後藤康浩のおすすめランキング

プロフィール

亜細亜大学都市創造学部教授
1958年福岡県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、豪ボンド大学経営大学院修了(MBA取得)。1984年、 日本経済新聞社入社。社会部、アラビア語研修(カイロ)を経て国際部、バーレーン支局・欧州総局(ロンドン)駐在、東京本社産業部、中国総局(北京)駐在。その後東京本社で編集委員、論説委員、編集局アジア部長等を歴任。2016年、同社を退社し、現職に就任。

主著
『強い工場』(2003年)『勝つ工場』(2005年)『アジア力』(2010年)『資源・食糧・エネルギーが変える世界』(2011年)『ネクスト・アジア』(2014年)いずれも日本経済新聞出版社刊。

「2018年 『アジア都市の成長戦略』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤康浩のおすすめランキングのアイテム一覧

後藤康浩のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アジア力』や『強い工場―モノづくり日本の「現場力」 (日経ビジネス人文庫)』や『資源・食糧・エネルギーが変える世界』など後藤康浩の全13作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アジア力

68
3.50
後藤康浩 2010年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、ありがちな各国別の状況分析とは異なり、日本を含むアジア全体を一つの経済領域とみて、マクロ的な視野から分析したものである。よって、深い部分への洞察が... もっと読む

強い工場―モノづくり日本の「現場力」 (日経ビジネス人文庫)

44
3.59

感想・レビュー

2005年刊行。著者は当時日経新聞の編集委員。中国始め海外に生産拠点が出ていき日本のモノづくりが空洞化する脅威に瀕する中で、日本の強い工場の実例を紹介する... もっと読む

資源・食糧・エネルギーが変える世界

36
3.11
後藤康浩 2011年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巷では、「新興諸国の人口や経済が成長がするので、近い将来には、食糧や資源が足りなくなる」というのが定説のようになっていますが、実際はそうではない(マルサス... もっと読む

勝つ工場―モノづくりの新日本モデル

29
3.25
後藤康浩 2005年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メードバイジャパンではなく、メードインジャパンで勝つ為には…。5Mの内、人件費(M=Men)は製品のハイエンド化、または進化したセル生産方式で対応出来る。... もっと読む

ネクスト・アジア 成長フロンティアは常に動く

26
3.13
後藤康浩 2014年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東南アジア、南アジアのビジネスシーンを現地での取材を通して描き、これからはインドをはじめとした南アジア方面へビジネスの主軸が移動していくと説く。 日経の... もっと読む

アジア都市の成長戦略――「国の経済発展」の概念を変えるダイナミズム

11
4.00
後藤康浩 2018年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アジア諸都市をGRP(Gross Regional Product)や人口の動態、インフラの整備状況などから幅広く分析し、簡潔に整理されたデータで全体像を... もっと読む
全13アイテム中 1 - 13件を表示
ツイートする
×