帚木蓬生のおすすめランキング

プロフィール

1947年、福岡県小郡市生まれ。東京大学文学部仏文科卒業後、TBSに勤務。退職後、九州大学医学部に学び、精神科医に。’93年に『三たびの海峡』(新潮社)で第14回吉川英治文学新人賞、’95年『閉鎖病棟』(新潮社)で第8回山本周五郎賞、’97年『逃亡』(新潮社)で第10回柴田錬三郎賞、’10年『水神』(新潮社)で第29回新田次郎文学賞、’11年『ソルハ』(あかね書房)で第60回小学館児童出版文化賞、12年『蠅の帝国』『蛍の航跡』(ともに新潮社)で第1回日本医療小説大賞、13年『日御子』(講談社)で第2回歴史時代作家クラブ賞作品賞、2018年『守教』(新潮社)で第52回吉川英治文学賞および第24回中山義秀文学賞を受賞。近著に『天に星 地に花』(集英社)、『悲素』(新潮社)、『受難』(KADOKAWA)など。

「2020年 『襲来 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

帚木蓬生のおすすめランキングのアイテム一覧

帚木蓬生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『閉鎖病棟 (新潮文庫)』や『臓器農場 (新潮文庫)』や『エンブリオ 1 (集英社文庫)』など帚木蓬生の全271作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

閉鎖病棟 (新潮文庫)

4301
3.56
帚木蓬生 1997年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の人間性を伺い知れるような作品。 人間の枠付けへの拒否、どんな人へも注がれる慈しみの眼差し、そして希望。 「閉鎖病棟」というタイトルは、社会がまだま... もっと読む

臓器農場 (新潮文庫)

832
3.64
帚木蓬生 1996年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ぼくらはそれでも肉を食う」の後に読んだので、テーマに重複する部分があり、興味深かった。現役の医師による、医療小説である。 タイトルからも想像できるように... もっと読む

エンブリオ 1 (集英社文庫)

640
3.44
帚木蓬生 2005年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 患者からの信頼の厚く国際的にも評価の高い産婦人科医の岸川。彼は人為的に流産させた胎児の臓器移植や男性の妊娠実験などを成功させ国際学会でも発表するのだが…... もっと読む

インターセックス (集英社文庫)

602
3.85
帚木蓬生 2011年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今帚木蓬生にはまっている。確実におもしろい。 さすが精神科医である。 精神を病む人を描く点では「閉鎖病棟」などと共通しているが、 この作品は染色体異... もっと読む

三たびの海峡 (新潮文庫)

574
4.00
帚木蓬生 1995年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何故、今、帚木蓬生の本書『三たびの海峡 』を手に取ったのか?くっきりとした理由はないが、結びつく理由はいくつかある。迷ったが一番の理由は帚木が好きな作家だ... もっと読む

安楽病棟 (新潮文庫)

559
3.52
帚木蓬生 2001年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 痴呆病棟を舞台にした終末期医療について考えさせられる作品。  全てが日記・手紙調で書かれており、病棟での歳月を追っているため、文章はかなり長めになってい... もっと読む

エンブリオ 2 (集英社文庫)

547
3.40
帚木蓬生 2005年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 国際学会から帰国後、海外からの患者を受けいれることになった岸川。同じころ、研究の情報が外部に漏れている可能性が浮かび上がり岸川は調査を始める。  ... もっと読む

ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 (朝日選書)

526
3.71
帚木蓬生 2017年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世の中には解決できない、しようがない出来事が満ち溢れている。 しかし、人間は理解したり、早急な対処を求めたりする生き物です。 そのため、学校でも、いち早く... もっと読む

インターセックス

483
3.71
帚木蓬生 2008年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 知識が圧巻で、それに伴う医療の人倫への考えや病院を舞台にしたドラマ(白い巨塔のようなものではなくて、もっと淡々としているのだが)を堪能した... もっと読む

アフリカの蹄 (講談社文庫)

460
3.83
帚木蓬生 1997年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新年一冊目は、チョット真面目なお話。ずっと気になっていた帚木蓬生さん。心臓移植を学ぶ為にアフリカに留学した若い日本人医師。そこで黒人差別の酷さを目の当たり... もっと読む

ヒトラーの防具(上) (新潮文庫)

434
3.77
帚木蓬生 1999年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作品中にも出る「正義は弱者にある」そういう視点から書かれた小説です。 相変わらず帚木さんらしい抑えたれた丁寧な文体で、ナチスによる迫害や戦争の悲惨さが... もっと読む

国銅(上) (新潮文庫)

377
4.10
帚木蓬生 2006年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私は先に「水神」の方を読んでしまったが、この「国銅」があって「水神」がある、そんなことが自ずと頓悟された。 非常によくできた二昔前ぐらいの連続テレビ... もっと読む

千日紅の恋人 (新潮文庫)

371
3.50
帚木蓬生 2008年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近年稀に読む純愛!あー、こういう運命の人って、いるのかなあ。良かったぁ。 もっと読む

風花病棟 (新潮文庫)

365
3.75
帚木蓬生 2011年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

性別、診療科、状況のそれぞれ違う10人の医師の視点から描かれる短編集。淡々とした筆致の中に、著者の主張・テーマが差し入れられた内容は、素直に共感できる。「... もっと読む

ヒトラーの防具(下) (新潮文庫)

357
3.84
帚木蓬生 1999年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争が生み出す側面の描写が細かく表現されている重厚な大作。 もっと読む

逃亡(上) (新潮文庫)

348
4.02
帚木蓬生 2000年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了。「狂気と考えたいが、正気ですよ。全員が狂気になるとは思えません。正気で人間はどんなことでもやらかすんです」引き込まれ感ハンパない! もっと読む

白い夏の墓標 (新潮文庫)

335
3.59
帚木蓬生 1983年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016/10/03 - 2016/10/09 パリで開かれた肝炎ウィルス国際会議に出席した佐伯教授は、アメリカ陸軍微生物研究所のベルナールと名乗る見知... もっと読む

水神(上) (新潮文庫)

334
4.15
帚木蓬生 2012年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読です。 ややドロドロした本が続いたので、真っ直ぐな物語が読みたくなって。 江戸時代、両側を川に挟まれながら台地ゆえに水が回らず、困窮する村々。そこ... もっと読む

聖灰の暗号〈上〉 (新潮文庫)

307
3.96
帚木蓬生 2009年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

予備情報ゼロだったのもあって前半はやや退屈なスタートだったけど、後半から引き込まれ始めた。下巻に期待高まる。 もっと読む

アフリカの瞳 (講談社文庫)

303
3.93
帚木蓬生 2007年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『アフリカの蹄』の姉妹編。 白人極右組織による黒人抹殺の陰謀を書いている『アフリカの蹄』の後、南アフリカは黒人政権の国となったのだが、貧困は変わらず、そ... もっと読む
全271アイテム中 1 - 20件を表示

帚木蓬生に関連する談話室の質問

ツイートする
×