星野盛久のおすすめランキング

プロフィール

1948年、栃木県生まれ。一橋大学社会学部卒業。大手自動車会社で長年海外のディストリビューターおよび国内ディーラーの経営指導に当たる。その後、国内ディーラーの社長を務めるかたわら、邪馬台国の研究を継続。邪馬台国についての果てしない議論に決着がつかないのは、根拠のない持論を強弁する研究が多いことにあるとし、アテスタビリティ―(検証可能性)を重視する立場をとっている。
従来の魏志倭人伝の解釈のみに偏った方法ではなく、考古学、人類学をはじめ、気候学、統計学、海洋科学、地理学、天文学など、諸科学の成果を踏まえた合理的、客観的アプローチで邪馬台国の謎の解明に挑んでいる。
現在、大分県で活動する「歴史と自然を学ぶ会」の常任講師を勤め、古代史をテーマに講座を持っている。また「全国邪馬台国連絡協議会」会員として論文を発表。古代の宇佐神宮を舞台にした小説も発表している。著書に論文『難民がつくった国「倭国」』、「『邪馬台国』、その結論」、小説『黄金の百済』などがある。

「2021年 『天翔ける水軍』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星野盛久のおすすめランキングのアイテム一覧

星野盛久のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「邪馬台国」、その結論』や『天翔ける水軍』など星野盛久の全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

全2アイテム中 1 - 2件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×