早見和真のおすすめランキング

プロフィール

1977年、神奈川県生まれ。2008年、『ひゃくはち』で作家デビュー。同作は映画化、コミック化されベストセラーとなる。14年、『ぼくたちの家族』が映画化、15年、『イノセント・デイズ』が第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した。他著に『スリーピング・ブッダ』『東京ドーン』『6 シックス』『ポンチョに夜明けの風はらませて』『小説王』『神様たちのいた街で』などがある。

「2018年 『95 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

早見和真のおすすめランキングのアイテム一覧

早見和真のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『イノセント・デイズ (新潮文庫)』や『店長がバカすぎて』や『店長がバカすぎて (ハルキ文庫 は 15-1)』など早見和真の全78作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

イノセント・デイズ (新潮文庫)

6703
3.87
早見和真 2017年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R1.7.25 読了。  『正義は一つじゃないかもしれないけど、真実は一つしかないはずです。放火殺人で死刑を宣告された田中幸乃。彼女が抱え続けた、あ... もっと読む

店長がバカすぎて

6543
3.58
早見和真 2019年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020年度の本屋大賞9位だった作品で、ビブリオストーリーが好きなので、読んでみたかったのですが、いつみても図書館が予約でいっぱいで、今になってやっと読む... もっと読む

店長がバカすぎて (ハルキ文庫 は 15-1)

3779
3.63
早見和真 2021年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本が大好きな契約社員の主人公が、店長と理不尽なお客様に翻弄されながらも、奮闘する姿が描かれた全6話のエンタメ連作短編集。 著者の作品は本作で2作目。 前... もっと読む

イノセント・デイズ

843
3.71
早見和真 2014年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恵まれない境遇で成長した田中幸乃は長じて放火殺人事件を起こし死刑判決を受け執行を待つ身だが、抗うでもなく寧ろ心待ちにしているように見受けられる。彼女は果た... もっと読む

笑うマトリョーシカ

766
3.88
早見和真 2021年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仕事しながらも、早く帰って続き読みたいなあって思った本は久しぶり。 これは政治小説じゃなくて人間の歪みとか、心理を書いた作品のように感じた。 私にと... もっと読む

ザ・ロイヤルファミリー

638
3.70
早見和真 2019年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

親から子へと夢がつながる馬主、そして馬の物語。馬主でありワンマン社長である山王の秘書となった栗栖、競馬のことはほとんど知らない。馬の産地、競馬場、調教に足... もっと読む

ぼくたちの家族 (幻冬舎文庫)

605
3.64
早見和真 2013年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家族が病気になった。 それは今までバラバラだった家族を、唯一つないでいた母親。 それを機に、少しずつ何かが変わっていく─── それまで好き勝手に... もっと読む

ひゃくはち (集英社文庫)

555
3.62
早見和真 2011年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

甲子園を目指す名門高校、控え選手を描いた傑作。筆者のデビューだが完成度高し。 「あの夏の正解」が素晴らしかったので筆者のデビュー作も読んでみました。 ... もっと読む

あの夏の正解

385
3.54
早見和真 2021年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり強豪校のスタメンになるような選手って、そして将来その道で活躍していくような選手って、精神的にもすごく大人びている。達観している。しっかりとした軸が... もっと読む

ひゃくはち

358
3.55
早見和真 2008年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日読んで面白かった「店長がバカすぎて」をきっかけに他作品も読みたくなり作者の小説デビュー作である当作品を読んだけど何と非凡なデビュー作♪ 某有名野球校... もっと読む

小説王

276
3.76
早見和真 2016年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙が怖いけど、作家と編集者の熱いドラマで一気に読めます。 この2人が小学校の同級生というのもいい流れですし、家族との関係も織り交ぜながら、変な落とし穴... もっと読む

小説王 (小学館文庫)

255
3.64
早見和真 2019年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レビューを拝見して知った本です。ありがとうございます。 前半は、小学校の同級生だった編集者の小柳俊太郎と小説家の吉田豊隆が、二人でなんとか豊隆の小説... もっと読む

イノセント・デイズ(新潮文庫)

235
3.70
早見和真 電子書籍 2017年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

WOWOWのドラマの予告を観て印象的だったので手に取りました。 雪乃の過去を辿っていくとあまりにも理不尽で、 可哀想でならなくて胸の詰まる思いが... もっと読む

砂上のファンファーレ

219
3.39
早見和真 2011年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ぎりぎりのバランスの上に成り立つ家族。 一見平和な関係を装っているけれど、 誰もが自分を優先し、 他の家族の気持ちや状況を受け止めたり、理解しようと... もっと読む

6 シックス (集英社文庫)

191
3.85
早見和真 2015年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

舞台は東京六大学。 早稲田大学野球部のエースピッチャー・星隼人。 ”銀縁くん”の愛称で親しまれるスター選手と、同じ時代を過ごした学生たちの物語。 ... もっと読む

95

185
3.70
早見和真 2015年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

早見和真さんを読むのは2作目。 緊急事態宣言が出て、天気も悪くて寒い、鬱々した3連休に楽しく気分転換できる1冊でした。 1995年の渋谷の街と高校生の雰囲... もっと読む

かなしきデブ猫ちゃん (集英社文庫)

135
3.60
早見和真 2021年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もう題名と表紙のもふもふ猫ちゃんだけで手に取ったよね。かなしきデブ猫ちゃん。デブ猫ちゃん可愛い…ってなったよね。 捨て猫カフェで飼い主であるアンナと出... もっと読む

スリーピング★ブッダ

119
3.10
早見和真 2010年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思った展開ではないけど若者の葛藤が描けていて面白かった。もっと深く人物を掘って欲しかったかな。 もっと読む

神さまたちのいた街で

119
3.34
早見和真 2017年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本で宗教談義をするのはとても難しいです。 同じ宗教を信じていない限りは、何らかトラブルやバツの悪い想いをするに違いありません。昔から不用意に宗教の話をし... もっと読む

スリーピング・ブッダ (角川文庫)

114
3.27
早見和真 2014年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本の後ろに「青春パンク小説」とあり、このイラストなので、とても気楽に読める小説だろうと。 たしかに気楽に読めた。 「人間にはどうして宗教が必要なのか」を... もっと読む
全78アイテム中 1 - 20件を表示

早見和真に関連する談話室の質問

ツイートする
×