斎藤環のおすすめランキング

斎藤環のおすすめランキングのアイテム一覧

斎藤環のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『メディアは存在しない』や『家族の痕跡 いちばん最後に残るもの (ちくま文庫)』や『ひきこもり文化論』など斎藤環の全182作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

メディアは存在しない

87
3.04
斎藤環 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<BLOCKQUOTE> 「メディア=メッセージ」のテーゼを穏当に言い換えるなら、メディアはメッセージの文脈を部分的に決定する、ということになる。同じ報せ... もっと読む

家族の痕跡 いちばん最後に残るもの (ちくま文庫)

87
3.41
斎藤環 2010年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「家族」この奇妙な共同体  冒頭《「家族」この奇妙な共同体には、実に多くの矛盾と逆説が詰め込まれている。家族は、絶望であって希望である。》と始まって《「... もっと読む

ひきこもり文化論

86
3.41
斎藤環 2003年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さまざまに書き込んできたものをあつめた。 文化論というよりも、 よせあつめかも。 もっと読む

ユリイカ2008年12月号 特集=母と娘の物語 母/娘という呪い

84
3.53
萩尾望都 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容的には 萩尾望都先生と斎藤環先生の対談 少女まんがと「母殺し」の問題 信田さよ子先生と上野千鶴子先生の対談 スライム母と墓守娘 資料 母と娘の物... もっと読む

世界一やさしい精神科の本 (河出文庫)

84
3.40
斎藤環 2014年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

対象が若い学生なのかも知れないが、文体が奇妙でほとんど頭に入ってこない。 コミュニケーション障害や挙動不審な人が多いので少し理解したかったが、よく分からな... もっと読む

子育てが終わらない 「30歳成人」時代の家族論

81
3.48
小島貴子 2012年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「よい結果を早く決めなければならない」という思いに縛られている。 自分で決められたものでよいという風にはならなくて、皆がよいと思う決断が最善であって、自分... もっと読む

解離のポップ・スキル

77
3.26
斎藤環 2004年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめて斉藤環に出会った本。うわー、こんなおもしろい精神科医がいるんだーと、うれしくなった。 まず題名が良いよ。 『解離のポップスキル』。お気に入りの... もっと読む

博士の奇妙な成熟 サブカルチャーと社会精神病理

77
3.50
斎藤環 2010年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サブカルを精神病理的視点から解説。  東浩紀の精神分析批判の批判とか。  患者さんの治療的ダブルバインドを生かしたしかり方とか、ちょっとしたTIPSの方が... もっと読む

ひきこもりから見た未来

77
2.94
斎藤環 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひきこもり問題中心の政局・時評単文集。 もっと読む

世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析 (角川文庫)

77
3.29
斎藤環 2015年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんとなく、途中で放置。 「災害に諦めがついているように、人の突然の感情に諦めがついていたりというのは神道の良い氏子ってことじゃないのか。だから、ヤ... もっと読む

脳と心―クオリアをめぐる脳科学者と精神科医の対話

76
2.69
茂木健一郎 2010年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

対往復書簡。常に最新は更新されているので、最新の成果を元に話しているかどうかは別にして知っている範囲で厳密に話す感じが良かった。クオリアは可能か? みたい... もっと読む

別冊100分de名著 「日本人」とは何者か? (教養・文化シリーズ)

74
4.22
松岡正剛 2015年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「「日本人」とは何者か?」松岡正剛・赤坂真理・斎藤環・中沢新一著、NHK出版、2015.04.25 167p ¥972 C9410 (2017.10.3... もっと読む

「ひきこもり」救出マニュアル

72
3.40
斎藤環 2002年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者提唱するひきこもりシステム模式図上の実践の数々。「いつでもここで君を支援してるよ」メッセージが熱い。 もっと読む

文学の断層 セカイ・震災・キャラクター

71
3.56
斎藤環 2008年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

間をおいて、再読を心掛けます。 咀嚼が不足です。 もっと読む

原発依存の精神構造―日本人はなぜ原子力が「好き」なのか

71
3.79
斎藤環 2012年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はずかしながら,"原発"に不感症なじぶんがどうしてそうなのか知りたくて,読んでみた.原発に不感症というのは無関心ということではなくて,反原発・脱原発の主張... もっと読む

猫はなぜ二次元に対抗できる唯一の三次元なのか

68
3.25
斎藤環 2015年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんと吸引力のあるタイトル! …といっても、猫に関する話題は序文とあとがきのみで、残りは雑誌に掲載されたポップカルチャー論です。 取り上げられてい... もっと読む

被災した時間―3.11が問いかけているもの (中公新書 2180)

67
3.41
斎藤環 2012年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 メディアでも活躍する精神科医の著者が、3.11以後、新聞・雑誌に発表してきた震災と原発事故をめぐる文章を集めたもの。  短い新聞コラムもあれば月刊誌... もっと読む

「ひきこもり」救出マニュアル〈理論編〉 (ちくま文庫)

65
3.83
斎藤環 2014年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

祝文庫化! 筑摩書房のPR 「「ひきこもり」治療に詳しい著者が、Q&A方式で、ひきこもりとは何か、どう対応すべきかを示している。すべての関係者に贈る明日... もっと読む

関係の化学としての文学

63
3.67
斎藤環 2009年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 斎藤環先生の文学論。ただ桐野夏生の小説の関係性が批評の中核で、ぼくはというと、最近の桐野夏生の小説が全然面白く感じられないので、評論のほうもおもしろく読... もっと読む

現代思想 2016年10月号 緊急特集*相模原障害者殺傷事件 (青土社)

59
4.11
上野千鶴子 2016年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年7月26日、相模原の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた殺傷事件について、様々な立場の人が論考を寄せている。優生思想から述べているのが多い。 ... もっと読む
全182アイテム中 41 - 60件を表示
ツイートする