廣瀬俊介のおすすめランキング

プロフィール

1967年市川市生まれ。ランドスケープアーキテクト。東北芸術工科大学建築・環境デザイン学科准教授。1989年、東京造形大学デザイン学科II類環境計画卒業、GK設計入社。2001年、風土形成事務所設立及びドイツ遊学。2003年より現職。

「2010年 『テキスト ランドスケープデザインの歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

廣瀬俊介のおすすめランキングのアイテム一覧

廣瀬俊介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『つくること、つくらないこと: 町を面白くする11人の会話』や『テキスト ランドスケープデザインの歴史』や『風景資本論』など廣瀬俊介の全3作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

つくること、つくらないこと: 町を面白くする11人の会話

383
3.83
太田浩史 2012年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この書籍を読んでて最も刺さった話。哲学者の鷲田清一さんの話。 「公園は上手にひとりきりになり匿名になれる場所。京都という場所は公園がない分、喫茶店やバーが... もっと読む

テキスト ランドスケープデザインの歴史

83
3.00
武田史朗(編著) 2010年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今から約160年前 に“ランドスケープアーキテクト”という職が生まれた。ランドスケープについて知っている人も、知らない人も、この本を読んでランドスケープア... もっと読む

風景資本論

34
4.67

感想・レビュー

 「人間が心身ともに健やかに生きるには、自然と社会の関係を調える努力が欠かせない」と語る著者は、ランドスケイプデザイナーという、聞き慣れない肩書の持ち主だ... もっと読む
全3アイテム中 1 - 3件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×