志水辰夫のおすすめランキング

プロフィール

1936年、高知県生まれ。雑誌のライターなどを経て、81年『飢えて狼』で小説家デビュー。86年『背いて故郷』で日本推理作家協会賞、91年『行きずりの街』で日本冒険小説協会大賞、2001年『きのうの空』で柴田錬三郎賞を受賞。2007年、初の時代小説『青に候』刊行、以降、『みのたけの春』(2008年 集英社)『つばくろ越え』(2009年 新潮社)『引かれ者でござい蓬莱屋帳外控』(2010年 新潮社)『夜去り川』(2011年 文藝春秋)『待ち伏せ街道 蓬莱屋帳外控』(2011年新潮社)と時代小説の刊行が続く。

「2019年 『疾れ、新蔵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

志水辰夫のおすすめランキングのアイテム一覧

志水辰夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『行きずりの街 (新潮文庫)』や『短編復活 (集英社文庫)』や『いまひとたびの (新潮文庫)』など志水辰夫の全173作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

行きずりの街 (新潮文庫)

1767
2.88
志水辰夫 1994年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

〇ザ・ハードボイルド。男前の主人公が十数年前の謎に挑む 地方の街で塾講師をやっている波多野は、教え子が失踪したと彼女の伯母から相談を受け、上京し、行方を... もっと読む

短編復活 (集英社文庫)

1013
3.14
赤川次郎 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編アンソロジーは、読みやすいし飽きがこなくて面白いんだなって気づきました。 知らない作家さんを知るきっかけにもなるし、知っている作家さんの思わぬ面の発... もっと読む

いまひとたびの (新潮文庫)

204
3.41
志水辰夫 1997年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容 ドライブに連れてって。赤いオープンカーで――交通事故で夫を亡くして以来、車椅子の生活を送ってきた叔母の願いは意外なものだった。やがて男は叔母の秘めら... もっと読む

背いて故郷 (新潮文庫)

144
3.24
志水辰夫 2005年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結末が待てなく、落ち着かず斜め読みで、デティールを楽しめず。 もっと読む

飢えて狼 (新潮文庫)

142
3.20
志水辰夫 2004年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母がくれた何冊かの中に入っていた。母もわたしと同じで(いや、わたしが母に似ているのだな)ひとりの作者を読み始めると、何冊も同じ作者の作品を読むという傾向が... もっと読む

情事 (新潮文庫)

139
2.71
志水辰夫 2000年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中からサスペンスっぽい展開になりかけて期待したが、ページが終わりに近づくにつれ失望にしぼんでいった。身体とは裏腹にお互い疑心暗鬼の夫婦になってしまったか... もっと読む

きのうの空 (新潮文庫)

130
3.31
志水辰夫 2003年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和11年生まれの著者【志水辰夫】が、自らの人生の断片をしみじみ語り紡いだ10編の短編小説です。著者が物心ついた頃に〝鬼畜米英〟から〝民主主義〟へと、天と... もっと読む

裂けて海峡 (新潮文庫)

112
3.47
志水辰夫 2004年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「飢えて狼」も素晴らしかったが、こちらも負けていない。この話はラストに勝負がかかっていた。見事にやられたよ、撃沈。私が読んだ本は新潮文庫なのだが、講談社文... もっと読む

ラストドリーム (新潮文庫)

95
3.04
志水辰夫 2007年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの志水辰夫作品。 当然ながらハードボイルドかと読み始めたが、そもそもミステリー小説でもなく、やや肩透かし。特に一人称単数で語られる文体でない時点... もっと読む

オンリィ・イエスタデイ (新潮文庫)

91
3.18
志水辰夫 2008年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み出し早々、「ぎゃ~~~なんてかっこいい主人公!」とはまりました。 かっこいい中年男!最高っすね~。 だけど、あまりにかっこよすぎて、絶対なんか臭うんで... もっと読む

短編伝説 めぐりあい (集英社文庫)

91
3.31
大沢在昌 2017年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

集英社文庫からは、夙に「短編」を冠したアンソロジーが2冊出ていました。「短編復活」「短編工場」がそれで、いずれも「小説すばる」創刊15周年を記念して集英社... もっと読む

十五少年漂流記 痛快世界の冒険文学 (1)

85
4.25
志水辰夫 1997年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ニュージーランドから船旅に出た 15人の少年たち。 無人島に幸運にも辿り着いた後、 数年間過ごさざるを得なくなります。 最長で14歳の少年です。 生活の... もっと読む

男坂 (文春文庫)

73
3.26
志水辰夫 2006年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

純文学なんだろう。 大矢さんの解説を読んで、更にこの短編の重さを教えられた。 再読してみようかと思う。 もっと読む

つばくろ越え

71
3.47
志水辰夫 2009年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の生々しい時代劇が好きです。木枯し紋次郎の世界です。長ドスを必死に振り回す半ばヤケクソの殺陣がリアリティを醸し出す。西部劇でなく、マカロニウエスタンで... もっと読む

生きいそぎ (集英社文庫(日本))

64
3.67
志水辰夫 2006年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読解力がなさすぎでよくわからないものもあったけど、夢を見ているような感じ。 哀愁漂う老後のほのぼのしたお話なのかと思ったら、仄暗いミステリーのような怖い雰... もっと読む

帰りなん、いざ (新潮文庫)

59
3.19
志水辰夫 2008年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いなか暮らしに憧れて田舎にやってきた男が、その村の老人たちや慣習といったものと格闘しながら、唯一の若い女性との恋心を育み、そしてその村で起こる事件に取り組... もっと読む

青に候 (新潮文庫)

59
3.71
志水辰夫 2009年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半は、長々していたが、後半になって俄然面白くなる。 幕末を背景とした、小説は数多く、司馬遼太郎や藤沢周平の歴史観でしか 考えた事が無かったが、志水辰夫を... もっと読む

約束の地 (双葉文庫)

59
3.65

感想・レビュー

タイトルを見て、民族紛争絡みかなと 予想していたけどその通り。 宗教や民族、そこに渦巻くカネや人間模様。 おもしろいんだけど、 早くペ... もっと読む

滅びし者へ (集英社文庫)

57
2.54
志水辰夫 1996年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後半は破綻では。 もっと読む

みのたけの春

57
3.85
志水辰夫 2008年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先の「彼方の友へ」と同じく時代の対極へと移り変わる時代に生きた主人公の物語 起承転結の整った物語と違い、こういったある一人の物語を淡々と進めていく小説は... もっと読む
全173アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×