徳岡孝夫のおすすめランキング

徳岡孝夫のおすすめランキングのアイテム一覧

徳岡孝夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)』や『泣ける話、笑える話―名文見本帖 (文春新書)』や『人間の浅知恵 (新潮新書)』など徳岡孝夫の全57作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)

317
3.24
林芙美子 2015年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豪華作家陣、様々な時代のいろんな朝ごはんにワクワク♪ 朝ごはんというだけあって、卵料理が多いですね。 印象に残ったのは… 角田光代さんの”朝食バイキン... もっと読む

泣ける話、笑える話―名文見本帖 (文春新書)

119
3.14
徳岡孝夫 2012年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著名な二人の作家、エッセイスト、コラムニスト、元記者によるエッセイ集。副題が名文見本帖となっているとおり、よい文章が多い。このような、人を感動させられる文... もっと読む

人間の浅知恵 (新潮新書)

33
3.30
徳岡孝夫 2013年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分用キーワード スハルト(インドネシアの大統領) キャサリン・マンスフィールド『園遊会』 岡本公三(テロリスト)「革命は命がけでやっても難しい。まして命... もっと読む

完本 紳士と淑女 1980‐2009 (文春新書)

31
4.63
徳岡孝夫 2009年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30年にもわたり連載された名物コラム。こういう文章が書きたいな〜。 もっと読む

五衰の人―三島由紀夫私記 (文春文庫)

30
4.29
徳岡孝夫 1999年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三島由紀夫が自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹をした日に彼から檄文を託されたジャーナリストの回想記。 死までの三年余りの交流から著者が感じた三島観が書かれてい... もっと読む

「民主主義」を疑え!

16
3.44
徳岡孝夫 2008年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 様々な経験を経たからこそ出せるのだろうと思う硬質で鋭利な文章で世界を批評。 何度読んでもこの人の懐の深さが知れない、と痛感。 もっと読む

妻の肖像 (文春文庫)

16
4.17
徳岡孝夫 2009年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだ後、なんとな〜く、カミさんと二人で旅行がしたくなった。近くのスーパーにも一緒に行かない仲なのに。 もっと読む

「翻訳」してみたいあなたに

10
2.67
徳岡孝夫 2002年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女子大生用、木村毅の翻訳史の紹介の箇所のみが読める。 もっと読む

妻の肖像

10
3.83
徳岡孝夫 2005年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説『翼』に引用されていた作品。新聞記者として初めて赴任した四国で出会った2人。著者は雑誌記者、駐在員、翻訳など手がけている人。 困った時にはいつも「和... もっと読む

遺すことば: 文春ムック (文春MOOK)

10
4.00
青山文平 2017年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宇江佐さんが「治療に対する考え方は人それぞれ」と書いてらっしゃる通り。 もっと読む

お礼まいり

9
4.00
徳岡孝夫 2010年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本のタイトルは「お礼まいり」である。著書の中のコラム名は「御礼まいり」である。「御礼」はガン克服に対する御礼であり、「お礼」は本日まで生きながらえる事がで... もっと読む

五衰の人―三島由紀夫私記

8
4.00
徳岡孝夫 1996年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

08年 6月 義輝は06年に読んでいる。 もっと読む

ニュース一人旅

8
3.33
徳岡孝夫 2008年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

月刊誌『清流』に10年前から連載されているコラムからのピックアップ本。 社会、政治、皇室と範囲は多岐にわたりますが全体に著者の骨太さが出ていると思う。 ... もっと読む

真珠湾メモリアル―現場で見た日本軍の第一撃 (中公文庫)

7
4.50
徳岡孝夫 1985年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和16年12月8日の真珠湾攻撃当時、そこに居合わせた人々の記憶。 戦艦に搭乗中に九死に一生を得た軍人、市井の人々、そして日系人と様々な立場の人にインタ... もっと読む

舌づくし

6
3.50
徳岡孝夫 2001年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

季刊誌『四季の味』で連載されていたエッセイをまとめた本。 季節毎に分けられたエッセイは著者の子供の頃の話から新聞記者時代の話まで、舌の記憶と思い出が入り... もっと読む
全57アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする