廣松渉のおすすめランキング

廣松渉のおすすめランキングのアイテム一覧

廣松渉のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『今こそマルクスを読み返す (講談社現代新書)』や『ドイツ・イデオロギー 新編輯版 (岩波文庫)』や『哲学入門一歩前-モノからコトヘ (講談社現代新書)』など廣松渉の全101作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

今こそマルクスを読み返す (講談社現代新書)

432
3.56
廣松渉 1990年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

共産主義社会というと「共同社会(ゲマインシャフト)」のイメージで考え、原始キリスト教団の共産・共餐の共同体を理想化したようなベットリしたものを連想するが、... もっと読む

ドイツ・イデオロギー 新編輯版 (岩波文庫)

283
3.54
マルクス 2002年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

唯物史観完成の書、らしい。まあ、難しいことはわからないが、抽象的哲学的な観点から社会を理解することをやめ、実践的な、実際の活動に即した社会の理解をめざした... もっと読む

哲学入門一歩前-モノからコトヘ (講談社現代新書)

225
3.32
廣松渉 1988年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の哲学の入門書。『新哲学入門』(岩波新書)より幅広い話題を扱っており、「モノからコトへ」というサブタイトルが示すように、実体論的世界観に代わる関係論的... もっと読む

新哲学入門 (岩波新書)

194
3.11
廣松渉 1988年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めた頃は、無理して難しい言葉を使っているような感じがして読みにくかった。 中盤を過ぎると何となく慣れてくる。 ただ、章毎に書かれきていない感じが... もっと読む

「近代の超克」論 (講談社学術文庫)

152
3.59
廣松渉 1989年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 座談会「近代の超克」は、昭和17年、各界知識人による“協力会議”を標榜して開かれた。 “伝説的に有名”なこの会議は、不毛な体制讃美に終わ... もっと読む

世界の共同主観的存在構造 (講談社学術文庫)

107
3.72
廣松渉 1991年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 日本哲学界の巨人廣松渉、必殺のデビュー作である。  主観客観図式。他我問題というアポリアをも生み出すこのパラダイムにこそ、現代における科学および哲学の閉... もっと読む

廣松渉哲学論集 (平凡社ライブラリー)

60
4.25
廣松渉 2009年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 廣松渉は大森荘蔵と並んで戦後日本の二大哲学者。  本書は廣松哲学の入門用として熊野純彦が編んだ。廣松の主要論文が6篇載っている。彼はマルクス主義者だった... もっと読む

資本論の哲学 (平凡社ライブラリー)

50
4.00
廣松渉 2010年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学/認識論系の廣松渉の著作を数冊読んできて、ここでマルクス主義者としての彼の書物に挑戦してみた。 先に読んだアルチュセール『マルクスのために』なんかよ... もっと読む

物象化論の構図 (岩波現代文庫)

49
3.55
廣松渉 2001年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

廣松渉さんのマルクスもの。 マルクスの「唯物史観」を軸に解読と思考を繰り広げていく。 「関係性」を重視していくことには賛成だが、どうもその先の展開が賛... もっと読む

世界の共同主観的存在構造 (岩波文庫)

49
4.33
廣松渉 2017年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本書は廣松渉の主著の一つ。人間を「共同主観的存在」と見る立場から、認識論の乗り越えと再生を目指した廣松哲学。1972年に書かれた。彼は戦後日本を代表する... もっと読む

事的世界観への前哨―物象化論の認識論的=存在論的位相 (ちくま学芸文庫)

34
3.70

感想・レビュー

第1部 近代哲学の世界了解と陥穽(カントと先験的認識論の遺構;マッハの現相主義と意味形象;フッサールと意味的志向の本諦) 第2部 物的世界像の問題論的構制... もっと読む

哲学者廣松渉の告白的回想録

30
3.33
廣松渉 2006年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学者廣松渉の自伝です。革命論についての叙述が主題になっています。 なので、廣松の”哲学”を学びたい人には向かないでしょう。 もっと読む

身心問題 第3版

23
4.00
廣松渉 2008年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

だいぶ長いこと読んでいました。他にも途中からいろいろと 手をつけてたのでこんなことになるのですが。 タイトルどおり「身心問題」についてでした。 「身... もっと読む
全101アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×