成川裕子のおすすめランキング

成川裕子のおすすめランキングのアイテム一覧

成川裕子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『遮断地区 (創元推理文庫)』や『女彫刻家 (創元推理文庫)』や『悪魔の羽根 (創元推理文庫)』など成川裕子の全52作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

遮断地区 (創元推理文庫)

345
3.53

感想・レビュー

英国ミステリの女王の新作。といっても翻訳の上でですが。 推理小説というよりパニックものだからか、翻訳する順番が後になったようです。 スリルと爽快感があ... もっと読む

女彫刻家 (創元推理文庫)

213
3.31

感想・レビュー

このミス海外編、1996年版1位。古いイギリス、ミステリーだけどやっと最近のやつに雰囲気近づいてきた。比較的読みやすいし、テンポも良い。作家の女性が猟奇殺... もっと読む

悪魔の羽根 (創元推理文庫)

185
3.36

感想・レビュー

※半分読了の途中感想(なんだそりゃ) なぜかというと今の気持ちを記録しておこうと思ったから。 主人公とご近所さんとかのやり取りとかがずっと続くけどこれ必要... もっと読む

氷の家 (創元推理文庫)

181
3.46

感想・レビュー

なんでしょうか? 単なる謎解きと思えば、意外性もあってそれなりに面白い。 ただ、事件の背景や原因となる事があまりにおぞましい。イギリスの田舎町ってこんな... もっと読む

養鶏場の殺人/火口箱 (創元推理文庫)

164
3.67

感想・レビュー

英国ミステリの女王ミネット・ウォルターズの新刊。 趣向のある中編2本です。 面白く読めました。 「養鶏場の殺人」は実話をもとにした作品。 クイ... もっと読む

蛇の形 (創元推理文庫)

158
3.75

感想・レビュー

「氷の家」と同じ作者だったので。 今まで読んできたこの作者の作品の中では一番、面白かった。 交通事故で亡くなった黒人女性の死の真実を、 警官でも探偵でも... もっと読む

破壊者 (創元推理文庫)

151
3.57

感想・レビュー

地味…だよね。 特に凝った作りでもないし、意外な真相があるわけでもないし。 だからこそ人を丹念に描けているんだと思う。 犯人というより、話の先が気に... もっと読む

囁く谺 (創元推理文庫)

108
3.55

感想・レビュー

「遮断地区」のミネット・ウォルターズさん。 何というか、ペダンティックで緻密で社会派。それほど感情移入できないし、好きというわけではないのだけど、何となく... もっと読む

鉄の枷 (創元推理文庫)

100
3.71

感想・レビュー

「氷の家」と同じ作者だったので。 それほど複雑な人間関係でもなかったのに、 途中で混乱してしまった。 シェイクスピアの台詞に精通している訳ではないが、... もっと読む

晴れた日の森に死す (創元推理文庫)

87
3.26

感想・レビュー

エリケの内面の描写が繊細で詩的。 シリーズの他の作品も読みたいが邦訳されてるのかな? もっと読む

病める狐〈上〉 (創元推理文庫)

86
3.82

感想・レビュー

2018.第2回ランチ講座「海外ミステリーの私的案内」 <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます> https://libipu.iwate-... もっと読む

病める狐〈下〉 (創元推理文庫)

83
3.86

感想・レビュー

2018.第2回ランチ講座「海外ミステリーの私的案内」 <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます> https://libipu.iwate-... もっと読む

カメレオンの影 (創元推理文庫)

79
3.82

感想・レビュー

イラクで爆弾により重傷を負い、片目を失ったアクランド中尉。除隊したあとも孤独を好み、人に触れられると暴力的になる彼は、近隣での連続殺人の嫌疑をかけられるが... もっと読む

女彫刻家

70
3.61

感想・レビュー

2018.第2回ランチ講座「海外ミステリーの私的案内」 <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます> https://libipu.iwate-... もっと読む

日輪の果て〈上〉 (文春文庫)

67
3.45

感想・レビュー

「蒼穹のかなたへ」と同じく、ハリー・バーネットが再登場。こちらでは、ダメ男どころか結構な男前。 もっと読む

日輪の果て〈下〉 (文春文庫)

65
3.33

感想・レビュー

真相は藪の中。と云う様な結末だった、ハリーの巻き込まれた事件に関しては。 気になるのは、これでお終いなら今度こそハリーは穏やかに暮らせるのかな、と思ったら... もっと読む

湖のほとりで (PHP文芸文庫)

64
3.47

感想・レビュー

3度目、やはり面白い。この作品の警部セーヘルは今まで読んだどの北欧ミステリの主人公と比べてもかなり「まとも」である。妻は亡くしたばかりだが生活も人格も破綻... もっと読む

THE BOOK WITH NO NAME<上>

60
3.14
Anonymous 2008年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装丁がGOOD もっと読む

昏(くら)い部屋 (創元推理文庫)

53
3.68

感想・レビュー

「氷の家」と同じ作者だったので。 ミステリーの魅力の一つは、 真実に少しづつ近づいていく感覚だ。 集められた手がかりが一つ一つが積みあがっていく感じ、 ... もっと読む

THE BOOK WITH NO NAME<下>

52
3.16
Anonymous 2008年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

次々話が展開し、一気に読んだ 面白かった もっと読む
全52アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×