戸田山和久のおすすめランキング

プロフィール

1958年東京都生まれ。89年、東京大学大学院人文科学研究科修了。専攻は科学哲学。現在、名古屋大学大学院情報学研究科教授。著書に『科学哲学の冒険』(NHKブックス)、『「科学的思考」のレッスン』『恐怖の哲学』(以上、NHK出版新書)、『思考の教室』(NHK出版)、『論理学をつくる』『科学的実在論を擁護する』(以上、名古屋大学出版会)、『知識の哲学』(産業図書)、『哲学入門』(ちくま新書)、『教養の書』(筑摩書房)など。 

「2022年 『最新版 論文の教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

戸田山和久のおすすめランキングのアイテム一覧

戸田山和久のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新版 論文の教室 レポートから卒論まで (NHKブックス)』や『哲学入門 (ちくま新書)』や『NHKブックス 論文の教室 レポートから卒論まで』など戸田山和久の全44作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

新版 論文の教室 レポートから卒論まで (NHKブックス)

1457
4.23
戸田山和久 2012年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学生向けの論文指南本としてロングセラーの一冊。 著者は名古屋大学の戸田山和久氏。実は、トゥールミンロジックで知られる議論の技法の翻訳者の一人だったりします... もっと読む

哲学入門 (ちくま新書)

1197
3.86
戸田山和久 2014年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学入門と言っても有名な哲学者(プラトンやデカルトやハイデガーとか)は出てこない。中心的に扱われるのはミリカンなどの現代哲学者である。物理と精神を分ける二... もっと読む

NHKブックス 論文の教室 レポートから卒論まで

937
3.87
戸田山和久 2010年5月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごくわかりやすい。 どこに目を向ければいいのか掴みやすかった。 もっと早く出会ってれば成績もっと良かったのにとちょっと後悔 もっと読む

教養の書 (単行本)

903
4.41
戸田山和久 2020年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校の勉強が始まる前に読んでおきたかった本。 自分はもうアラサーですが。 今まで勉強することは苦痛に感じることが多かったですが、この本を読み始めてから勉強... もっと読む

科学哲学の冒険 サイエンスの目的と方法をさぐる (NHKブックス)

890
3.80
戸田山和久 2005年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 科学哲学の入門書。科学哲学を専門にしている大学教師の「センセイ」と二人の学生(つまりリケジョのリカさんと現代思想オタクのテツオくん)の三人による対話形式... もっと読む

「科学的思考」のレッスン 学校では教えてくれないサイエンス (NHK出版新書)

781
3.99
戸田山和久 2011年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。科学の本筋をわかり易く書かれてあったと 思います。私でも理解できる内容だったので。 科学とは何か。科学的な思考とは。科学が担う役割。 科... もっと読む

論理学をつくる

678
3.75
戸田山和久 2000年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

論理学の時間に教科書指定されたので購入。論理学についてはまったくのど素人だった私にも理解できた。だんだん論理学が広がっていくような構成で、無理なく読み進め... もっと読む

思考の教室: じょうずに考えるレッスン

365
3.64
戸田山和久 2020年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近、若いひとたちと話すと”考える”という言葉の内容が「思いつくのを待つ」になっていることを感じることが時々ある。確かに”考える方法”を学ぶことがない中で... もっと読む

恐怖の哲学 ホラーで人間を読む (NHK出版新書)

362
3.58
戸田山和久 2016年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒトは何故、怖さを愉しもうとするのか、 また、 フィクションだとわかっていながら 真剣に怖がることができるのか ……という疑問に哲学的にアプローチ... もっと読む

NHK 100分 de 名著 レイ・ブラッドベリ『華氏451度』 2021年6月 (NHK100分de名著)

293
4.13
戸田山和久 2021年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 作品内にちりばめられた対比の構造が面白かった。たぶん、解説が無ければ気づかなかったであろうレトリック 暗喩についてまでも解説されたので、たいへん濃密な読... もっと読む

知識の哲学 (哲学教科書シリーズ)

252
3.38
戸田山和久 2002年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書で考える問いはどんなものか。以下のような場面を想像してみよう、という筆者の提案からはじまる。 * あなたと弟が学校から帰ってきたら、テーブルの上にき... もっと読む

最新版 論文の教室: レポートから卒論まで (NHKブックス 1272)

218
4.22
戸田山和久 2022年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最新版が出たと知り早速復習&アップデート。論文はアウトラインを育てていくものである、との本書の核心は変わらず、デジタル化に合わせ情報検索、文献・資料探しの... もっと読む

新版 論文の教室 レポートから卒論まで (NHKブックス)

190
4.42
戸田山和久 電子書籍 2012年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

卒論を書く時期なので、念のためにと読んでみたがかなり分かりやすかった。 今までの大学生活では何となく文章を書いて成績をもらっていたが、この本を読んでいれば... もっと読む

哲学入門 (ちくま新書)

190
3.33
戸田山和久 電子書籍 2014年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「哲学入門」(戸田山和久)を読んだ。 うーーー、私なんぞが気安く手を出してしまっていいはずがない本じゃんか! 戸田山先生ごめんなさい。 私は哲学を役立てる... もっと読む

[高等教育シリーズ] 成長するティップス先生 (高等教育シリーズ)

116
4.13
池田輝政 2001年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今までの人生で、面白かった授業や講義ってどのくらいあるだろう。 ほとんどないといっていいんじゃないか? この本は、かなり実践に則してかかれているので、... もっと読む

議論の技法

99
4.75

感想・レビュー

ディベート(論証)におけるトゥールミン・モデルの基本書。 データと結論を論拠(warrant)が結ぶ。 より分かりやすい本として、 「新版 議論... もっと読む

思考の教室

85
3.23
戸田山和久 電子書籍 2020年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子供に話しかけるような文体で分かりやすい。 「論理的な愚か者になってはいけない。」というのは肝に銘じておきたい。 似非科学の主張の仕方(屁理屈)につい... もっと読む

科学的実在論を擁護する

75
1.00
戸田山和久 2015年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

↓貸出状況確認はこちら↓ https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/BB00249791 もっと読む

形式論理学―その展望と限界

71
3.67

感想・レビュー

興味深いが、難しくて理解しきらない。 もっと読む

恐怖の哲学 ホラーで人間を読む NHK出版新書

64
4.00
戸田山和久 電子書籍 2016年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 恐怖はなんらかの危険にさらされた時に抱く感情であり、通常は不快感を伴う。ではなぜホラーが娯楽として成り立つのか? ホラー映画の中の怪物は実在していないと... もっと読む
全44アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×