景山民夫のおすすめランキング

プロフィール

1948年3月20日生まれ。
主な著書
『さよならブラックバード』(1999、 文庫、角川書店 )
『どんな人生にも雨の日はある』(1999、ブロンズ新社)
『ハッピーエンドじゃなけりゃ意味がない』(1999、ブロンズ新社)
『KIKOの冒険』(1999、ブロンズ新社)
『野鼠戦線』(1999、文庫、徳間書店)
『』
『オンリー・イエスタデイ』(1998、文庫、角川書店)
『途中で、ごめん。』(1998、マガジンハウス)
『エル・ドラードの鷲』(1998、中央公論)
『 仰天旅行』(実業之日本社)
『九月の雨—トラブル・バスター4 』(1998、文庫、徳間書店)
『さよならブラックバード』(1998、角川書店)
『パンドラの選択』(1998、文庫、中央公論社)
『リバイアサン1999』(1997、 文庫、角川書店 )
『ハイランド幻想』(1997、文庫、中央公論社)
『ホワイトハウス』(1997、文庫、角川書店)
『時のエリュシオン』(1997、幸福の科学出版)
『 宗教に入るひとの心が分かりますか?—新新宗教と精神療法』(共著、1996、弓立社)
『スターティング・オーバー』(1996、文庫、中央公論社)
『トラブル・バスター〈3〉国境の南』(1996、文庫、徳間書店)
『すべては愛に始まる』(1996、角川書店)
『野鼠戦線』(1996、徳間書店)
『トラブル・バスター』(共著、1996、同文書院)
『東へ三度、西へ二度』(1996、マガジンハウス)
『トラブル・バスター』(1995、文庫、徳間書店)
『俺とボビー・マギー』(1995、文庫、徳間書店)
『サラマンダー』(1995、ベネッセコーポレーション)
『この人に逢いたかった!〈上〉』(1995、文庫、中央公論社)
『この人に逢いたかった!〈下〉』(1995、文庫、中央公論社)
『だから何なんだ』(1995、文庫、朝日新聞社)
『パンドラの選択』(1995、中央公論社)
『九月の雨』(1995、徳間書店)
『ハイランド幻想』(1994、中央公論社)
『チュウチュウ・トレイン』(1994、角川書店)
『普通の生活』(1994,文庫、朝日新聞社)
『ボルネオホテル』(1993、文庫、角川書店)
『スターティング・オーバー—僕の1991年』(1992、ブロンズ新社)
『 遠い海から来たCOO』(1992、 文庫、O角川書店)

「1993年 『僕の憲法草案』 で使われていた紹介文から引用しています。」

景山民夫のおすすめランキングのアイテム一覧

景山民夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『遠い海から来たCOO (角川文庫)』や『遠い海から来たCOO(クー)』や『短編伝説 愛を語れば (集英社文庫)』など景山民夫の全138作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

遠い海から来たCOO (角川文庫)

754
3.67
景山民夫 1992年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海岸の堤防で寝転んで読みました。 静かな波の音の向こうから、 COOが顔を覗かせてきそう。 もっと読む

遠い海から来たCOO(クー)

215
3.76

感想・レビュー

  ── 景山 民夫《遠い海から来たCOO 198804‥ 角川書店》直木賞 http://booklog.jp/users/awalibrary/... もっと読む

短編伝説 愛を語れば (集英社文庫)

163
3.50
江國香織 2017年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

様々な時代、世代の作家による様々な“愛”についての傑作短編アンソロジー。19編の作品が楽しめます。 初めての作家もあれば、景山民夫、中島らもの既読短編も... もっと読む

虎口からの脱出 (新潮文庫)

155
3.79

感想・レビュー

脱出劇が始まると面白くなってくるんだけど、それまでが長い。 満州事変をよく知ってると、前半も楽しめるかも。 もっと読む

ボルネオホテル (角川ホラー文庫)

135
2.95

感想・レビュー

ブックオフホラー特集から。ひたすらホラーに耽るの巻。でもこれはダメ。そもそも自分、スーパーナチュラル系にはゾワゾワしない、って時点で本作の怖さは半減。それ... もっと読む

普通の生活 (角川文庫)

115
3.63

感想・レビュー

二十代に読んだエッセイの再読だ。 時代の流れを感じるものの面白さとエッセンスの利かせ方は素晴らしい。 これを読んだ時に世界を旅したいと思っていたことが... もっと読む

ONE FINE MESS―世間はスラップスティック

102
3.36

感想・レビュー

「景山民夫」のエッセイ集『ONE FINE MESS―世間はスラップスティック』を読みました。 「景山民夫」作品は4年前に読んだ『遥かなる虎跡』以来... もっと読む

短編伝説 旅路はるか (集英社文庫)

84
3.50
川端康成 2017年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編アンソロジーの第三弾、男と女の物語を核に恋愛を直球とし変化球を混ぜた「めぐりあい」、エッセイという危険球を混ぜた「愛を語れば」、そしてこの本は選者が1... もっと読む

どんな人生にも雨の日はある (新潮文庫)

82
3.25

感想・レビュー

この人ももう鬼籍に入っちゃったんだなあ。なんだかしみじみしてしまいますが、中身の方はしみじみどころか腹筋が田の字に割れるの確実の抱腹絶倒の内容です。 楽... もっと読む

ティンカーベル・メモリー (角川文庫)

80
3.46
景山民夫 1997年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういう考え方もあるんだなぁーと思った、色々と優しいし、辛いし、考えちゃう作品。 苦手な人は苦手かも。ちょっと宗教に確固たる信念がある人は読まないでくだ... もっと読む

トラブル・バスター (角川文庫)

74
3.37

感想・レビュー

今の世の中で、景山民生さんを記憶している方がはたして何人いるだろう。 テレビでよく分からないまま芸人さんと戦ったりイジめたりしている、"放送作家"と... もっと読む

遥かなる虎跡 (新潮文庫)

65
3.67

感想・レビュー

「景山民夫」の『遥かなる虎跡』を読みました。 「景山民夫」作品は昨年の4月に再読した『遠い海から来たCOO』以来ですね。 -----story--... もっと読む

極楽TV (新潮文庫)

61
2.86

感想・レビュー

勿論各論となると固有名詞が古すぎるのだけれど、総論としては今でも(今でこそ?)通用すると思った。 成長してないのね、TV業界って。 もっと読む

ホワイトハウス (角川ホラー文庫)

58
2.72

感想・レビュー

ホラーと言うよりメルヘン。カントリーライフに憧れてしまう。 もっと読む

リバイアサン1999 (角川文庫)

57
3.42

感想・レビュー

景山民夫特有の宗教っぽい雰囲気がぷんぷん漂うが、とにかく面白い。 もっと読む

モンキー岬 (角川文庫)

57
3.63

感想・レビュー

景山民夫さんのワクワクする冒険小説。 日本でつまらない生活を送っていたダメ男2人組が、オーストラリアの片田舎で新しい人生に目覚める。影山さんのこういう作品... もっと読む

トラブル・バスター〈2〉俺とボビー・マギー (角川文庫)

51
3.38

感想・レビュー

トラブルバスターシリーズ2作目。各エピソードのキレが若干鈍った? いいところまで行くんだけど、ラストがどうも雑な感じ。惜しいなあ。 もっと読む

東京ナイトクラブ (角川文庫)

50
3.43

感想・レビュー

初期の短編集。毎月30枚の連載だったみたいです。どれも職人技ですが、たまにうまくオチていないものもあり、それもご愛嬌。筒井康隆っぽいスラップスティック調の... もっと読む
全138アイテム中 1 - 20件を表示

景山民夫に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×