広津和郎の新刊情報

広津和郎の新刊情報のアイテム一覧

広津和郎の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2016年5月2日発売『牙が閃く時 (冒険の森へ 傑作小説大全7)』や2008年4月24日発売『教科書に載った小説』や2007年6月1日発売『名文で巡る国宝の観世音菩薩 (seisouおとなの図書館)』など広津和郎の全138作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

教科書に載った小説

307
3.62
三浦哲郎 2008年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幼い頃からの本好きで、 これまでたくさんの本を読んできたが、 この本の読後、ふと、 (大人になるにつれて・・・読み方がいやらしくなってきたかなぁ... もっと読む

続 年月のあしおと〈上〉 (講談社文芸文庫)

6
3.00
広津和郎 1999年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだのは講談社版名著シリーズ、昭和44年刊の方、『年月のあしおと』とあわせて再読、馬込図書館で借りた。真珠湾攻撃前に広津和郎が間宮茂輔に誘われて満州に開... もっと読む

年月のあしおと〈上〉 (講談社文芸文庫)

13
3.50
広津和郎 1998年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻は広津和郎さんの少年時代から本郷西片町の宇野浩二宅に転がり込むところまで。それまでは麹町辺りで広津柳浪さんは転居を繰り返されている。馬込はまだ登場しな... もっと読む

新編 同時代の作家たち (岩波文庫)

45
3.82
広津和郎 1992年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

広津和郎が接した同時代の作家とのエピソードをを小説風に描いた作品。最初が芥川龍之介の自殺とその前後で著者と芥川が共に接していた宇野浩二発狂の話が紹介される... もっと読む

昭和文学全集 第7巻: 梶井基次郎 牧野信一 中島敦 嘉村礒多 内田百聞 他6人 (昭和文学全集 7)

8
梶井基次郎 1989年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山月記(中島敦) 人が虎になってしまうところに驚きました。 「臆病な自尊心と尊大な羞恥心のためだ。」と語る主人公の気持ちが はかなくて心に残りました... もっと読む
全138アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする