折原一のおすすめランキング

プロフィール

埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。編集者を経て1988年に『五つの棺』でデビュー。1995年『沈黙の教室』で日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞。叙述トリックを駆使した本格ミステリーには定評がある。『倒錯のロンド』『倒錯の死角』『倒錯の帰結』など「倒錯」シリーズのほか『叔母殺人事件』『叔父殺人事件』『模倣密室』『被告A』『黙の部屋』『冤罪者』『侵入者 自称小説家』『赤い森』『タイムカプセル』『クラスルーム』『グランドマンション』など著書多数。

「2021年 『倒錯のロンド 完成版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

折原一のおすすめランキングのアイテム一覧

折原一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『倒錯のロンド (講談社文庫)』や『倒錯の死角 (講談社文庫)』や『冤罪者 (文春文庫)』など折原一の全280作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

倒錯のロンド (講談社文庫)

1547
3.42
折原一 1992年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

疲れました~(^_^; 「どんでん返しがすごい!」と聞きまして、勇んで手に取ってしまいましたが······ もっと読書レベルを上げてから読むべきでし... もっと読む

倒錯の死角 (講談社文庫)

608
3.34
折原一 1999年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 アルコール中毒の翻訳家・大沢芳男の家から見えるのは、新社会人・清水真弓の部屋。毎晩その部屋をこっそり覗き見る大沢、見られていることを感じながら日記をつけ... もっと読む

冤罪者 (文春文庫)

562
3.50
折原一 2000年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長い。上に重い……さらにあんまり救いがない 主人公が軽薄だなー。クズはどうなってもクズだなー。って思いながら読んでた。 犯人は真ん中くらいでなんとなく想像... もっと読む

異人たちの館 (文春文庫)

540
3.45
折原一 2016年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み応え抜群(ページ数がすごい)。 個人的に折原さんの叙述ミステリは大好きなのと、小松原淳がどういう生涯だったのか気になって一気読み。 ある程度予想つくと... もっと読む

沈黙の教室 (ハヤカワ文庫JA)

410
3.34
折原一 1997年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

続きが気になって、ページをめくる手が止まらなかった。 最後は、なんかスッキリしない気もするけど、 なかなか楽しめた。 もっと読む

沈黙者 (文春文庫)

370
3.15
折原一 2004年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H29.04.29 読了。 初折原一作品。 たまたま図書館で見かけて借りてみた。 どんなどんでん返しかと思いきや、 なんだこりゃ〜。。。 うわー、す... もっと読む

異人たちの館 (講談社文庫)

354
3.24

感想・レビュー

読み終わった後の、なんと言えない物悲しさは何なのだろう? あっと驚くようなトリックがある訳でもなく、殺人事件が幾度か起こるが惨たらしい状況でも無い。 ... もっと読む

グランドマンション (光文社文庫)

328
3.10
折原一 2015年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

折原さんの魅力を味わえる、一冊。 面白かった。「グランドマンション一番館」を舞台にした連作短編集。 高齢者を中心とした住人たちが起こす数々のトラブル、そ... もっと読む

誘拐者 (文春文庫)

314
3.35
折原一 2002年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは徹夜本だった。 新生児誘拐事件から始まる物語だけど、プロローグから仕掛けがあったとはなぁ。叙述トリックの名手・折原一だけに注意して読んでいたんだけ... もっと読む

天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記(1) (講談社文庫)

286
2.74
折原一 2011年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

各章がどういう形でゲームオーバーになっていくのか気になりながら読んでいましたが、これなら同作者のファンレターという作品の方が断然面白かったです。 もっと読む

赤に捧げる殺意 (角川文庫)

281
3.14
有栖川有栖 2013年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有栖川有栖、折原一、太田忠司、赤川次郎、西澤保彦、霞流一、鯨統一郎、麻耶雄嵩の8編アンソロジー。残念ながら特出した作品はないが、メルカトルを久々に読めたの... もっと読む

倒錯の帰結 (講談社文庫)

274
3.01
折原一 2004年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

倒錯の帰結 清水真弓 30 山本と同じマンション 山本安雄 30 作家。私。 大島良江 40 新見家に住み込み。 大島梅吉 47 良江の夫 多々良英助 5... もっと読む

黒い森 (祥伝社文庫)

272
2.77
折原一 2010年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

推理小説なんだけど、作者の遊び心というのか本全体ヲ使って楽しませてくれる。 もっと読む

タイムカプセル (講談社文庫)

258
2.69
折原一 2012年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔のキレがない もっと読む

グランドマンション

256
3.13
折原一 2013年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これぞ折原一の真骨頂といった作品でした。 個性豊かなマンション住人たちが織りなす、8つのショートストーリーで構成されていて、どれも奇想天外な結末を迎える... もっと読む

行方不明者 (文春文庫)

252
3.08
折原一 2009年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2009年119冊目 もっと読む

タイムカプセル (ミステリーYA!)

251
3.03
折原一 2007年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「告!栗橋北中学校・三年A組卒業生の選ばれ死君たち」と記された奇妙な手紙が、十年前、タイムカプセルを埋めたメンバーのもとに、つぎつぎ届く。 消し去りた... もっと読む

七つの棺―密室殺人が多すぎる (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

237
3.17

感想・レビュー

全部密室。基本パロディ。素人横綱の体育館での死、屋敷の書斎に白骨死体2つ、核シェルターと呪いの死、作家の消失、2年後に現れるバラバラ死体、本陣殺人事件の本... もっと読む

黒い森

233
2.66
折原一 2007年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表からでも裏からでも読めて最後に袋とじを読むという手法は斬新でしたが、生存者編から読まないと絶対に損をする作りでした。それなら普通の作りでいいかと。これが... もっと読む
全280アイテム中 1 - 20件を表示

折原一に関連する談話室の質問

ツイートする
×