平山夢明のおすすめランキング

プロフィール

ホラー小説家。恐怖、狂気、畏怖といったあらゆる「異常」をソリッドに描く。『超怖い話』シリーズ、日本推理作家協会賞短編部門受賞作『独白するユニバーサル横メルカトル』(光文社)、第13回大藪春彦賞受賞作『ダイナー』(ポプラ社)ほか著書多数。ラジオ、TVパーソナリティ、映画監督としても活躍している。

「2019年 『東京伝説(2)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平山夢明のおすすめランキングのアイテム一覧

平山夢明のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ダイナー (ポプラ文庫)』や『独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)』や『独白するユニバーサル横メルカトル』など平山夢明の全190作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ダイナー (ポプラ文庫)

2481
3.86
平山夢明 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大型書店で「カリ・モーラ」と一緒に買った。玉城ティナの物憂げというか空虚な表情のウェイトレス姿のカバーに思わず手が伸びてしまった。 「カリ・モーラ」とは図... もっと読む

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)

1549
3.46
平山夢明 2009年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホラーというか、鬼畜系小説。 この作者の余すところない言葉の美学が、 はてしない鬼畜描写によって、孤高の輝きを持つことになった短編作品集。 ... もっと読む

独白するユニバーサル横メルカトル

1133
3.30
平山夢明 2006年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とりあえずタイトルが秀逸。気になって読んでみたら、ユニバーサル横メルカトルが独白してる話だった(笑) もっと読む

ダイナー

881
3.93
平山夢明 2009年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

帯に書かれている本谷有希子さんの「平山さんの、人として間違ってるところが好きです。」というコメント素敵すぎです。本当に間違ってます。 出来心で奇妙なバイ... もっと読む

異常快楽殺人 (角川ホラー文庫)

857
3.72
平山夢明 1999年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たしかに、死体損壊とか、食人とか平気でする犯人たちは異常だし、こういう本で読んでも気味が悪いですね。 でも、読み終わってみれば、こういう見てわかる異常はか... もっと読む

他人事 (集英社文庫)

837
3.36
平山夢明 2010年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんと・・・文庫版はあの冨樫義博先生の解説付き。図書館にあったのはハードカバー版、ラズベリーで口の周りを真っ赤に染めた少女の姿が血染めを連想させて恐ろしい... もっと読む

([ん]1-6)3時のおやつ (ポプラ文庫)

695
3.45
壁井ユカコ 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それにしても『三時のおやつ』とは なんと甘美な響きなんだろう。 生まれた時からコンビニがある今の若い人にはピンとこないだろうけど、 僕が子供だっ... もっと読む

メルキオールの惨劇 (ハルキ・ホラー文庫)

406
3.56
平山夢明 2000年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平山夢明の傑作ホラー長編小説。 人の不幸に纏わる証拠品を収集展示している博物館がある。主人公の“俺”は、そこの館長の依頼を受けて、展示するべき品々を高額で... もっと読む

或るろくでなしの死

394
3.69
平山夢明 2011年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 7編を収めた短編集である。各編のタイトルは「或るからっぽの死」「或るごくつぶしの死」「或る嫌われ者の死」「或るはぐれ者の死」などとスタイルが統一され、さ... もっと読む

デブを捨てに

379
3.60
平山夢明 2015年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 タイトルといい、カバーデザインといい、一目で強烈な印象を残す最新短篇集。洋書のペーパーバックを模した製本もカッコイイ。  収録作品は、広い意味では... もっと読む

ミサイルマン (光文社文庫)

378
3.63
平山夢明 2010年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『人を喰うモノたちの物語』 個人的にはこの本には、面白いけれど、良くも悪くもあっさりとしていて、食い足りない、あと一押し欲しかった本という感想を持ちまし... もっと読む

「狂い」の構造 (扶桑社新書)

352
3.50
春日武彦 2007年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サイコパス解剖学を読む前に過去の本を読んでおこうと思って手に取った。対談ならではの疾走感、なるほど納得の不謹慎。犯罪心理学興味が深まるのと同時に生育歴の影... もっと読む

他人事

318
3.37
平山夢明 2007年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グロくて後味の悪い系が好きな場合おススメ。 短編なので気軽に読める。 面白かったのをピックしてあげようと思ったらほとんどが面白かった。 もっと読む

ミサイルマン―平山夢明短編集

298
3.47
平山夢明 2007年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミサイルマン―平山夢明短編集 もっと読む

ヤギより上、猿より下

286
3.40
平山夢明 2016年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「これが読みたかった」 1つ目の収録作品である『パンちゃんとサンダル』を読み終えたときに感じたことである。胸糞悪さと絶望感が押し寄せてくるのと同時にやっ... もっと読む

いま、殺(や)りにゆきます―RE‐DUX (光文社文庫)

206
3.10
平山夢明 2010年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新作3篇もさることながら、あとがきが面白かった。 もっと読む

或るろくでなしの死 (角川ホラー文庫)

198
3.59
平山夢明 2014年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。 『嫌われ者』『ごくつぶし』『愛情』『ろくでなし』『英雄』は面白かったが『はぐれ者』『からっぽ』はあまり好きじゃないかな。とはいえ7本のうち5本も... もっと読む

無力感は狂いの始まり 「狂い」の構造2 (扶桑社新書)

194
3.48
春日武彦 2010年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

対談本3冊目。著者2人の性格というか、流れのようなものがだんだん見えてきて対談本の醍醐味だと思う。相変わらず非常に不謹慎で、例えば居酒屋とかでこういう会話... もっと読む

恐怖の構造 (幻冬舎新書)

194
3.56
平山夢明 2018年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホラー小説に対して抱いていた疑問や違和感のようなものの正体が、はっきりと理解できました。思い返してみると、怖くないなと思った作品は確かにその通りでしたし、... もっと読む

みんなの少年探偵団2

187
3.37
有栖川有栖 2016年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸川乱歩の怪人二十面相シリーズをオマージュしたアンソロジーだ。 バラエティに富んだ豪華な執筆陣が連なっていて、元ネタのシリーズに詳しくなくても十分楽しめ... もっと読む
全190アイテム中 1 - 20件を表示

平山夢明に関連する談話室の質問

ツイートする