幸田文のおすすめランキング

幸田文のおすすめランキングのアイテム一覧

幸田文のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『父―その死 (1949年)』や『<流れる>おぼえがき (1957年)』や『こんなこと (1951年) (創元文庫〈A 第11〉)』など幸田文の全127作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

幸田文全集〈第5巻〉 (1959年)

1
4.00
幸田文 1959年 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

p140 災害に襲われた地域に、多緒子の娘、緋緒子が手伝いに行く。 これは、そのまま文さんと玉さんなのだろうか。 面倒なので新字で。 ――終戦... もっと読む

幸田文全集〈第1巻〉 (1958年)

1
5.00
幸田文 1958年 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幸田文は文豪幸田露伴の娘である。 あとがきに父の終わりの記録というものを子の立場ではなく露伴を研究する誰かのために書き記したのが幸田文の文筆業のはじまり... もっと読む
全127アイテム中 101 - 120件を表示

幸田文に関連する談話室の質問

ツイートする