新井文彦のおすすめランキング

プロフィール

1965年生まれ。きのこ写真家。初夏から晩秋にかけては、北海道釧路地方の阿寒湖に滞在し、ネイチャーガイドも行う。書籍、雑誌、広告などに写真提供多数。

「2020年 『きれいで ふしぎな 粘菌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井文彦のおすすめランキングのアイテム一覧

新井文彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『きのこの話 (ちくまプリマー新書)』や『毒きのこ 世にもかわいい危険な生きもの』や『粘菌生活のススメ: 奇妙で美しい謎の生きものを求めて』など新井文彦の全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

きのこの話 (ちくまプリマー新書)

145
3.83
新井文彦 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

某「ほぼ日」HPで楽しみにみている「きのこ」の話。 主に北海道阿寒湖周辺の森の、きのこや粘菌たちの写真がたくさん載っていて、見ていてたのしい一冊でした。... もっと読む

毒きのこ 世にもかわいい危険な生きもの

116
4.37
新井文彦 2014年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

え、昔、家族親類総出で秋にきのこ狩りに行って、採って昼は鍋っこでキノコ汁食べていたけど、スギタケやスギヒラタケを食べていただけに、今は毒キノコ指定というの... もっと読む

粘菌生活のススメ: 奇妙で美しい謎の生きものを求めて

90
4.15
新井文彦 2016年5月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほぼ日刊イトイ新聞で毎週菌曜日に「きのこの話」を連載する新井文彦さんは、阿寒のネイチャーガイドもしている。 ねんきんは奥が深い。北海道大学にも、イグノー... もっと読む

きのこのき きになるきのこのきほんのほん

67
4.00
新井文彦 2015年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

写真家の「キノコ」の撮り方を、初めて見た一冊。/「キノコは、美しく、可愛く、気持ち悪く、恐ろしく、天使の様な、悪魔の様な、★良いも悪いも超越した、魅力的な... もっと読む

もりの ほうせき ねんきん (ふしぎいっぱい写真絵本 33)

57
4.33
新井文彦 2018年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装丁・デザイン/画工舎;林四郎 もっと読む

ねん菌(へんけい菌) (菌の絵本)

10
3.00
新井文彦 2019年3月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

賢い単細胞生物、変幻自在な粘菌の絵本。 "粘菌は、つまり粘菌という生きもの"(p12)らしい。 形態を変えて風に乗り水を泳ぎ自力で地を這うなんかよ... もっと読む

毒きのこ 世にもかわいい危険な生きもの

1
新井文彦 電子書籍 2014年10月31日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 960
食べちゃだめ、触っちゃだめ……¥n森に息づくキュートでフシギな魔物¥n¥nかわいい姿に毒を秘める、魅力あふれる毒きのこを... もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示
ツイートする
×