常見陽平の新刊情報

プロフィール

千葉商科大学国際教養学部専任講師、働き方評論家。1974年生まれ、北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。リクルート、バンダイ、クオリティ・オブ・ライフ、フリーランス活動を経て2015年4月より現職。専攻は労働社会学。働き方をテーマに執筆、講演活動に没頭中。『僕たちはガンダムのジムである』(日経ビジネス人文庫)、『「就活」と日本社会』(NHKブックス)、『「意識高い系」という病』(ベスト新書)、『なぜ、残業はなくならないのか』(祥伝社新書)、『「働き方改革」の不都合な真実』(おおたとしまさとの共著、イースト・プレス)など著書多数。

「2018年 『社畜上等! 会社で楽しく生きるには』 で使われていた紹介文から引用しています。」

常見陽平の新刊情報のアイテム一覧

常見陽平の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2018年4月25日発売『POSSE vol.38』や2018年1月31日発売『POSSE vol.37』や2018年1月25日発売『社畜上等!: 会社で楽しく生きるには』など常見陽平の全95作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

POSSE vol.37

4
4.00
NPO法人POSSE編集部 2018年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 反貧困運動を振り返る記事がいくつか載っており、特にもやい・稲葉剛のインタビューと、posse事務局長・渡辺寛人の論考が興味深い。前者のインタビューをして... もっと読む

社畜上等!: 会社で楽しく生きるには

34
3.83
常見陽平 2018年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・会社の魅力は「やらされること」である。 ・仕事に「プロの迫力」を。 もっと読む

「働き方改革」の不都合な真実

28
3.29
おおたとしまさ 2017年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

意外にまともなこと書いているんだなぁと思う反面、やっぱりこの筆者ならこういうことしか書かないだろうなぁと予想の範疇でもあった作品。 働き方改革がきわめて... もっと読む

なぜ、残業はなくならないのか(祥伝社新書)

171
3.47
常見陽平 2017年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 うちの会社のワーク・ライフ・バランスの取り組みで、Outlookの予定表に、次週の出勤時間と退勤時間を入力するという取り組みがあった。  結果、毎週定... もっと読む

僕たちはガンダムのジムである (日経ビジネス人文庫)

82
3.35
常見陽平 2015年12月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いい事書いてるけど、ちょっとクドイ もっと読む

エヴァンゲリオン化する社会 日経プレミアシリーズ

79
3.18
常見陽平 2015年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の会社の労働環境とか人事組織をエヴァンゲリオンを通して説明する感じの本。 色々と勉強になることは多かったが、エヴァンゲリオンに関する色々な解釈が俺と違... もっと読む

「就活」と日本社会 平等幻想を超えて

常見陽平 電子書籍 2015年7月10日 ブックパスで見る ブックパス ¥ 980
不透明化する採用基準と偽装化された平等性<br><br>大学間の格差拡大、「就活うつ」、新卒無業者・・・・・・毎年、様々... もっと読む
全95アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする