戸板康二のおすすめランキング

戸板康二のおすすめランキングのアイテム一覧

戸板康二のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『古書ミステリー倶楽部 (光文社文庫)』や『團十郎切腹事件―中村雅楽探偵全集〈1〉 (創元推理文庫)』や『グリーン車の子供―中村雅楽探偵全集〈2〉 (創元推理文庫)』など戸板康二の全275作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

古書ミステリー倶楽部 (光文社文庫)

221
3.26
ミステリー文学資料館 2013年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『展覧会の客』を読んで、そーいえばデパートの古本即売会が消えていることに気が付いた……。 もう新古書店が古書販売の中心になっているのかなぁと読んでいて悲... もっと読む

團十郎切腹事件―中村雅楽探偵全集〈1〉 (創元推理文庫)

168
3.79
戸板康二 2007年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歌舞伎役者「中村雅楽」が、不可解な事件の《なぞ》を解く人気シリーズ。老優・雅楽のたたずまいがとにもかくにも魅力的で、つい手に取ってしまう。 この第一巻に... もっと読む

グリーン車の子供―中村雅楽探偵全集〈2〉 (創元推理文庫)

119
3.59
戸板康二 2007年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「グリーン車の子供」は★×5で。 無理に不可能犯罪とか殺人事件に結び付けようとしなくなったためか、非常にゆったりとした文章になっていると思った。 いわ... もっと読む

目黒の狂女―中村雅楽探偵全集〈3〉 (創元推理文庫)

70
3.62
戸板康二 2007年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらず面白いけど、ときどきセルフコピーぽい話しもある。 もっと読む

松風の記憶―中村雅楽探偵全集〈5〉 (創元推理文庫)

61
3.60
戸板康二 2007年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後年の人の死なない短篇群を先に読んでいたから、ことに若い人が死ぬ話は辛い。それだけ人間がよく書けているということでもあるのだろうが。 もっと読む

劇場の迷子―中村雅楽探偵全集〈4〉 (創元推理文庫)

58
3.89
戸板康二 2007年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中村雅楽老シリーズ4作目。恋愛模様を描いた短編が多かったように感じました。シリーズの初めからのおなじみ竹野さん、江川刑事に加えて、関寺真知子という若くて美... もっと読む

(037)駅 (百年文庫)

56
3.21
ヨーゼフ・ロート 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうしようまた出てくる男がサイテーだ(笑)(『駅長ファルメライアー』主人公と、『駅長』の娘を誘拐婚したロシア大尉) この夏借りてきた本にはサイテー男しか... もっと読む

歌舞伎への招待 (岩波現代文庫)

53
3.79
戸板康二 2004年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1950年出版の書籍の文庫化。 さすがに名前が挙がっている役者は2世代以上前の人たち。それを除けば内容は令和の世でも通じる。 触れてる演目の中には今ではほ... もっと読む

ちょっといい話 (文春文庫 (292‐1))

29
3.38

感想・レビュー

タイトル通りなのだろうが、内容は覚えていない。 もっと読む

THE 名探偵 (ジョイ・ノベルス)

28
2.50
江戸川乱歩 2014年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

基本ミステリ読みなのですが、嵌ったのは新本格というジャンルが確立されてから。それ以前の古き良き名探偵たちの名作は正直どこから手をつけていいやらわからず形ほ... もっと読む

短篇集〈3〉 阿刀田 高 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集)

27
3.50
阿刀田高 1996年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれも面白かったけど、やっぱり「戻り川心中」かな。 もっと読む

小説・江戸歌舞伎秘話 (扶桑社文庫―昭和ミステリ秘宝)

24
3.80
戸板康二 2001年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

劇評家でもある著者が歌舞伎の世界を舞台に描くミステリは多々ありますが、本書はその中でも、歌舞伎の演目での有名な工夫やシーンについての『真相』を著者の知識と... もっと読む

ぜいたく列伝 (文春文庫)

22
3.56

感想・レビュー

蜿朱鹸縺輔l縺ヲ縺?k縺ョ縺ッ縲∝?譚大茜阯サ縲∝香荳?莉」逶ョ迚?イ。莉∝キヲ陦幃摩縲∬ーキ蟠取ス、荳?驛弱?∝翠逕ー闌ゅ?∵ィェ螻ア螟ァ隕ウ縲∝、ァ蛟... もっと読む

少年ミステリー倶楽部 (光文社文庫)

21
3.50
ミステリー文学資料館 2018年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

悲劇の臨時列車―鉄道ミステリー傑作選 (光文社文庫)

19
3.00

感想・レビュー

降りしきる雪の中、夜汽車に揺られる男。東海道本線で乗り合わせた、夢破れた青年とサングラスの男、踊り子の女の3人。車内で「人殺しをするかもしれない」と告白す... もっと読む

続 歌舞伎への招待 (岩波現代文庫)

18
3.67
戸板康二 2004年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「歌舞伎への招待」を「初めてのPerl」に例えたのは、この本との関係が、「続・初めてのPerl」っぽいなと感じたから。 歌舞伎への招待ふくめて、実際の歌... もっと読む
全275アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×