川越宗一のおすすめランキング

プロフィール

作家

「2020年 『足利の血脈 書き下ろし歴史アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川越宗一のおすすめランキングのアイテム一覧

川越宗一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『熱源』や『【第162回 直木賞受賞作】熱源 (文春e-book)』や『天地に燦たり』など川越宗一の全20作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

熱源

4454
3.94
川越宗一 2019年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第162回直木賞受賞作。 八か月間図書館で予約待ちでした。 私は、同じ日本でありながらアイヌのことは全く知らなかったので勉強になりました。 北海... もっと読む

【第162回 直木賞受賞作】熱源 (文春e-book)

334
3.92
川越宗一 電子書籍 2019年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国家や民族というものが ものすごい勢いで形を変え 人一人の生き方が 吹けば飛ぶようなもので あったように思われるこの時代に 二人の「生きる熱源」に... もっと読む

天地に燦たり

226
3.71
川越宗一 2018年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本著者の二作目『熱源』が非常に面白かったので、一作目となる本書を読んだ。 島津家・朝鮮・琉球の三者が「礼」と「戦」で運命的かつ残酷に繋がるストーリー。三者... もっと読む

天地に燦たり (文春文庫)

187
3.77
川越宗一 2020年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秀吉の唐入りが物語の舞台となる。 主人公は島津の武将【樺山久高】、靴作りの仕事に着く朝鮮国被差別階級の青年【明鐘】、琉球国の密偵【真市】 この三人の話... もっと読む

海神の子

185
3.73
川越宗一 2021年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海賊〈鄭家〉の棟梁となった、松。 母と離れ、日本で育った、福松と次郎左衛門。 母と息子ふたり、2代を描く。 陸では居場所のないものたちが、海... もっと読む

異人と同人

86
3.62
浅生鴨 2019年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浅生鴨さん発行の同人誌。いろいろな書き手さんがいておもしろい。文章の雰囲気もいろいろで楽しかった。 もっと読む

足利の血脈 書き下ろし歴史アンソロジー

53
3.47
秋山香乃 2020年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

足利尊氏とかが出てくるのかと思ったら、「足利の血脈」という、室町幕府全盛期のその後から江戸時代に至るまで、足利の血脈がどう受け継がれていったのかが描かれて... もっと読む

時代小説 ザ・ベスト2020 (集英社文庫)

27
3.22
日本文藝家協会 2020年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史小説アンソロジー 自分は殆ど知らなかった史上の人物が多く、とても興味深く拝読しました 森蘭丸の兄、森長可(ながよし)の破天荒っぷり凄まじい『脱兎』... もっと読む

天地に燦たり (文春文庫)

12
3.75
川越宗一 電子書籍 2020年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2021/285)武を誇る薩摩島津家臣の久高、守礼乃邦を掲げる琉球王国の密偵・真市、朝鮮国の最下層身分である白丁に生まれた明鍾の三人の視点で綴られる歴史... もっと読む

海神の子 (文春e-book)

8
4.00
川越宗一 電子書籍 2021年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2022/19)前半は松の性格が反映されてか、淡白に感じられる展開。後半に入って福松(鄭成功)が物語を引っ張り始めてから怒涛の展開となって一気に読まされ... もっと読む

熱源

3
川越宗一 電子書籍 2019年8月27日 hontoで見る honto
全20アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×