星新一のおすすめランキング

プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

星新一のおすすめランキングのアイテム一覧

星新一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ボッコちゃん (新潮文庫)』や『未来いそっぷ (新潮文庫)』や『きまぐれロボット (角川文庫)』など星新一の全635作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ボッコちゃん (新潮文庫)

7085
3.93
星新一 1971年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原子力問題、官僚の不祥事隠し、ホームレスの問題、等々…解決しなければいけないことがたくさんある世の中。たまには、何もかも捨てたくなる時もある。 しかし、... もっと読む

未来いそっぷ (新潮文庫)

3768
3.65
星新一 1982年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく読みやすい。のと、SFものがすごく面白い。最初は「なんだか子どもっぽいな」とか思っていた。けど、じわじわと魅力にハマってきている。 巻末の解説に「な... もっと読む

きまぐれロボット (角川文庫)

3438
3.60
星新一 2006年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さくさく読めて面白い. 1編が数ページと短いので,もう1つ,もう1つだけと読んでたらあっという間に読了. 本当は夜寝る前に少しずつ読む予定だったのに(笑) もっと読む

ブランコのむこうで (新潮文庫)

2832
3.40
星新一 1978年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この手の文体は好みではないんだけれども、読み進めるとまあ面白い面白い。 SF?ファンタジー?そういうジャンルに手を出さなかったので新鮮でした。 短く文... もっと読む

ようこそ地球さん (新潮文庫)

2708
3.75
星新一 1972年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『星新一 1001話をつくった人』を読んだのがきっかけに、久しぶりに星新一のショートショートを読んだ。 本書は同時に電子書籍でも読んだ。というより、寝る前... もっと読む

悪魔のいる天国 (新潮文庫)

2441
3.69
星新一 1975年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりの星新一。 軽快な読書スピードで読めるショートショートで面白かった。 最後の「帰郷」は悲しいストーリーで映画にしてみたい傑作。 もっと読む

妄想銀行 (新潮文庫)

2093
3.71
星新一 1978年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日、星新一作品がドラマ化されていたので久しぶりに。壇蜜さんも好きらしい。 「古風な愛」が好きですね。 もっと読む

ノックの音が (新潮文庫)

1809
3.71
星新一 1985年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サスペンス、スリラーからコメディーまで、『ノックの音がした』の一行から始まる15のショートショート…短編集かな。 数ページの中に、それぞれに相応しい... もっと読む

マイ国家 (新潮文庫)

1723
3.69
星新一 1976年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お友達のご紹介で読んでみた、星新一。 これはいい。愉快。 読書嫌いに、ショートショートのこの文章量はたいへんありがたい。 けれど、短い中に、素敵に、... もっと読む

おせっかいな神々 (新潮文庫)

1593
3.51
星新一 1979年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

懐かしいです。 中学生の頃、読んだんじゃなかったかな。 確かこれが、私の「初星新一」でした。 私はこの中の「隊員たち」という話に出てくるペットの名前「... もっと読む

宇宙のあいさつ (新潮文庫)

1426
3.55
星新一 1977年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年振りに再読しました。何回読んでもおもしろいし、読む度に発見があります。 敢えて世界観を抑えるというか、無駄な演出をしないストイックな感じも好きです。 もっと読む

ちぐはぐな部品 (角川文庫)

1364
3.60
星新一 2006年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和47年に初版されたものなんて信じられないです。まるで未来を予想しているかのようで曳引き込まれした。特に「凍った時間」「神」「鬼」「壁の穴」に引き込まれ... もっと読む

声の網 (角川文庫)

1316
3.73
星新一 2006年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本の中の「電話」を自然と2016年現在の「インターネット」に置き換えて感情移入しました。 読み替えていると「ありえないことでもないんじゃない?」みたい... もっと読む

地球から来た男 (角川文庫)

1184
3.79
星新一 2007年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カドフェスの「かまわぬ」カバーが欲しくて購入(^^;)しかし星新一さんの作品はいつ読んでも違和感なく、色褪せないな~(*^▽^*)それとも自分が作品と共に... もっと読む

〆切本

1182
3.53
夏目漱石 2016年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治の文豪から最近の作家(西加奈子)まで、〆切にまつわるエッセイなどを集めたアンソロジー。 よくぞここまでの文章を集めたな。脱帽。 それぞれの作家... もっと読む

午後の恐竜 (新潮文庫)

1181
3.81
星新一 1977年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題の「午後の恐竜」が読みたくて図書館で借りました。 ブラックだったりゾッとさせられたり、やっぱり星新一は面白い。「午後の恐竜」の他には「おれの一座」もか... もっと読む

おのぞみの結末 (新潮文庫)

1144
3.61
星新一 1976年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

結末が予測できない期待以上の超短編! という感じ。 もっと読む

妖精配給会社 (新潮文庫)

1141
3.68
星新一 1976年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ただのファンタシーじゃ終わらない もっと読む

盗賊会社 (新潮文庫)

1075
3.65
星新一 1985年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このブラックさが好きなんだなー。 もっと読む

ひとにぎりの未来 (新潮文庫)

1038
3.54
星新一 1980年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々に読みたくなり、オススメを読んでみました。 読み応えあり、堪能しました。 印象的な作品が多い中、「涙の雨」はタイムリーすぎて(笑)。某号泣議員が頭... もっと読む
全635アイテム中 1 - 20件を表示

星新一に関連する談話室の質問

ツイートする