成実弘至のおすすめランキング

プロフィール

京都女子大学教授。大阪大学大学院、ロンドン大学大学院修了。社会学、文化研究。著書『問いかけるファッション』『モードと身体』(編著)、訳書『ファッションの文化社会学』(ジョアン・フィンケルシュタイン)等

「2021年 『20世紀ファッション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

成実弘至のおすすめランキングのアイテム一覧

成実弘至のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『相対性コム デ ギャルソン論 ─なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか』や『20世紀ファッションの文化史―時代をつくった10人』や『カルチュラル・スタディーズ入門―理論と英国での発展』など成実弘至の全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

相対性コム デ ギャルソン論 ─なぜ私たちはコム デ ギャルソンを語るのか

138
3.44
五十嵐太郎 2012年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ギャルソンの否定されないしてはいけない雰囲気に微妙な違和感もあったが、そこに果敢に切り込む千葉雅也のところが相当おもしろい。 もっと読む

カルチュラル・スタディーズ入門―理論と英国での発展

81
3.47

感想・レビュー

入門と書かれているが、社会学、政治学の全般的な知識なくしては決して「入門」とはなりえない本です。 もっと読む

ファッションの文化社会学

59
3.36

感想・レビュー

積読本をかたづけようシリーズ。 いつから家にあったのかは不明ですが、原著は1996年、日本語訳新装版は2007年の発売。 ファッションを社会学として論じ... もっと読む

20世紀ファッションの文化史: 時代をつくった10人

53
4.00
成実弘至 2016年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 歴史との関連が深く、読んでいる間は世界史を勉強していてよかったと感じた瞬間だった。 ファッションが好きと言いつつも全然何も知らなかったなと... もっと読む

渋谷の秘密_12の視点で読み解く

48
3.71
隈研吾 2019年11月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

渋谷の昔と今を、住宅、花街、ファッション、音楽、飲食等々の観点から追った本。 渋谷にはちょくちょく行っているが、松濤がもともとは茶畑だったとか、芸妓... もっと読む

モードと身体―ファッション文化の歴史と現在 (空間演出デザインシリーズ)

29
3.56

感想・レビュー

自分の身体が及ぶ範囲はどこなのか、実体はどこにあるのかというのを最初ホーキンス博士の例を出し、始めている。 テクノロジーの勃興により、人は衣服である皮膚を... もっと読む

ヘア・カルチャー―もうひとつの女性文化論

29
3.80

感想・レビュー

サスーン 「機能は形式に先立つ」バウハウス 高校卒業後の春休みに友と遊ぶ時、フィッシュボーンというヘアスタイルをしてみたり、自作のカチューシャをつけたり... もっと読む

ファッションの文化社会学

27
3.57

感想・レビュー

立ち返って、基礎の論理的なところを掘り下げてみました。 ファッション文化の、広まっている通説の起こりを細かく分類していった本。 意外と分かっていないところ... もっと読む

vanitas No.002 | ファッションの批評誌

17
4.00
西尾美也 2013年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_se... もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
ツイートする
×