廣野由美子のおすすめランキング

プロフィール

1958年生まれ。1982年、京都大学文学部(独文学専攻)卒業。1991年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程(英文学専攻)単位取得退学。学術博士。英文学、イギリス小説専攻。1996年、第4回福原賞受賞。現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。著書に『批評理論入門─「フランケンシュタイン」解剖講義』(中公新書)、『ミステリーの人間学─英国古典探偵小説を読む』(岩波新書)、『一人称小説とは何か─異界の「私」の物語』、『視線は人を殺すか─小説論11講』(ともにミネルヴァ書房)、『十九世紀イギリス小説の技法』(英宝社)、『100分de名著 フランケンシュタイン』(NHKテレビテキスト)など、翻訳書に『ジョージ・エリオット』(ティム・ドリン著、彩流社)などがある。

「2015年 『謎解き「嵐が丘」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

廣野由美子のおすすめランキングのアイテム一覧

廣野由美子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『批評理論入門―『フランケンシュタイン』解剖講義 (中公新書)』や『ミステリーの人間学―英国古典探偵小説を読む (岩波新書)』や『視線は人を殺すか―小説論11講 (MINERVA歴史・文化ライブラリー)』など廣野由美子の全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

批評理論入門―『フランケンシュタイン』解剖講義 (中公新書)

651
3.74
廣野由美子 2005年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランケンシュタインを題材に、批評理論のいろんな事柄を解説してくれています。具体的に一つの小説を題材に技法や批評理論の説明をしてくれているので非常にわかり... もっと読む

視線は人を殺すか―小説論11講 (MINERVA歴史・文化ライブラリー)

54
3.69
廣野由美子 2008年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説における視線について。 たかが視線、されど視線。 視線とはなんと面白く、またなんと恐ろしいのか。 もっと読む

ジェイン・オースティン『高慢と偏見』 2017年7月 (100分 de 名著)

54
3.77
廣野由美子 2017年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ジェイン・オースティン『高慢と偏見』」廣野由美子著、NHK出版、2017.07.01 109p ¥566 C9497 (2017.09.30読了)(2... もっと読む

一人称小説とは何か−異界の「私」の物語 (MINERVA 歴史・文化ライブラリー)

33
4.00
廣野由美子 2011年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロシアン・フォルマリスムの理論に則って、様々な語り手を設定することで生じる異化作用について分かりやすく解説してある。おすすめ。 もっと読む

深読みジェイン・オースティン―恋愛心理を解剖する (NHKブックス No.1246)

26
3.40
廣野由美子 2017年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジェイン・オースティン作品の主人公の恋愛心理を解きほぐしてくれる。人間のものの見方の歪みに焦点を当てて、作品を深く分析している。それぞれの作品の女主人公、... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示
ツイートする