新井紀子の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧

プロフィール

新井 紀子(あらい のりこ)
1962年、東京都小平市生まれの研究者。国立情報学研究所社会共有知研究センター長・教授。専門は数理論理学、遠隔教育。東京都立国立高等学校、一橋大学法学部を経てイリノイ大学数学科に留学し、同大学数学科大学院修士課程に進学。1990年に修士号を取得。帰国後の1994年に一橋大学法学部を卒業、専業主婦を経て広島市立大学情報科学部助手に着任。1997年東京工業大学博士。2006年から国立情報学研究所教授。
代表作に『AI vs.教科書が読めない子どもたち』。同作で2018年日本エッセイスト・クラブ賞、山本七平賞を受賞している。

新井紀子の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧のアイテム一覧

新井紀子の電子書籍のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で電子書籍が並んでいます。
Amazon KindleやBookLive!、ブックパスなどで発売されている『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』や『コンピュータが仕事を奪う』や『ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)』など新井紀子の全45作品から、ブクログユーザの本棚登録数が多い電子書籍がチェックできます。

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

1990
4.17
新井紀子 2018年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

AIが搭載されたロボットは東大に合格できるのか?、という意欲的な目標に挑んだ「東ロボくん」プロジェクトのディレクタを務めた数学者が、日本の教育に鳴らした警... もっと読む

コンピュータが仕事を奪う

555
3.65
新井紀子 2010年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「数学は言葉」等の著作をもつNIIの新井教授の本。本書では、数学史、科学技術史、コンピュータ史を紐解きつつ、人工知能の主な分野における技術解説をしている。... もっと読む

ほかの誰も薦めなかったとしても今のうちに読んでおくべきだと思う本を紹介します。 (14歳の世渡り術)

398
3.27
雨宮処凛 2012年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の好きな作家さんが、どんな本を14歳向けにお薦めしているか、興味を持って読み始め、これが見事にはまった。 これは面白い。 一番最初に登場する角田光... もっと読む

数学は言葉―math stories

375
3.84
新井紀子 2009年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018 http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA91458... もっと読む

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

261
3.44
新井紀子 2007年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なるほどー!と読みつつ、後半はなかなか高度。 数学的な考え方を教えてくれます。 もっと読む

ロボットは東大に入れるか (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

218
3.70
新井紀子 2014年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

AIが生活に不可欠になっている、また急激な勢いで進化しているにも関わらず、法整備を含め一向に社会政治的な議論が深まらない現状に警鐘をならしている。 例え... もっと読む

生き抜くための数学入門 (よりみちパン!セ)

168
3.55
新井紀子 2011年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数学とはどういう学問かの本質に深く迫る本。かなりロジカル。入門と書いてあるが、高校までの教科書レベルの知識がないと読んでて面白くないかも。 もっと読む

経済の考え方がわかる本 (岩波ジュニア新書)

150
3.33
新井明 2005年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「幸せの形は一つではありません。幸せになるために必要なものも一つではありません。 でも、幸せになるために使うことができる資源には共通性があるのです。 ... もっと読む

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

150
4.40
新井紀子 電子書籍 2018年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正しいAIの理解と、正しいAIとの向き合い方を、わかりやすく解説してくれる良本。 誤った理解による危機感を誘導する、多くの著者に対するアンチテーゼを剥き... もっと読む

ほんとうにいいの? デジタル教科書 (岩波ブックレット)

124
3.78
新井紀子 2012年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ICT技術を使った公教育がどう変化して、 そのメリット、デメリットがわかりやすく書いてある。 印象的なポイントは、 教育ソフトが消費者用(バナー広告... もっと読む

計算とは何か (math stories)

99
3.65
新井紀子 2009年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おそらく高校生か大学生くらいを想定読者として書かれた数学の読み物。主眼は計算とは何かを考察することを通じて、日頃学んでいる数学がそれぞれどう関連しているか... もっと読む

数学にときめく―あの日の授業に戻れたら (ブルーバックス)

85
3.27
新井紀子 2002年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 各章のタイトルを挙げると、例えば「佐藤さんのいないクラス」「お母さんを侮ってはいけない」「トイレに関する重大問題」など、ちょっと面白そうだと思いませんか... もっと読む

ハッピーになれる算数 (よりみちパン!セ)

62
3.71
新井紀子 2011年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とてもいい内容が含まれていると思うが、中学受験の算数では、方程式は基本的には使わずに線分図や面積図を使うなど、この本とは違うアプローチをとるので、小学生に... もっと読む

現代思想2012年11月臨時増刊号 総特集=チューリング

51
3.78

感想・レビュー

2014/10ぱらぱらめくってみた。チューリング映画の予習のつもりだったけれど、伝記的な要素はあまりなく。チューリングパターン、マシン、テストの多方面から... もっと読む

現代思想 2015年12月号 特集=人工知能 -ポスト・シンギュラリティ-

48
3.71
新井紀子 2015年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寄稿は石黒浩、茂木健一郎、竹内薫、ドミニク・チェン他。思想の課題は既に「ポスト」シンギュラリティへ。さらに12.1発売のWIRED(VOL.20)も特集が... もっと読む

改訂新版 ロボットは東大に入れるか (よりみちパン! セ)

33
4.50
新井紀子 2018年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロボットがこれからの人間社会にどんなインパクトを与えるのか。救世主になるのか奴隷の主人になるのか。何ができて何ができないのか、その現在地と近い将来の到達点... もっと読む

アメリカ流 7歳からの行列―目で見てわかる! (ブルーバックス)

32
3.17

感想・レビュー

汚れのない子どもに数学の面白さを伝えるという意味で成功している本かもしれない。でも、数学アレルギーの大人が、やり直そうと思って読むと、ほとんど役に立たない... もっと読む
全45アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする