徳田秋声のおすすめランキング

徳田秋声のおすすめランキングのアイテム一覧

徳田秋声のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『百年小説』や『あらくれ (講談社文芸文庫)』や『あらくれ (岩波文庫)』など徳田秋声の全269作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

百年小説

127
4.20
森鴎外 2008年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

100殺!ビブリオバトル No.29 午後の部 第4ゲーム(1班) [チャンプ本!] もっと読む

あらくれ (講談社文芸文庫)

73
3.12
徳田秋声 2006年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古井由吉さんの自選全集が出た記念に、古井さんが好きな本が取り上げられていた。漱石、鴎外やギリシア悲劇のような古典中の古典ばかりが並ぶ中で、徳田秋声の「あら... もっと読む

あらくれ (岩波文庫)

59
3.25
徳田秋声 1972年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

徳田秋声初読。 大正時代の小説にしてはなかなか読みやすい文章だと思った。 気性の激しい女性、お島を主人公に、彼女の人生を描いた作品なのだが、この時代の... もっと読む

黴 (岩波文庫)

42
3.20
徳田秋声 1993年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自然主義文学の第一人者として島崎藤村、田山花袋に並び称される徳田秋声の代表的な私小説作品「黴」が収録されています。 本作「黴」は徳田秋声が夏目漱石に推挙さ... もっと読む

縮図 (岩波文庫 緑 22-2)

40
4.40
徳田秋声 1971年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とは関係ないが、映画「裁かるるジャンヌ」を見に行くシーンがあるけれど、多分作者はこの映画見ていないでしょう。ジャンヌが甲冑に身を包んで戦うシーンなど、この... もっと読む

あらくれ (新潮文庫)

29
3.13
徳田秋声 1949年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お島さんの波瀾万丈で力強い生きざまの話。過去を振り返ることなどないかと思えばふと思い出したり、かと思うとこれからの算段を立てていたりする。こんな風になりた... もっと読む

仮装人物 (講談社文芸文庫)

25
4.00
徳田秋声 1992年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな初老のやもめが、若い妖婦!に振り回される様をダラダラ書いた昔の小説を、なんで読み始めたのかと思いながら、読了した(多分、佐伯一麦さんの本に紹介されて... もっと読む

あらくれ

21
2.33
徳田秋声 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代が変わっても人間て本当に変わらないね。ああ、嫌だ嫌だ…と思いながら、お島の奮闘ぶりに励まされます。お島の心を映し出す情景が、時折ものすごく美しいです。 もっと読む

丸谷才一編・花柳小説傑作選 (講談社文芸文庫)

17
4.00
吉行淳之介 2013年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島田洋子の『一九二一年・梅雨 稲葉正武』『一九四一年・春 稲葉正武』がおもしろかった。いままで阿部定はなんだか興味がなかったけど、阿部定のとは気づかずこれ... もっと読む

黴 爛 (講談社文芸文庫)

17
3.00
徳田秋声 2017年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自然主義文学に位置づけられる徳田秋声の小説2編。全般的に登場人物の心の動きや内面的告白が少なく、読後に陰鬱な印象が残る。 もっと読む

大東京繁昌記 山手篇 (講談社文芸文庫)

16
4.00
島崎藤村 2013年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大正デモクラシーの頃の東京は、限りなく魅力的です。当時に、そっと紛れ込んで、つかの間暮らしてみたくなります。 もっと読む

(074)船 (百年文庫)

15
4.00
近藤啓太郎 2011年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近藤啓太郎『赤いパンツ』 徳田秋声『夜航船』 野上弥生子『海神丸』 もっと読む

9
3.50
徳田秋声 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

あらくれ

7
3.00
徳田秋声 電子書籍 新字新仮名 2000年6月23日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

Palmに入れた 「青空文庫」 の中から、60年程前に出版された(新聞に連載されたのは1915年から)、徳田秋声の 「あらくれ」 を読みました。 自然主... もっと読む

近代文学館〈精選 〔10〕〉黴―名著複刻全集 (1972年)

5
3.00

感想・レビュー

秋声の3部作「あらくれ」「足迹」「爛」などとともに彼の代表作。自然主義文学の金字塔。 もっと読む
全269アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする