広津和郎の文庫本一覧

広津和郎の文庫本一覧のアイテム一覧

広津和郎の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『新編 同時代の作家たち (岩波文庫)』や『神経病時代/若き日 (岩波文庫 緑 69-1)』や『年月のあしおと〈上〉 (講談社文芸文庫)』など広津和郎の全30作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

新編 同時代の作家たち (岩波文庫)

45
3.82
広津和郎 1992年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

広津和郎が接した同時代の作家とのエピソードをを小説風に描いた作品。最初が芥川龍之介の自殺とその前後で著者と芥川が共に接していた宇野浩二発狂の話が紹介される... もっと読む

神経病時代/若き日 (岩波文庫 緑 69-1)

23
3.67
広津和郎 1951年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"---------- 帝塚山大学図書館OPAC http://opac.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/sear... もっと読む

年月のあしおと〈上〉 (講談社文芸文庫)

13
3.50
広津和郎 1998年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻は広津和郎さんの少年時代から本郷西片町の宇野浩二宅に転がり込むところまで。それまでは麹町辺りで広津柳浪さんは転居を繰り返されている。馬込はまだ登場しな... もっと読む

続 年月のあしおと〈上〉 (講談社文芸文庫)

6
3.00
広津和郎 1999年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだのは講談社版名著シリーズ、昭和44年刊の方、『年月のあしおと』とあわせて再読、馬込図書館で借りた。真珠湾攻撃前に広津和郎が間宮茂輔に誘われて満州に開... もっと読む
全30アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする