御厨貴のおすすめランキング

プロフィール

御厨貴

1951年(昭和26)東京都生まれ。東京大学法学部卒業。東京都立大学教授、政策研究大学院大学教授、東京大学教授を経て、東大先端研客員教授(名誉教授)、放送大学客員教授。サントリー文化財団理事、サントリーホールディングス株式会社取締役。東日本大震災復興構想会議議長代理(2011年4月~12年2月)、復興庁復興推進委員会委員長代理(2012年2月~13年3月)、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」座長代理(2016年9月~17年4月)などを務める。著書に『明治国家形成と地方経営』(東京市政調査会藤田賞)、『政策の総合と権力』(サントリー学芸賞)、『東京』、『馬場恒吾の面目』(吉野作造賞)、『権力の館を歩く』『平成の政治』(共著)などがある。

「2020年 『天皇退位 何が論じられたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

御厨貴のおすすめランキングのアイテム一覧

御厨貴のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「昭和天皇実録」の謎を解く (文春新書)』や『知の格闘: 掟破りの政治学講義 (ちくま新書)』や『「質問力」の教科書』など御厨貴の全147作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

「昭和天皇実録」の謎を解く (文春新書)

301
3.98
半藤一利 2015年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が受けてきた教育は、かなりかたよっていたと実感した。張作霖爆殺事件にあたって、昭和天皇が田中義一首相をやめさせたとき、西園寺公望は、「憲法の精神に反し... もっと読む

「質問力」の教科書

172
2.79
御厨貴 2011年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さっと読んで普段の自分を振り返るには良い。 後藤田正晴さんを取材して書かれた「情と理」を合わせて読むと本書で書かれていたことがわかるのでは。 もっと読む

近現代日本を史料で読む―「大久保利通日記」から「富田メモ」まで (中公新書)

157
3.51
御厨貴 2011年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルは「近現代日本を」であるが、内容は「近現代日本政治を」といったところ。政治家、軍人、天皇側近の日記資料がおもに紹介されている。内容は各執筆担当者の... もっと読む

オーラル・ヒストリー―現代史のための口述記録 (中公新書)

118
3.44
御厨貴 2002年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本におけるオーラル・ヒストリー「公人の、専門家による、万人のための口述記録」の先陣を進む御厨先生が、オーラル・ヒストリーについて広く浅く平易にまとめてく... もっと読む

政治家の見極め方 (NHK出版新書)

84
3.40
御厨貴 2016年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉田茂は、ワンマン、秘密主義、貴族趣味というイメージでとらえられ、パージされ脳卒中で倒れた鳩山一郎をメディアは同情的な視線で映し出した。二人ともメディア対... もっと読む

NHK さかのぼり日本史(3) 昭和~明治 挫折した政党政治

83
3.56
御厨貴 2011年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[評価] ★★★☆☆ 星3つ [感想] 国民が政治に対する不信感を募らせる様子は現代の政治でも度々発生しているので、この巻で書かれている内容はよく理解で... もっと読む

政治の眼力 永田町「快人・怪物」列伝 (文春新書)

71
3.33
御厨貴 2015年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

次の指摘はなるほどと思いました。  小泉純一郎は、二世政治家臭がしないタイプ 次の点は勉強になりました。 「評伝」があくまでその全人物像を通して歴史の位... もっと読む

ニヒリズムの宰相小泉純一郎論 (PHP新書)

68
3.09

感想・レビュー

小泉純一郎を軽く見よう、軽く見たいというのが前提にあったのではないかという感じで何か軽い。また著者は「説得せず、調整せず、妥協せず」の三無政治と談じている... もっと読む

権力の館を歩く: 建築空間の政治学 (ちくま文庫)

66
3.58
御厨貴 2013年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴代首相の公私の邸や国会議事堂、最高裁判所など政治権力の場を歩き、建築と政治力学を論じるもの。たかが「ハコ」といえばそうなのだが、中華圏の風水よろしく、あ... もっと読む

政治が危ない

66
3.88
御厨貴 2016年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代政治に関する論評。現状を分析し、わかりやすく理解するには優れた一冊である。 御厨氏が表現する安倍政権は、『やってる感』。  (抜粋)『安倍政権... もっと読む

安倍政権は本当に強いのか (PHP新書)

64
3.33
御厨貴 2015年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安倍政権は実際の政策としては、ほとんど具体的なものを打ち出さず蜃気楼のように「ムード」だけを先行して打ち出す。 という指摘は言い得て妙だと思う もっと読む

政治の終焉 (NHK出版新書)

62
3.69
御厨貴 2013年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

令和になったこの時期に読んでも、古さがない。混迷ラビリンスの時代ゆえか。 もっと読む

権力の館を歩く

61
4.13
御厨貴 2010年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・官を生きる 鈴木俊一(都市出版) ・公明党vs創価学会 島田裕巳(朝日新書) ・沖縄の帝王 高等弁務官 大田畠秀(朝日文庫) ・高橋是清自伝 ・渡邉恒夫... もっと読む

渡邉恒雄回顧録 (中公文庫)

60
3.63
渡邉恒雄 2007年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生い立ち、従軍、共産党東大細胞の思い出、政治記者として立ち会った権力闘争の修羅場、鳩山一郎、大野伴睦、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、中曽根康弘、橋本龍太郎... もっと読む

日本の近代3 - 明治国家の完成 1890~1905 (中公文庫)

57
3.63
御厨貴 2012年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治憲法制定、議会の設立から日清、日露戦争までの日本政治史をまとめている。 参考資料が当時発刊された雑誌にまで及んでいる。ただ単に政治の流れを追うだけで... もっと読む

アーカイブ立国宣言: 日本の文化資源を活かすために必要なこと

52
3.40
御厨貴 2014年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://dentlib.nihon-u.ac.jp/opac/opac_details/?lang=0&amode=11&bibid=1000073... もっと読む

平成の政治

52
4.00
御厨貴 2018年11月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者2人に、ジェラルド・カーティス、大田弘子、蒲島郁夫の各ゲストを迎えての鼎談だが、各ゲストの立ち位置も異なっていて、それぞれに面白い。中でも、カーティス... もっと読む
全147アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする