新庄嘉章のおすすめランキング

新庄嘉章のおすすめランキングのアイテム一覧

新庄嘉章のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『椿姫 (新潮文庫)』や『女の一生 (新潮文庫)』や『肉体の悪魔 (新潮文庫)』など新庄嘉章の全179作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

椿姫 (新潮文庫)

1612
3.87
デュマ・フィス 1950年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高級娼婦である美しいマルグリットは馬車や宝石などの高級なものに囲まれた生活を送っていたが、それらは虚栄のもので、本当の愛情を前にしたら価値がないということ... もっと読む

女の一生 (新潮文庫)

1059
3.54
モーパッサン 1951年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生のころ、私は活字中毒だった。 とにかく、本であればなんでも読みたくて・・・母が借りてきていた、女の一生を読み、見つかって怒られた。 小学... もっと読む

肉体の悪魔 (新潮文庫)

1026
3.63
ラディゲ 1954年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フランスの近代小説。 第一次大戦中、少年が人妻に狂ったお話。 一種の私小説的な印象を受けた。 作家は否定しているようだが。 太宰なんかはカッコつけて書... もっと読む

アドルフ (新潮文庫 コ 2-1)

120
3.33
コンスタン 1954年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生きるための古典 もっと読む

モンテ=クリスト伯(1) (講談社文庫)

98
4.62
A・デュマ 電子書籍 1974年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子供の頃からの愛読書。 何回読んだかわからない。 「好きな本は?」と聞かれたら、真っ先にこの本が浮かぶ、おすすめ本です。 もっと読む

ジャン・クリストフ 1 (新潮文庫 ロ 2-1)

70
3.55

感想・レビュー

フランスのノーベル賞作家ロマン・ロランの代表作。ベートーヴェンをモデルにした天才音楽家の魂の遍歴を描く。 高校生のころ抄訳を読んで感動し、全訳版に挑... もっと読む

未完の告白 (新潮文庫 シ 2-6)

66
3.56
ジッド 1952年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先に『女の学校』『ロベール』を読んでおけばよかつた。 ひとつの家族のそれぞれから描いた一連の作品の中でも、娘からの書簡といふ形式である。 社会的には女性の... もっと読む

モンテ=クリスト伯(2) (講談社文庫)

65
4.18
A・デュマ 電子書籍 1975年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み出したら止まらない本。 長編ですが、最後まで飽きません。 もっと読む

モンテ・クリスト伯 1 (講談社文庫 て 3-1)

62
4.25
A.デュマ 1974年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★図書館だよりNo.55   十朱寧 先生(機械工学科)紹介図書  インタビューを読む https://www.sist.ac.jp/media/Le... もっと読む

モンテ=クリスト伯(3) (講談社文庫)

61
4.30
A・デュマ 電子書籍 1975年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これほどスマートで美しい復讐劇はあるだろうか。 デュマの船に乗ったら最後、一気に引き込まれる大作です。 もっと読む

モンテ=クリスト伯(4) (講談社文庫)

60
4.50
A・デュマ 電子書籍 1975年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

復讐劇の山場! モンテクリスト伯のこれまでの交友関係が全て伏線となって復讐劇を成し遂げていく。 並行して予期せぬ悲劇も発生し、話の綾が複雑に絡み合うところ... もっと読む

モンテ=クリスト伯(5) (講談社文庫)

59
4.67
A・デュマ 電子書籍 1975年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ストーリーは最終章へ。 幸福になるべき人物には、幸福が訪れるのだが、その道も簡単なものではなかったのだった。その辺が、ちょっとまどろっこしく感じるかもしれ... もっと読む

ジャン・クリストフ 2 (新潮文庫 ロ 2-2)

47
3.31
ロマン・ロラン 1969年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伯父の励ましで壁を越えたクリストフだったが、躍り出た自由な魂を待ち受けていたのは虚偽に満ちた社会だった。 発達障害。今の日本ならそんなレッテルを貼られて... もっと読む

モンテ・クリスト伯 4 (講談社文庫 て 3-4)

46
4.35
A.デュマ 1975年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いよいよ復讐のために蒔いたタ 種が表に出てきました。 子を思う母としては当然だけど、メルセデスにイライラ。 もっと読む

モンテ・クリスト伯 3 (講談社文庫 て 3-3)

45
4.18
A.デュマ 1975年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

復讐するためのタネをバラバラ蒔いている巻。 これからが本番。 以前出てきた人が思わぬところで繋がってくるので、しっかり読んでおかないと、混乱します。 もっと読む

モンテ・クリスト伯 5 (講談社文庫 て 3-5)

44
4.29
A.デュマ 1975年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長編だったが、どんどん先が気になり、飽きずに完読。4巻から伏線を回収していき、いよいよ復讐完了の5巻は早く先が知りたくてすぐに読んでしまった。この本の主題... もっと読む

ジャン・クリストフ 3 (新潮文庫 ロ 2-3)

42
3.36
ロマン・ロラン 1969年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋愛!それが自己献身の場合には、人間世界の中で最も神聖なものになる。だが、それが幸福あさりの場合には、最も愚劣で欺瞞的なものになる……。 「アントワ... もっと読む

二人の愛人 (新潮文庫 ミ 1-1)

37
3.23
ミュッセ 1952年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何の前情報もなくタイトルと裏表紙の紹介に惹かれて買った。 タイトルからしてどろどろの展開になるかと思ったが、主人公の友人と称する語り部を据えて、奇妙な恋... もっと読む
全179アイテム中 1 - 20件を表示

新庄嘉章に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×