徳永恂のおすすめランキング

徳永恂のおすすめランキングのアイテム一覧

徳永恂のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫)』や『現代思想の断層―「神なき時代」の模索 (岩波新書)』や『イデオロギーとユートピア (中公クラシックス)』など徳永恂の全36作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

啓蒙の弁証法―哲学的断想 (岩波文庫)

426
3.79
ホルクハイマー 2007年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

序文と第Ⅰ章「啓蒙の概念」のみ読んだ。原文もそうなのか訳文がそうなのかわからないが、一文一文に内容がつめこまれており、意味を理解するのに時間がかかる。言わ... もっと読む

現代思想の断層―「神なき時代」の模索 (岩波新書)

126
2.88
徳永恂 2009年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

未来を明確に描き出すことの不可能性が明らかになった「現代」という時代を、ウェーバー、フロイト、ベンヤミン、アドルノという4人の思想家の仕事から読み解こうと... もっと読む

イデオロギーとユートピア (中公クラシックス)

110
3.32

感想・レビュー

学部ゼミで行った二冊の比較発表をもとに書いてみます。 『職業としての学問』は以前もう書評を書いていますが、また読み直したし新しい発見もあったのでもう一度... もっと読む

啓蒙の弁証法―哲学的断想 (SELECTION21)

52
3.33

感想・レビュー

【要約】 ・ 【ノート】 ・なかなか読み進めないな。 もっと読む

錬金術とカバラ

26
3.30

感想・レビュー

 「カバラ」というとかなりオカルトな印象があるけど、そうじゃなくてそれなりにアカデミックな研究を読みたいと思って借りた本。  読むのに骨は折れたけど、それ... もっと読む

社会哲学の復権 (講談社学術文庫)

23
3.00

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

過ぎ去ろうとしない過去―ナチズムとドイツ歴史家論争

22
3.00

感想・レビュー

ホロコースト、それは比較不可能であり、想起不可能な記憶。だが、確かにそうなのだが、そのような美しい表現で、記憶の遺贈は果たして可能なのか。ノルテとハーバー... もっと読む

絢爛たる悲惨

19
5.00
徳永恂 2015年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レンブラントが活躍した17世紀のアムステルダムは、当時のユダヤ文化の中心地。レンブラントが棲んでいたのも、アンネフランクが棲んだユダヤ人街の川っぷちの家で... もっと読む

歴史主義 (1970年) (社会科学ゼミナール)

4
4.00

感想・レビュー

メディアで借りた本。歴史主義の問題性を1920年代の時代思潮の中で解き明かそうとしたマンハイムの論文。巻末の徳永恂の解説も非常に参考になった。 もっと読む

現代批判の哲学―ルカーチ,ホルクハイマー,アドルノ,フロムの思想像 (1979年)

4
徳永恂 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドイツ系の現代思想家についての著者の研究を集成したもの。ホルクハイマー、アドルノはともかく、今ではさほど研究対象として言及されていないように思われるルカー... もっと読む
全36アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×