成田龍一のおすすめランキング

プロフィール

日本女子大学人間社会学部教授。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了、博士(文学)。専門は、歴史学(近現代日本史)。主な著作に、『「戦争経験」の戦後史――語られた体験/証言/記憶』(岩波書店、2010年)、『近現代日本史と歴史学――書き替えられてきた過去』(中央公論新社、2012年)、『近現代日本史との対話【幕末・維新~戦前編】/【戦中・戦後~現在編】』(集英社、2019年)、などがある。

「2020年 『環太平洋地域の移動と人種』 で使われていた紹介文から引用しています。」

成田龍一のおすすめランキングのアイテム一覧

成田龍一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『大正デモクラシー―シリーズ日本近現代史〈4〉 (岩波新書)』や『近現代日本史と歴史学 - 書き替えられてきた過去 (中公新書)』や『戦後史入門 (河出文庫)』など成田龍一の全68作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

大正デモクラシー―シリーズ日本近現代史〈4〉 (岩波新書)

341
3.54
成田龍一 2007年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最新の所在はOPACを確認してください。 TEA-OPACへのリンクはこちら↓ https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/o... もっと読む

近現代日本史と歴史学 - 書き替えられてきた過去 (中公新書)

291
3.48
成田龍一 2012年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後、今日まで、近現代日本史がどのように描かれ、修正されてきたかをたどっている。 本書のベースとなる考え方は、歴史(像)というのは、永遠不変のものではな... もっと読む

戦後史入門 (河出文庫)

133
3.78
成田龍一 2015年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜ歴史は歴史と言われるのか、その年代項目は重要とされているのか、そう考えるきっかけになる良書だと思った。 もっと読む

戦後日本史の考え方・学び方: 歴史って何だろう? (14歳の世渡り術)

86
3.81
成田龍一 2013年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「そのあとどうなったのか、わかっているところから、歴史は語られます。逆に言うと、「いま」から逃げられないのです。」 歴史とは何かというところから始まり、... もっと読む

岩波新書で「戦後」をよむ (岩波新書 別冊11)

65
3.25
小森陽一 2015年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後70年を7区分し各3冊(合計21冊)を読書会風に論じる。専攻、年代、性別、思想の違う3名の意見の衝突、同調ぶりが快適。7つの時代を総括する好著。一貫し... もっと読む

加藤周一を記憶する (講談社現代新書)

51
3.67
成田龍一 2015年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【目次】 はじめに 加藤周一と戦後 [011-028] 第一章 「急進的知識人」として 029 第二章 「雑種文化」の地平 105 第三章 加... もっと読む

高校生と考える希望のための教科書  (桐光学園大学訪問授業)

50
3.17
坂本龍一 2018年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷川俊太郎さんのところだけ読んだ。 「いろんな美しさがあることを自分の中に許しておく。」 もっと読む

戦争文学を読む (朝日文庫)

48
4.00
川村湊 2008年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学へのアプローチって全く門外漢なので、とても新鮮だった。複数分野の専門家が対談してるので、わけわからん観念論に溺れなくて済むのが助かる。 もっと読む

現代思想2011年11月臨時増刊号 総特集=宮本常一 生活へのまなざし

48
4.40
宮本常一 2011年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮本常一をそれなりに客観的に評価している。 なかなかの本。 是非ご一読を。 もっと読む

現代思想 2015年1月号 特集=現代思想の新展開2015 -思弁的実在論と新しい唯物論-

48
5.00
千葉雅也 2014年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

年に一度のアタマの体操。今年もトレンドとしては「思弁的実在論」ということだそうで。関係性の哲学からの揺り戻しというところまではわかるのだけど、それ以上は理... もっと読む

立ちすくむ歴史―E.H.カー『歴史とは何か』から50年

44
4.00

感想・レビュー

E.H.カーの『歴史とは何か』から50年というサブタイトルに表されているように、カーの古典をベースに行われた鼎談。単なるカーの本の解釈を越えた、現代歴史学... もっと読む

現代思想 2014年1月号 特集=現代思想の転回2014 ポスト・ポスト構造主義へ

44
3.25
千葉雅也 2013年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思想の世界も刻々と進んでいるので、こういった特集で整理できるのはうれしい。いくつかの論考や対談はとても刺激的でした。この20年ほどは、リアルでプラクティカ... もっと読む

現代思想2013年1月号 特集=現代思想の総展望2013

40
2.67
大澤真幸 2012年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特集:現代思想の総展望2013 著者:信田さよ子、立岩真也、大澤真幸、上野千鶴子、春日直樹、飯田隆、村上靖彦、岡田温司、郡司ペギオ幸夫、近藤和敬、篠... もっと読む

網野善彦対談集「日本」をめぐって

39
3.93
網野善彦 2002年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

成田龍一との対談もままおもしろいですが、ハイライトはやはり小熊英二との対談の部分でしょうか。対談者というよりインタビュアで分析者の小熊が網野前後の歴史学界... もっと読む

「日本」をめぐって―網野善彦対談集 (洋泉社MC新書)

38
4.00

感想・レビュー

田中優子, 樺山紘一, 成田龍一, 三浦雅士, 姜尚中, 小熊英二との対談集。 石母田正は「中世的世界の形成」で、東国の農村から身を起こした領主たち... もっと読む

津波、噴火……日本列島 地震の2000年史

36
3.00
保立道久 2013年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東北の震災以降、歴史学と自然科学は大きく接近した。 私が痛感したのは「大地震のサイクルはまだよくわかっていない」ということと、「だからこそ地質学や地震学な... もっと読む
全68アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×