書房、2013年)、『ジョージ・ベストがいた――マンチェスター・ユナイテッドの伝説』(平凡社新書、2010年)、主な訳書に、オーウェル『動物農場――おとぎばなし』(岩波文庫、2009年)、『オーウェル評論集』(編、共訳、平凡社ライブラリー)などがある。

「2022年 『オーウェル『一九八四年』』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川端康雄のおすすめランキングのアイテム一覧

川端康雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『動物農場: おとぎばなし (岩波文庫 赤 262-4)』や『ジョージ・オーウェル――「人間らしさ」への讃歌 (岩波新書 新赤版 1837)』や『ユートピアだより (岩波文庫)』など川端康雄の全47作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

動物農場: おとぎばなし (岩波文庫 赤 262-4)

1086
4.09

感想・レビュー

登場人物を動物にしてロシア革命以後のソヴィエトの体制を批判した本書は、1945年8月出版されたが、そこに至るまでに数々の障害があり難航を極めたらしい 『... もっと読む

ジョージ・オーウェル――「人間らしさ」への讃歌 (岩波新書 新赤版 1837)

270
4.03
川端康雄 2020年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジョージ・オーウェルの生涯を追跡することで、その思想や行動を浮き彫りにした一冊。オーウェルを主題にした新書はこれが最初だろうか。『動物農場』、『1984年... もっと読む

ユートピアだより (岩波文庫)

180
3.80

感想・レビュー

装丁が新しくなっただけかと思ったら、新訳だったんですね。とても読みやすかったです。個人的にモリスというと、作家というよりテキスタイルデザインのイメージのほ... もっと読む

オーウェルの薔薇

161
4.10

感想・レビュー

柴田元幸[バナナ日和 vol. 7]オーウェルの花と鼻 – SWITCH ONLINE https://www.switch-pub.co.jp/a-pe... もっと読む

理想の書物 (ちくま学芸文庫 モ 9-1)

125
3.80

感想・レビュー

作るものの喜びとなるべき仕事はその人の持てる力のすべてを、手と心と頭を、必要とするはずである。そのようにして初めて労働は価値あるものとなり、そのようなやり... もっと読む

ウォーターハウス夢幻絵画館 (ToBi selection)

116
4.04
川端康雄 2014年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美しい。ああ、たまらなく、美しい。わたしの価値観の真ん中にある「美しさ」。その美しさの中心にあり、理想像の集合体ともいえる、ウォーターハウスの描く耽美な女... もっと読む

暗い世界

101
3.22
河野真太郎 2020年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまり馴染みのないウェールズ地方。 冒頭、彼の地の歴史的背景がまとめられているのがいい。 描かれているのは、そこで暮らす人々の悲喜こもごも。 こうい... もっと読む

オーウェル『一九八四年』 :ディストピアを生き抜くために (世界を読み解く一冊の本)

82
4.00
川端康雄 2022年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【学内から閲覧はこちらから↓】 https://library.morioka-u.ac.jp/opac/volume/294064 【学外からのアクセ... もっと読む

ゴシックの本質

77
3.80
ジョン・ラスキン 2011年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> “芸術とは人が労働のなかで得る喜びの表現である”。手仕事における喜びの表現こそが本物の芸術であると説くラスキンにとって、ゴシック様式... もっと読む

もっと知りたいバーン=ジョーンズ 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

74
4.17
川端康雄 2012年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アート・ビギナーズ・コレクションということだったが、収録されている絵、歴史背景、関連する文学/歴史などかなりの情報量が包括的にまとめられていて非常にわかり... もっと読む

小さな芸術 (社会・芸術論集)

70
3.00

感想・レビュー

https://cool.obirin.ac.jp/opac/volume/921713 もっと読む

ウィリアム・モリスの遺したもの――デザイン・社会主義・手しごと・文学

60
4.00
川端康雄 2016年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とっても気になる 去年から→『ウィリアム・モリスの遺したもの デザイン・社会主義・手しごと・文学』川端康雄(岩波書店)一見別々な活動に通底する思想と仕事の... もっと読む

社会主義

60
3.17

感想・レビュー

んーー・・イエズス会とプロテスタンティズムの関係は読めないし、結局「どっちもダメ」なのかもな・・ もっと読む

世界のはての泉 上巻 (ウィリアム・モリス・コレクション)

51
3.93

感想・レビュー

宮教大OPAC https://www.lib.miyakyo-u.ac.jp/opac/volume/222129 もっと読む

文化と社会を読む 批評キーワード辞典

46
5.00
大貫隆史 2013年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=amode=11&bibid=TB10064... もっと読む

増補 オーウェルのマザー・グース: 歌の力,語りの力 (岩波現代文庫 文芸 332)

45
3.00
川端康雄 2021年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジョージ・オーウェルの作品群のなかに、イギリスの伝承童謡や伝統文化、ユーモアの要素を丹念に読み解き、ディストピアに埋め込まれた希望のかけらを救い出す。関連... もっと読む

世界のはての泉 下 (ウィリアム・モリス・コレクション)

37
3.92

感想・レビュー

泉のありか、ファンタジーらしくていいです。先生、一緒に探しに行きましょう!(爆) もっと読む

新書524ジョージ・ベストがいた (平凡社新書 524)

33
3.58
川端康雄 2010年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 マンチェスター・ユナイテッドの英雄、第5のビートルズ、ベッカムの大先輩。題名からして楽しい本である。ベストがいかに魅力あるプレーで若い女性を含む多くの人... もっと読む
全47アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×