新井見枝香のおすすめランキング

プロフィール

新井見枝香(あらい みえか)
東京都出身、1980年生まれ。アルバイトで書店に入社し、契約社員数年を経て、現在は正社員として勤務、某書店文庫売場に勤める成り上がり書店員。文芸書担当が長く、作家を招いて自らが聞き手を務める「新井ナイト」など、開催したイベントは300回を超える。独自に設立した文学賞「新井賞」は、同時に発表される芥川賞・直木賞より売れることもあり、文庫解説や帯コメントなどの依頼も多い。テレビやラジオの出演も多数。
エッセイ『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』がヒット。出版業界の専門紙「新文化」連載「こじらせ系独身女子の新井ですが」を元にした二冊目の単行本、『本屋の新井』を2018年10月に発行。

新井見枝香の関連サイト

新井見枝香のおすすめランキングのアイテム一覧

新井見枝香のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』や『本屋の新井』や『本屋の新井』など新井見枝香の全5作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

探してるものはそう遠くはないのかもしれない

316
3.20
新井見枝香 2017年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よぉく知っている食いしん坊ちゃんと、今まで知らなかった素顔のみえかちゃんがここにいた。文字通り素顔の、というか素肌の。 本屋大賞の舞台にも、嵐の翔くんと出... もっと読む

本屋の新井

296
3.59
新井見枝香 2018年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現役書店員の本への愛情が伝わってくる。そして短い中にクスリとさせる文章がうまい。 時折紹介されている本も思わず検索してみたりして、まんまと乗せられてしまっ... もっと読む

本屋の新井

6
4.00
新井見枝香 電子書籍 2018年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

意外と乾いた感じがよかった。 もっと読む
全5アイテム中 1 - 5件を表示
ツイートする