斎藤栄のおすすめランキング

プロフィール

1933年生。小説家。『殺人の棋譜』で江戸川乱歩賞。『魔法陣』シリーズなど。

「2021年 『カチカチ山殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斎藤栄のおすすめランキングのアイテム一覧

斎藤栄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カチカチ山殺人事件: 昔ばなし×ミステリー【日本篇】 (河出文庫)』や『殺人の棋譜 (講談社文庫 さ 3-1)』や『江戸川乱歩賞全集(6)天使の傷痕 殺人の棋譜 (講談社文庫)』など斎藤栄の全1459作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カチカチ山殺人事件: 昔ばなし×ミステリー【日本篇】 (河出文庫)

152
3.00
伴野朗 2021年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1989年11月河出書房新社刊のお伽噺ミステリー傑作選の改題新装版を2021年1月河出文庫刊。カチカチ山殺人事件:伴野朗、猿かに合戦:都筑道夫、怨念の宿:... もっと読む

江戸川乱歩賞全集(6)天使の傷痕 殺人の棋譜 (講談社文庫)

26
3.50
西村京太郎 1999年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸川乱歩賞 (収録作品)「天使の傷痕」西村京太郎(1965/11回)/「殺人の棋譜」斎藤栄(1966/12回) もっと読む

イエス・キリストの謎 (徳間文庫)

16
3.45

感想・レビュー

なんというか、奇想天外な説を物語の上では納得させるのはいい。 さすが斎藤栄かなあ。 もっと読む

リレー・ミステリー 京都旅行殺人事件 (集英社文庫)

13
3.00
山村美紗 1985年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(収録作品)京都旅行殺人事件(西村京太郎・山村美紗)/悪魔の賭(斎藤栄・山村美紗・小林久三) もっと読む

真夜中の意匠: <新装版> (徳間文庫)

13
3.00
斎藤栄 2019年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アリバイを崩したと思ったらまたアリバイが出てくる。 手品のような繰り返しが面白い。 取り調べと捜査を繰り返すのがやや短調だが、まったく古さを感じないし、... もっと読む

奥の細道殺人事件 (集英社文庫)

12
3.50
斎藤栄 1977年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学の国文科講師・三浦八郎の一人息子が工場廃液から生じる有毒ガスのために倒れた。激怒する三浦は復讐を誓う。芭蕉忍者説と公害問題を結びつけ、推理小説の新分野... もっと読む

殺人の棋譜 (徳間文庫)

11
2.50

感想・レビュー

乱歩賞第12回。最高位戦の寸前に愛娘を誘拐されてしまった棋士の話。家族愛ですな。 全体的に地味な印象かな。2時間ドラマに最適。 もっと読む

真夜中の意匠 (集英社文庫)

9
2.80
斎藤栄 1991年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

可もなく不可もないといった感じでさくっと読める。早い段階で容疑者は絞られるのだが、もう少し迷走してもよかったのでは? アリバイ崩しの導入部分は身構えて読ん... もっと読む

横浜ランドマークタワーの殺人 (講談社文庫)

9

感想・レビュー

僕の地元ランドマークで起きた事件。一体結末とは? もっと読む

水の魔法陣(上) (水の魔法陣) (集英社文庫)

9
3.25
斎藤栄 1983年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誘拐された人工透析が必要な医師の娘。いろいろな伏線や、水にまつわる様々な事件。ラストのどんでん返し。かなり古い時代設定だが面白く読める。 もっと読む

花の魔法陣 (集英社文庫)

8
1.00
斎藤栄 1999年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真部の妻・八重子は亡き夫と息子の菩提を弔うべく、二人を知る女性達を高遠の観桜会に招いた。しかしその夜、大月芽芽が離れの観桜閣で何者かに殺害された。 周り... もっと読む
全1459アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×