新田次郎のおすすめランキング

新田次郎のおすすめランキングのアイテム一覧

新田次郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『山が見ていた (文春文庫 (112‐28))』や『梅雨将軍信長 (新潮文庫)』や『武田信玄 (2) 林の巻 (文春文庫)』など新田次郎の全592作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

山が見ていた (文春文庫 (112‐28))

75
3.37
新田次郎 1983年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山岳小説に定評のある作者だが、本短編集で山岳小説と言えるのは、「山靴」と「山が見ていた」の二作だけ。 文庫本の裏表紙に「新田ミステリー十五篇を収録した短編... もっと読む

梅雨将軍信長 (新潮文庫)

75
3.52
新田次郎 1979年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気象庁の公務員だった新田次郎は、季節や山の小説を多く書いている。 これは梅雨を利用し桶狭間に勝利した信長、日本アルプス越えで大損害を出した佐々成正など... もっと読む

武田信玄 (2) 林の巻 (文春文庫)

73
3.24
新田次郎 1974年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1988.03.05読了)(1987.11.16購入) (「BOOK」データベースより)amazon 天才的な智略によって、信濃の国を平定した信玄の... もっと読む

武田信玄 (4) 山の巻 (文春文庫)

73
3.22
新田次郎 1974年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ようやく、風、林、火、山と読み切った。この時代のことってほとんど分かってなかったので、面白かった。三方ヶ原ってこう云う戦いだったのね。これで今(16年)再... もっと読む

槍ケ岳開山 (文春文庫)

72
3.61
新田次郎 1977年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

播隆上人は笠ヶ岳と槍ヶ岳を開山しました という歴史からこのストーリーが紡ぎだされたんだろうが、面白い。 開山って単なる初登頂ではなく、頂上に仏像を設け... もっと読む

珊瑚 (新潮文庫)

67
3.64
新田次郎 1983年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2015.4.2(木)¥150+税。(-2割引き) 2015.8.12(水)。 もっと読む

新装版 富士に死す (文春文庫)

64
3.30
新田次郎 2004年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

富士講を修めた男の一生。 もっと読む

八甲田山死の彷徨

60
4.26
新田次郎 電子書籍 1978年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

八甲田山に遭難した隊と生きて帰った隊が対比で描かれており、教訓譚のように感じられました。指揮系統の混乱や雪に対する準備不足、進行のボトルネックを作ってしま... もっと読む

剣岳 ―点の記 (文春文庫)

55
4.19
新田次郎 1981年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おかたい文章かなと思ったらそうでもなく読みやすかった。 色んな自然現象から翌日以降の天気を言い当てたり、野草を摘んで味噌汁などに入れる人夫たちはすごいな... もっと読む

八甲田山死の彷徨 (1971年)

55
4.35

感想・レビュー

(1977.09.03読了)(拝借) 内容紹介 日露戦争前夜、厳寒の八甲田山中で過酷な人体実験が強いられた。神田大尉が率いる青森5聯隊は雪中で進退を協... もっと読む

新田義貞 (上巻) (新潮文庫)

45
3.77
新田次郎 1981年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長年、足利尊氏にいいところ持って行かれっぱなしだった上州の武者、新田義貞を主人公に据えた長編。 生来のお人よしが、功を奏すよりは足を引っ張っているのが泣... もっと読む

風雪の北鎌尾根 雷鳴 (新潮文庫 に 2-13)

44
3.71
新田次郎 1978年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもしろかったけど絶対登山だけはやらないでおこうって思った。 もっと読む

岩壁の掟 偽りの快晴 (新潮文庫 に 2-7)

43
3.73
新田次郎 1975年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

極限状況の中で露わにされる人間像。 もっと読む

新田義貞 (下巻) (新潮文庫)

42
3.69
新田次郎 1981年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鎌倉攻め以降は、、、華々しい活躍が無く、後味が悪かったです でも史実なのでしょうから、しょうがないですね もっと読む

チンネの裁き 消えたシュプール (新潮文庫 に 2-6)

42
3.00
新田次郎 1979年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山男に悪人はいないなんてほんとに信じられていたんだろうか。 もっと読む

新田次郎 山の歳時記 (ヤマケイ文庫)

42
3.78
新田次郎 2012年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新田次郎氏の、山への慈愛に満ちた随筆・紀行集。「いつだったか、駿河台の坂を登っていくと、上から、歩道のすみを伝うようにして下って来る人がいた。同じようなこ... もっと読む

劒岳〈点の記〉 (文春文庫)

37
3.83
新田次郎 電子書籍 2006年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

三角点の設置がいかに大変なことなのか、また今は多くの人が登ることができる劒岳がいかに険しい山なのか、そこに関わる人の心や自然の怖さや美しさがきめ細やかに描... もっと読む

雪の炎 (文春文庫 112-19)

34
3.18
新田次郎 1980年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

また山で人が死ぬ話。 でもリーダーだったしこの場合死なせるよりは死んだ方がましだったのでは。 もっと読む

ある町の高い煙突 (文春文庫)

34
4.11
新田次郎 2018年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞の書評で紹介されて読んでみた。日立に住んでいた事もあったがこの煙突の事は知らなかった。企業が地元と共存していく上での参考事例になるお話。 もっと読む
全592アイテム中 41 - 60件を表示

新田次郎に関連する談話室の質問

ツイートする