広津和郎のおすすめランキング

広津和郎のおすすめランキングのアイテム一覧

広津和郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『教科書に載った小説』や『新編 同時代の作家たち (岩波文庫)』や『神経病時代/若き日 (岩波文庫 緑 69-1)』など広津和郎の全148作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

教科書に載った小説

341
3.62
三浦哲郎 2008年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

佐藤雅彦さんの編集された、文字通り「教科書に載っていた小説」が12篇載っている本。 佐藤さんの名は「ピタゴラスイッチ」以来ファンとなって様々な著書を読ん... もっと読む

新編 同時代の作家たち (岩波文庫)

63
3.87
広津和郎 1992年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説家であり評論家でもある著者が、交流のあったさまざまな作家たちの横顔を記した作品です。 本書に登場する作家たちは、芥川龍之介、宇野浩二、近松秋江、... もっと読む

神経病時代/若き日 (岩波文庫 緑 69-1)

34
3.80
広津和郎 1951年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怠惰な日々が狂おしいほどに魅力的 もっと読む

年月のあしおと〈上〉 (講談社文芸文庫)

14
3.50

感想・レビュー

上巻は広津和郎さんの少年時代から本郷西片町の宇野浩二宅に転がり込むところまで。それまでは麹町辺りで広津柳浪さんは転居を繰り返されている。馬込はまだ登場しな... もっと読む

続 年月のあしおと〈上〉 (講談社文芸文庫)

9
3.00

感想・レビュー

読んだのは講談社版名著シリーズ、昭和44年刊の方、『年月のあしおと』とあわせて再読、馬込図書館で借りた。真珠湾攻撃前に広津和郎が間宮茂輔に誘われて満州に開... もっと読む

女の一生 (1953年) (角川文庫〈第526〉)

5
4.00

感想・レビュー

(1966.03.31読了)(1966.03.31購入) 内容紹介 修道院で教育を受けた清純な貴族の娘ジャンヌは、幸福と希望に胸を踊らせて結婚生活に入... もっと読む

散文精神について

4
4.00
広津和郎 2018年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文アルより。著者の本は初めて読んだ。というより、読んだことのある人の方が少ないだろう。 冒頭の「徳田秋声論」を除いて、他はどれも断章的で、論考というには... もっと読む
全148アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×