戸高一成のおすすめランキング

プロフィール

呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長。1948年、宮崎県生まれ。多摩美術大学卒業。財団法人史料調査会主任司書、同財団理事、厚生労働省所管「昭和館」図書情報部長を歴任。著書に『戦艦大和復元プロジェクト』『[証言録]海軍反省会』『聞き書き・日本海軍史』『海戦からみた太平洋戦争』など。編・監訳に『戦艦大和・武蔵 設計と建造』『秋山真之戦術論集』『マハン海軍戦略』。共著に『日本海軍史』『日本陸海軍事典』『日本海軍はなぜ誤ったか』など。

「2015年 『「戦記」で読み解くあの戦争の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

戸高一成のおすすめランキングのアイテム一覧

戸高一成のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『あの戦争になぜ負けたのか (文春新書)』や『昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか (文春新書)』や『日本海軍はなぜ過ったか――海軍反省会四〇〇時間の証言より』など戸高一成の全60作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

あの戦争になぜ負けたのか (文春新書)

192
3.31
半藤一利 2006年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今現在の現状を理解するのに先の大戦ってとても重要だと思う。例えば、開戦の理由は石油をアメリカに止められたのが直接の要因で、エネルギーに関しては当時とあんま... もっと読む

昭和陸海軍の失敗―彼らはなぜ国家を破滅の淵に追いやったのか (文春新書)

190
3.63
半藤一利 2007年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 視察先への移動時間に読むために、本棚からぱっと選び出して鞄の中に放り込む。三年ほど前の本ではなかったか。再読。  ちょっと左傾かなと思われる半藤一... もっと読む

日本海軍はなぜ過ったか――海軍反省会四〇〇時間の証言より

90
3.61
澤地久枝 2011年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●:引用 →:感想 鼎談なので総論のようなものは分かるが、結論ははっきり分からなかった。 ●「海軍の失敗を過去のことと語らず、現代への教訓を探す。その... もっと読む

徹底検証 日清・日露戦争 (文春新書)

83
3.32
半藤一利 2011年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史オンチが勉強したくて買って、そのまま積んどいた本。読みやすくて良いです。坂の上の雲読んだのはもう随分昔で詳細忘れていますが、その事実検証もしています。... もっと読む

海戦からみた太平洋戦争 (角川oneテーマ21)

73
3.75
戸高一成 2011年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●:引用 →:感想 ●アメリカの国民は、義務として兵役につき、戦争に参加している。同時にすべての兵士は国家に対して、生命の安全に関して最善の努力を払うこ... もっと読む

零戦と戦艦大和 (文春新書)

68
3.21
半藤一利 2008年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦前の日本の考え方、対応方法について考えさせ、現在の日本の在り方を考えさせられる本。 おすすめ。 もっと読む

[証言録]海軍反省会

57
4.09
戸高一成 2009年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 先の戦争については、「なぜあんな無謀な戦争に突入したのか」との疑問をつねづね持っていたが、本書を読んで、専門家である「海軍士官」たちが当時どのように考え... もっと読む

日本海軍はなぜ過ったか――海軍反省会四〇〇時間の証言より (岩波現代文庫)

49
3.50
澤地久枝 2015年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

澤地氏は忸怩たる思いだったでしょう。 海軍反省会が貴重な証言となったのは、反面教師的なものでしょう。 もっと読む

戦艦大和復元プロジェクト

41
3.33
戸高一成 2005年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)」の館長が著した1/10スケールの大和製作プロジェクトの秘話。この施設には今年の春に訪れ、件の大和も実際に見てきた... もっと読む

事例研究 日本と日本軍の失敗のメカニズム―間違いはなぜ繰り返されるのか

35
3.12
猪瀬直樹 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確かに負けるべくして負けた戦争。まきこまれた国民はたまったものではないな。ひどく負けた原因は以下と思われる。 ・中立国のアメリカを敵に回した ・陸軍、... もっと読む

社説対決・五番勝負 (中公新書ラクレ (235))

32
2.78
諏訪哲二 2007年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり朝日は・・・。 もっと読む

愛国者の条件―昭和の失策とナショナリズムの本質を問う

21
3.29
半藤一利 2006年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全体的に日本の海軍が重点的に語られたり論じられていて、どういう意図かわからないけど、書名の内容にはなっていないと思う。 戸髙一成さんが日本の海軍史研... もっと読む

知識ゼロからの日清日露戦争入門

19
3.00
戸高一成 2009年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中の漫画はほとんど「日露戦争物語」のですね。一部描き下ろしもありましたが・・・。江川達也はもう続き描かないんでしょうかねえ。 もっと読む

聞き書き・日本海軍史

16
4.00
戸高一成 2009年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京都目黒区の海軍大学校跡の建物を本拠とした、財団法人資料調査会。昭和53(1978)年、海軍文庫を開設したその会には、あたかも旧海軍の佐官クラスの倶楽部... もっと読む

知識ゼロからの日本の戦艦

13
3.00
戸高一成 2015年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白いし、分かりやすい。昔も実戦となると、かなり真面目に考えていたことが分かる。 もっと読む

日本海海戦 かく勝てり

10
4.33
半藤一利 2004年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

坂の上の雲はあくまでも、フィクション。こちらが真実 もっと読む
全60アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする