星川淳のおすすめランキング

プロフィール

作家・翻訳家。インドやアメリカで自学の道を歩み、82年より家族と屋久島で”半農半著”の暮らしを続けた。現在は国際環境保護団体グリーンピースジャパン事務局長。

「2006年 『どうして勉強するの?お母さん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星川淳のおすすめランキングのアイテム一覧

星川淳のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史』や『地球生命圏―ガイアの科学』や『日本はなぜ世界で一番クジラを殺すのか (幻冬舎新書)』など星川淳の全55作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史

343
4.08

感想・レビュー

一気に読みました!あるネイティブアメリカンの一族の来歴を記したものなのですが、その長さがすごい。推定一万年以上。これも、はっきりと伝え始めてからの年数で、... もっと読む

地球生命圏―ガイアの科学

99
3.52
J. Lovelock 1984年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 地球の生命圏を象徴するものをギリシャ神話の母なる大地から「ガイア(Gaia)」と呼称し、地球が宇宙に誕生してからどのように地球環境やそこに棲む生命が発達... もっと読む

日本はなぜ世界で一番クジラを殺すのか (幻冬舎新書)

63
3.12

感想・レビュー

捕鯨反対のグリーンピースの立場にありながら、個人の立場から論争の決着を図ろうとする以下のような姿勢も示している。 ・捕鯨反対側の「1頭たりとも殺させ... もっと読む

注目すべき人々との出会い

59
3.33
G.I.グルジェフ 1981年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

所々刺さった もっと読む

ガイアの時代―地球生命圏の進化

56
3.20
J.ラヴロック 1989年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ガイア仮説の提唱者自身による解説本。 徹頭徹尾科学的な考察、という態度が貫かれている。 これを読んだ上で「ガイアの意思が云々」とか言い出す人は... もっと読む

調査報告 チェルノブイリ被害の全貌

53
3.83

感想・レビュー

福島医大蔵書検索/震災関連コーナーにあります http://www-lib.fmu.ac.jp/mylimedio/search/search.do?ta... もっと読む

パックス・モンゴリカ―チンギス・ハンがつくった新世界

50
3.84

感想・レビュー

「パックス」とはラテン語で「平和」を意味する。つまり本書は「モンゴル支配による平和」となる。残虐非道なイメージの強いモンゴル帝国に対し、新しい視座を与える... もっと読む

オールウェイズ・カミングホーム〈上〉

41
3.70

感想・レビュー

舞台が2万年後のカリフォルニアだという設定をしばしば忘れてしまうような物語。インディアンのような生活を送っているシンシャンの少女の物語がメインとなるが、間... もっと読む

新版 天使のおそれ―聖なるもののエピステモロジー

40
3.50

感想・レビュー

む、むずかしー!でも面白いと感じるフレーズがいくつかあった。コミュニケーションと倫理、見えざる規則性が司るユニティ、ことばにされない相互関係から立ち現れる... もっと読む

星の航海師―ナイノア・トンプソンの肖像

37
3.95

感想・レビュー

ポリネシアの伝統的な航海技術を習得し、双胴の帆走カヌー「ホクレア号」で星と風を頼りに30年前にハワイ〜タヒチの航海をなしとげたナイノア・トンプソン。生まれ... もっと読む

魂の民主主義―北米先住民・アメリカ建国・日本国憲法

30
3.58

感想・レビュー

今現在もアメリカの中にイロコイ族の領土が在り、そこでは合衆国憲法第6条によって守られている治外法権が認められている。イロコイ連邦のパスポートが有効であり入... もっと読む

オールウェイズ・カミングホーム〈下〉

29
4.00

感想・レビュー

緻密な世界設定にただただ圧倒されるばかり。しかし、下巻の半分は資料集みたいな感じになっているので、とにかく読みづらい。私は興味のあるところだけ読んだ。だっ... もっと読む

ベーリンジアの記憶 (幻冬舎文庫)

25
4.50

感想・レビュー

馬毛島(鹿児島県西之表市)に 核廃棄物の中間貯蔵施設をつくらせない闘いを している屋久島に住まれている星川氏を知ることになった。 そして、ニライ... もっと読む

暴走する文明―「進歩の罠」に落ちた人類のゆくえ

23
3.63

感想・レビュー

文明は常に定常的に進化するわけではなく、退化することもある。それは戦争や自然災害、疫病ばかりでなく、農耕や灌漑や放牧や都市化、工業化などなどの理由からも起... もっと読む

内なる島―ワタリガラスの贈りもの

23
4.00

感想・レビュー

アメリカ西海岸の自然と野生動物の中での暮らしと冷たい海でのサーフィンと釣りや狩りの様子が面白い。 もっと読む

知恵の三つ編み

21
4.40

感想・レビュー

2011.01.29- 自分の中に答えを見つけてごらん。必ず見つかるから。 どうも気が急いて、早く読み進めてしまう。もっとゆっくり読みたい。 ... もっと読む

イマジン9―想像してごらん、戦争のない世界を。

20
3.63
星川淳 2007年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現在の国連憲章が、広島、長崎に原爆が落とされる前に作られていた事実を知って、驚いた。その分、日本国憲法の前文と9条は、さらに輝いて見えた。 もっと読む

小さな国の大いなる知恵

17
3.80

感想・レビュー

アメリカ合衆国の中に存在するネイティブアメリカンの独立国、イロコイ連邦。 私達とも遠い祖先を同じにしているかもしれない、イロコイの人々への興味はつきませ... もっと読む

イラク戦争―元国連大量破壊兵器査察官スコット・リッターの証言 ブッシュ政権が隠したい事実

15
3.60

感想・レビュー

技術力を保持していたということは、もし誰も見ていなければ、イラクにそれができたであろうという意味。あらゆる設備、施設、研究成果を失って、彼らはゼロから出発... もっと読む
全55アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×