日和聡子のおすすめランキング

プロフィール

日和 聡子(ひわ・さとこ)詩人、作家。 1974年、島根県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。2002年、『びるま』(私家版、のち青土社)で第7回中原中也賞受賞。2012年『螺法四千年記』で第34回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『御命授天纏佐左目谷行』などがある。

「2015年 『[現代版]絵本 御伽草子 うらしま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日和聡子のおすすめランキングのアイテム一覧

日和聡子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)』や『ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ』や『御命授天纏佐左目谷行』など日和聡子の全24作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

源氏物語九つの変奏 (新潮文庫)

496
3.04
江國香織 2011年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

源氏物語を題材とした9つの作品を集めたアンソロジー。 ほぼ現代語訳というものもあれば、時代はそのままに面白おかしく喜劇に仕立てたもの、舞台を現代に置き換... もっと読む

ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ

245
3.23
江國香織 2008年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重要文化財の源氏物語絵巻を、薄紫の無地で惜しげもなく覆い 「九」の文字の部分だけ切り抜いてちらりと垣間見せるという、なんとも贅沢な表紙! 表紙を捲ると、見... もっと読む

御命授天纏佐左目谷行

167
3.24
日和聡子 2014年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で、タイトルが読めず気になる。 手に取ったら、装丁がヒグチユウコさんじゃないですか!借りる!! というわけで、あらすじも評判も作者さんも全く知ら... もっと読む

kaze no tanbun 特別ではない一日

156
3.73
我妻俊樹 2019年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

+++ この本はあなたの本棚のために特別に作られました──。 西崎憲がプロデュースする短文集シリーズ〈kaze no tanbun〉第一弾。現代最高の... もっと読む

[現代版]絵本 御伽草子 うらしま (現代版 絵本御伽草子)

118
3.16
日和聡子 2015年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒグチユウコさんの絵目当てで読了。 話はわけがわからん。「浦島太郎」が下敷きなのは題名からも承知できるけど、なんだってその妹が主人公なんだ。 続けて出... もっと読む

螺法四千年記

40
3.14
日和聡子 2012年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「螺法四千年記」(日和聡子)を読んだ。こういうの好きだなあ。いろいろな物事の境界線が曖昧に滲んでいくような感じがたまらない。眼差しが優しく暖かい。私はアル... もっと読む

校舎の静脈

39
3.20
日和聡子 2015年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったです。 小川洋子さん選の短編集で気になった詩人の小説です。 こちらの方が、以前読んだお話よりも柔らかい印象ですが、でもどこか不安定で不穏なと... もっと読む

瓦経 (Coffee Books)

28
4.00
日和聡子 2009年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金井田英津子が絵を描いていることも手伝って、『夢十夜』の雰囲気を持つ短編集。漱石の幻想はむしむしと重苦しいものがあるのに比べて、日和さんの幻想はさらりとし... もっと読む

びるま

21
3.45

感想・レビュー

圧倒的な言葉の存在感 どうせなら いつそのこと フランス語やイタリヤ語であつたらよかつたのに そうすれば 意味など考えずに 言葉のみを楽しめたじやないか... もっと読む

日和聡子詩集 (現代詩文庫)

16
4.00
日和聡子 2014年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、2階開架 請求記号:911.56//G34//204 もっと読む

文学2016 (文学選集)

16
3.80
青山七恵 2016年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家の力量というか見せ場、ツール・ド・フランスで言ったらタイムトライアル日? 今まで読んだ事が無かった作家の掘り起こしにアンソロジーは最適。 敢えてベスト... もっと読む

虚仮の一念

8
3.80

感想・レビュー

「田螺の述懐」 「七夕」 「紅葉狩図」 「維新」 「虚仮の一念」 もっと読む

火の旅

8
2.50
日和聡子 2007年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川洋子さんの短篇箱から気になる作家をピックアップ!あるんですねぇ図書館には…ということで日和さん2冊ゲットの1冊目。 期待に胸膨らませページを捲るも「梅... もっと読む

風土記

1
単行本: 91ページ 出版社: 紫陽社 (2004/11) 発売日: 2004/11 もっと読む
全24アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする