志村史夫のおすすめランキング

プロフィール

志村史夫(しむら・ふみお)

1948年、東京・駒込生まれ。工学博士(名古屋大学・応用物理)。日本電気中央研究所、モンサント・セントルイス研究所、ノースカロライナ州立大学教授(Tenure:終身在職権付)、静岡理工科大学教授を経て、静岡理工科大学名誉教授。応用物理学会フェロー・終身会員、日本文藝家協会会員。日本とアメリカで長らく半導体結晶などの研究に従事したが、現在は古代文明、自然哲学、基礎物理学、生物機能などに興味を拡げている。物理学、半導体関係の専門書、教科書のほかに『いやでも物理が面白くなる〈新版〉』『古代日本の超技術』『古代世界の超技術』『人間と科学・技術』『アインシュタイン丸かじり』『漱石と寅彦』『「ハイテク」な歴史建築』『日本人の誇り「武士道」の教え』『文系? 理系?』などの一般向け著書も多数ある。

「2019年 『いやでも数学が面白くなる 「勝利の方程式」は解けるのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

志村史夫のおすすめランキングのアイテム一覧

志村史夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『古代日本の超技術 改訂新版 (ブルーバックス)』や『いやでも物理が面白くなる〈新版〉 「止まれ」の信号はなぜ世界共通で赤なのか? (ブルーバックス)』や『アインシュタイン丸かじり―新書で入門 (新潮新書)』など志村史夫の全94作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

古代日本の超技術 改訂新版 (ブルーバックス)

220
3.82
志村史夫 2012年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「古代世界の超技術」を読み、この本の存在を知った。 「古代世界」に比べると地味な印象がある古代日本だが、あなどれない「超技術」がけっこうあるのには驚きだ... もっと読む

いやでも物理が面白くなる〈新版〉 「止まれ」の信号はなぜ世界共通で赤なのか? (ブルーバックス)

185
3.58
志村史夫 2019年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SFが大好きな自分はずっと物理を学びたかった。宇宙や時空について詳しくなれたら、SFがもっと楽しめる気がしていた。 そんな期待を込めて購入したのがこの本... もっと読む

アインシュタイン丸かじり―新書で入門 (新潮新書)

171
3.30
志村史夫 2007年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

光電効果にかんする理論と相対性理論を中心に、アインシュタインの業績をわかりやすく解説している本です。 相対性理論にかんする同様の解説書は多く刊行され... もっと読む

文系?理系?―人生を豊かにするヒント (ちくまプリマー新書)

159
3.11
志村史夫 2009年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学校での勉強や受験のために、文系・理系という線引きがされているけれど、そういう垣根にとらわれず、知的好奇心を持っていろんなことに接していくことが大切だとい... もっと読む

いやでも数学が面白くなる 「勝利の方程式」は解けるのか? (ブルーバックス)

147
2.62
志村史夫 2019年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

桃山学院大学附属図書館電子ブックへのリンク↓ https://www.d-library.jp/momoyama1040/g0102/libcontent... もっと読む

古代世界の超技術 (ブルーバックス)

120
3.05
志村史夫 2013年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうやって巨石を運んだり、加工したりできたか? 謎と思われているのは、現代に蔓延している考え方が、謎解きの邪魔をしていると筆者は言う。 それは「経済性」... もっと読む

理系のための「実戦英語力」習得法 最速でネイティブの感覚が身につく (ブルーバックス)

91
3.00
志村史夫 2018年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特に真新しい手法というわけでもないんだけど、地道に着実に英語力(特に理系の研究者が世界で勝負するのに必要な)を上げる方法を紹介している。 英英辞典の活用、... もっと読む

こわくない物理学―物質・宇宙・生命 (新潮文庫)

67
3.18

感想・レビュー

物理学者の視点から見える生命の姿に新鮮な思いを抱いた。 もっと読む

物理学者が教える 筋道たてて考える技術 いかに本質をつかみ、問題を解決するか?

67
2.73
志村史夫 2012年11月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

①数値化する ②見える化する ③論理的に説明する もっと読む

スマホ中毒症 「21世紀のアヘン」から身を守る21の方法 (講談社+α新書)

63
2.61
志村史夫 2013年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゆとり世代の若者に言及していたので気になった 携帯が高機能になることで多くの情報を手にすることができるようになった これは便利なことなのだろうか! ... もっと読む

自然現象はなぜ数式で記述できるのか (PHPサイエンス・ワールド新書)

55
2.88
志村史夫 2010年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「自然現象はなぜ数式で記述できるのか」という疑問は子供の頃から思っていたので、その答えを知りたくて読んだら、あとがきで「…"Something Great... もっと読む

文科系のための科学・技術入門 (ちくま新書)

52
3.00

感想・レビュー

液晶ディスプレイや半導体などのITの仕組みが、こなれた筆致で説明されていて分かり易い。 もっと読む

古代日本の超技術―あっと驚くご先祖様の智恵 (ブルーバックス)

47
3.83
志村史夫 1997年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

竹中大工館に行きたくなること請け合い。 もっと読む

こころを学ぶ ダライ・ラマ法王 仏教者と科学者の対話

47
4.00
ダライ・ラマ法王 2013年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

法王と素晴らしい研究・実績を残されている日本の科学者との対話集。実際にこの場に参加していた方が羨ましく、読んでいてワクワクする内容。自称専門家とは違いそれ... もっと読む

一流の研究者に求められる資質

42
3.33
志村史夫 2014年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日中韓の小児腎でよ見終わった。まあまあ もっと読む

環境問題の基本のキホン―物質とエネルギー (ちくまプリマー新書)

40
2.38

感想・レビュー

身近にあるエネルギーがどういう仕組みか、みたいなことが書いてある。文明の発達とエネルギーの消費が比例するのは、そうだよなぁと思った。だからこそ、これからの... もっと読む

―新書で入門―アインシュタイン丸かじり(新潮新書)

39
3.86
志村史夫 電子書籍 2007年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっとコンパクトするぎるんだよな〜 もっと読む

理科系のための英語プレゼンテーションの技術

38
2.63

感想・レビュー

わかりそうで分からないグラフの読み方や単位・記号の読み方がまとまっている。助かりました。 もっと読む

理科系の英語 (丸善ライブラリー)

37
2.88
志村史夫 1995年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000000142 学外からの閲覧方法 1.学認... もっと読む
全94アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×