新井素子のおすすめランキング

プロフィール

1977年「あたしの中の・・・・・・」が奇想天外新人賞佳作に入賞し、デビュー。以後『いつか猫になる日まで』『結婚物語』『ひとめあなたに・・・』『おしまいの日』などを発表。1999年に発表した『チグリスとユーフラテス』が第20回日本SF大賞を受賞。

「2020年 『絶対猫から動かない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井素子のおすすめランキングのアイテム一覧

新井素子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『チグリスとユーフラテス 上 (集英社文庫)』や『グリーン・レクイエム (講談社文庫)』や『吾輩も猫である (新潮文庫)』など新井素子の全307作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

チグリスとユーフラテス 上 (集英社文庫)

834
3.62
新井素子 2002年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

是非、下巻まで読んでほしい。 はじめは読みやすいんだけど、だんだん謎が多かったりして嫌になってくる。だけど下巻の最終章でレイディ・アカリがでてくるところ... もっと読む

グリーン・レクイエム (講談社文庫)

784
3.59
新井素子 1983年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実家で再読。表紙絵が高野文子で可愛い。表題作は中編ながらやはり名作。長編になりそうな設定をギュッと凝縮したことでよりリリカルさが際立った感じ。光合成できる... もっと読む

吾輩も猫である (新潮文庫)

698
3.26
赤川次郎 2016年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏目漱石没後100年&生誕150年記念出版。 猫好きな8人の作家さんのアンソロジー。 ということで、すべて猫目線で書かれています。 どの作家さん... もっと読む

チグリスとユーフラテス 下 (集英社文庫)

681
3.69
新井素子 2002年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何とも言えない甘やかな読後感。SF的な設定といえば「惑星間移民」「コールドスリープ」この2つくらいであり、これは将来地球の辿る道ではないかと思えてならない... もっと読む

チグリスとユーフラテス

605
3.78
新井素子 1999年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地球での生活に適応出来なくなった人達が、惑星ナインに移住して作った社会のお話。 もぉ、ルナって言う奇妙なオバァチャンが主人公なんやけど、、、。 色々と... もっと読む

ひとめあなたに… (角川文庫)

599
3.68
新井素子 1985年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実家で再読。地球に巨大隕石が衝突することが判明、終末までの期限は1週間。交通はストップし自暴自棄な人々が暴走する中、江古田に住む圭子は鎌倉に住む恋人の朗に... もっと読む

星へ行く船―ロマンチックSF (集英社文庫―コバルトシリーズ 75B)

587
3.77
新井素子 1981年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が 本好きになったきっかけの本 新井素子さんの 星へ行く船シリーズです 全部で 5巻完結で   「 星へ行く船 」 「 通りすがりのレイデ... もっと読む

おしまいの日 (新潮文庫)

512
3.38

感想・レビュー

夫のことを愛し続ける妻。しかし夫は忙しすぎたのです。 幻猫、白い虫、おしまいの日。 サイコホラー。 妻が精神的におかしくなっていく、と見せかけて実はそうじ... もっと読む

ひとめあなたに… (創元SF文庫)

441
3.80
新井素子 2008年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだのはこの版じゃなかったけど、これを登録しておこう。 昔、従兄から何冊か借りて読んだ新井素子の本のうち、 唯一ちゃんとストーリーを記憶している作品... もっと読む

そして、星へ行く船 (コバルト文庫)

428
3.76
新井素子 1987年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

星へ行く船シリーズ最終巻 読んだはずなんだけどあんまり覚えてなかったな~ たぶん今迄みたいに大事件がなかったからだろうけど、、、。 読み返し... もっと読む

通りすがりのレイディ (集英社文庫 コバルトシリーズ 75-D)

423
3.78
新井素子 1982年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

星へ行く船シリーズ2作目。 水沢事務所のみんな大好きだわ。 そしてレイディが素敵すぎる、かっこよいわ(*^-^*) あゆみちゃんの猪突猛進ぶりも... もっと読む

逆恨みのネメシス (コバルト文庫)

386
3.59
新井素子 1986年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

星へ行く船シリーズ第4弾。といっても完結してなくて、「そして、星へ行く船」に「つづく」のだけれど。 おじいちゃん最高、。そして黒木が出てきたのは何か... もっと読む

グリーン・レクイエム/緑幻想 (創元SF文庫)

367
3.70

感想・レビュー

新井さんの文体はラブコメのような作品だと、シックリくるんですが、シリアスな内容には合わない気が。今ひとつ入り込めませんでした。 もっと読む

カレンダー・ガール (集英社文庫―コバルトシリーズ 75-E)

364
3.62
新井素子 1983年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ラストシーンまじか・・・太一郎さんの「俺のだ!〜」発言が好きです。 もっと読む

もいちどあなたにあいたいな

363
3.10

感想・レビュー

すんごい久しぶりに新井素子らしい本を読んだ気がする。 でも、ちょっと物足りないかなぁ。 やっぱりと言って良いのか分らないけど、いちばんハマってた時期の作品... もっと読む

今はもういないあたしへ… (ハヤカワ文庫JA)

343
3.54

感想・レビュー

ネプチューン、今はもういない私へ…の二編収録。 私はネプチューンの世界観に惹かれた。 荒廃した海に、突如現れたネプチューン。 男女の恋模様の不確... もっと読む

星へ行く船シリーズ1星へ行く船

335
3.86
新井素子 2016年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青春ど真ん中時代に読んで世界観に憧れた本。 麻子さんのようになりたくて、 みんなが敬遠するお茶汲みを楽しみながらやってた覚えがある。 麻子さんのよう... もっと読む

星から来た船(上) (星から来た船シリーズ) (コバルト文庫)

327
3.46
新井素子 1992年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

星へ行く船シリーズ 番外編 1992年発刊 懐かしいなぁという感じ 太一郎さんと水沢所長、初対面 プラス、麻子さんと、レイディもみんな登場の 始まりの... もっと読む

…絶句〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

311
3.97
新井素子 2010年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新井素子作品20年ぶりに再読。20年ぶりでも、やっぱりおもしろかった! そういう作品はめったにない。新井作品のなかでもイチオシ。 もっと読む
全307アイテム中 1 - 20件を表示

新井素子の関連サイト

新井素子に関連する談話室の質問

ツイートする