幸田文のおすすめランキング

プロフィール

1904年東京向島生まれ。文豪幸田露伴の次女。女子学院卒。’28年結婚。10年間の結婚生活の後、娘玉を連れて離婚、幸田家に戻る。’47年父との思い出の記「雑記」「終焉」「葬送の記」を執筆。’56年『黒い裾』で読売文学賞、’57年『流れる』で日本藝術院賞、新潮社文学賞を受賞。他の作品に『おとうと』『闘』(女流文学賞)、没後刊行された『崩れ』『木』『台所のおと』(本書)『きもの』『季節のかたみ』等多数。1990年、86歳で逝去。


「2021年 『台所のおと 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幸田文のおすすめランキングのアイテム一覧

幸田文のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『流れる (新潮文庫)』や『きもの (新潮文庫)』や『台所のおと (講談社文庫)』など幸田文の全195作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

流れる (新潮文庫)

1087
3.74
幸田文 1957年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芸者の置屋に女中に出た人の話。 ところどころにでてくる、女のこけかた?や起き方が男に見せる美しさっていうのが、女子会みたいですごくおもしろい。 主人の... もっと読む

きもの (新潮文庫)

1047
3.94
幸田文 1996年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一度目は高校2年の時。その時はただ読んだだけに終わり、内容もそんなに残らずに終わった。 二度目は23の歳。全く違った。全て自分にはない体験ではあるのだけ... もっと読む

台所のおと (講談社文庫)

1032
3.86
幸田文 1995年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しい漢字や言葉使いで読みづらいと思ったけど、面白かったです。幸田文さんの生きた時代の女の生き方、在り方がリアルに伝わってきます。短編集です。 私が好き... もっと読む

おとうと (新潮文庫)

1025
3.64
幸田文 1991年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 これは、幸田文さんご自身とご家族のことを小説化したと思われる。  生母が早く亡くなり、文豪の父親(幸田露伴がモデル)と継母とげん(文さんがモデル)と弟の... もっと読む

アンソロジー おやつ

831
3.39
阿川佐和子 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おやつの記憶って幸せ感を伴っているものが多い、ような気がする。 このおやつについてのアンソロジーも文章の向こうに嬉しい顔が見えそうなものが多く、読んでい... もっと読む

アンソロジー お弁当。

710
3.49
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

父・こんなこと (新潮文庫)

694
3.64
幸田文 1955年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 幸田文さんの父、幸田露伴氏は戦中の大空襲以来、寝たきりになってしまわれた。寝たきりでもそれ以前の規則正しい生活は変わらず、毎朝同じ時間に目覚められて、す... もっと読む

木 (新潮文庫)

476
3.79
幸田文 1995年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北海道のえぞ松や屋久島の杉など、著者が日本の各地を訪ねながら、自然のなかで根を張り枝を伸ばしていく木の生命力に触れた感動をつづったエッセイです。 イ... もっと読む

つやつや、ごはん (おいしい文藝)

401
3.11
出久根達郎 2014年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人は同情する事が大好きだから 嘘を言って騙せば 簡単に<むすび>がもらえる。 嘘の話に うんうんと頷き 「さぞや大変だったろう。」 「これ... もっと読む

幸田文しつけ帖

381
3.82
幸田文 2009年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「おばあさん」露伴ほどの頭脳をしても、その母お猷様には敵わずやり込められる微笑ましい情景が浮かび何故か安堵する。お見合いで断られた時の話も成る程露伴らしい... もっと読む

幸田文 台所帖

361
3.96
幸田文 2009年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食べ物を娘自分から扱ってきただけあり、絶妙な表現で表す。料理をしている音が聞こえてくるようである。 心がけを父幸田露伴から学んでいるからか、きちっとした芯... もっと読む

雀の手帖 (新潮文庫)

332
3.49
幸田文 1997年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幸田露伴を父に持つ著者が、昭和34年に身の回りの出来事や日常のあれこれを綴った随筆集(10年ぶりの再読)。 その時代ゆえ、「美智子様へ」という現上皇后の... もっと読む

季節のかたみ (講談社文庫)

301
3.83
幸田文 1996年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心が荒んでいるのか心に沁みる事なく終わる。 情感の持てる人間になりたい。 もっと読む

崩れ (講談社文庫)

290
3.49
幸田文 1994年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み時が来たと言おうか、読むべくして読んだ。 幸田文さんの独特の言い回しの文章が好きで、文学作品のほとんどを読んでいるのだが未読だったので。(あとが... もっと読む

猫なんて!

273
3.22
角田光代 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

我が家に猫がやってくる 角田光代 庭にあらわれた猫 片岡義男 猫に名前をつけるのは 村上春樹 猫のいる風景 堀江敏幸 夜中の猫 吉本ばなな 猫だつて夢を見... もっと読む

みそっかす (岩波文庫 緑 104-1)

264
3.80
幸田文 1983年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 幸田文さん、なくなって、ずいぶん経ちます。忘れられるのが惜しい方ですが、お嬢さんの青木玉さんもですが、今やお孫さんの青木奈緒さんも文筆家ということで、露... もっと読む

幸田文 きもの帖

263
3.85
幸田文 2009年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

普段着物好きとして大変勉強になった本。ちょうど欲しいと考えていた柄や生地の話が多く載っていたり、季節の変わり目の悩みの話が載っていたりするのは幸田文さんを... もっと読む

犬 (中公文庫)

196
3.65
幸田文 2009年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

犬に関わるアンソロジー。 伊藤整、川端康成、幸田文、志賀直哉、林芙美子ら錚々たる面々の、犬をめぐる随想や小説。 昔の犬が、ほぼ放し飼いにされており、残飯... もっと読む

(005)音 (百年文庫)

178
3.92
幸田文 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幸田文「台所のおと」 川口松太郎「深川の鈴」 高浜虚子「斑鳩物語」 どれも音にまつわる、美しく哀しい作品。 静かにひっそりと、丁寧で美しい音を立てること... もっと読む

番茶菓子 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

172
3.84
幸田文 1993年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四季折々の暮らしのなかで著者が感じたことや心掛けていることをつづったエッセイ集です。 父露伴から日々の生活の知恵について厳しく教えられた著者のものの... もっと読む
全195アイテム中 1 - 20件を表示

幸田文に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×