曽根圭介のおすすめランキング

プロフィール

1967年、静岡県生まれ。早稲田大学商学部中退。漫画喫茶の店長などを経て執筆活動を開始。2007年「鼻」で日本ホラー小説大賞短編賞、同年『沈底魚』で江戸川乱歩賞を受賞。09年「熱帯夜」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。2011年『藁にもすがる獣たち』で第2回山田風太郎賞の最終候補作となる。トリックの効いた異色の作風で注目されている。

「2017年 『暗殺競売』 で使われていた紹介文から引用しています。」

曽根圭介のおすすめランキングのアイテム一覧

曽根圭介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『沈底魚 (講談社文庫)』や『鼻 (角川ホラー文庫)』や『NOVA 2---書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)』など曽根圭介の全47作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

沈底魚 (講談社文庫)

773
3.07
曽根圭介 2010年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スパイもの 苦手なんだよね~ 読んでて面倒くさくなっちゃうんだよね これは警視庁の外事二課の話なんだけど でも最後がカッコいいんで☆4 もっと読む

鼻 (角川ホラー文庫)

695
3.63
曽根圭介 2007年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どの作品も素晴らしい完成度。 この作品を読んでから本を読むことが好きになり、自分の好きなジャンルがわかるようになった。 先日上司にも貸し、高評価だったの... もっと読む

沈底魚

351
3.06
曽根圭介 2007年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホラー作家さんと思っていたので、公安やらスパイやらの内容で途中、何度も挫折しそうになった。 もっと読む

熱帯夜 (角川ホラー文庫)

329
3.75
曽根圭介 2010年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブラックユーモアなホラー小説。 今まで読んだ本の中で本作が一番好き。 熱帯夜のラストに向かって収束していくスピーディーさと最後の言い訳のオチがたまらなく好... もっと読む

あげくの果て

178
3.49
曽根圭介 2008年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

☤~高齢者懲兵制度~☤ ○年・○月より 70歳以上の全国民に兵役義務を課す。 召集令状は「お迎え」と呼ぶ。 従う老人、暴れる老人。 ... もっと読む

殺し屋.com (単行本)

156
3.52
曽根圭介 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

殺し屋たちが"殺し屋.com"という会員サイトに登録し、暗殺対象者をネットオークションにて入札。殺し屋を副業とする刑事、認知症の老人アカウントで殺しを請け... もっと読む

図地反転

153
3.24
曽根圭介 2009年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時間をかけて丁寧に書かれた作品なんだろうな... という印象の作品。単なる刑事ものと言う事でなく、 冤罪問題...その原因の一部に成りうるだろう人間の... もっと読む

藁にもすがる獣たち (講談社文庫)

149
3.43
曽根圭介 2013年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

身丈にあった生活をするべきなんだと思う。また、その時はよくても因果応報ですね。ラストの方は、おっ、そうきたかーって感じで中々面白く読めたけど、もう少しイン... もっと読む

本ボシ (講談社文庫)

147
3.37
曽根圭介 2012年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

曽根圭介先生の作品 8冊目読了。 伏線が随所に散りばめられてあり、読みごたえがある小説だった。 元警察官の宇津木が本ボシ"に辿り着くとは思わなかった… もっと読む

藁にもすがる獣たち

132
3.47
曽根圭介 2011年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2時間弱位の映画に合うようなテンポ良くまとまった話。面白かった。デリヘルの奥さんには、ただただ憐憫の念を禁じ得ない。 もっと読む

鼻 (角川ホラー文庫)

120
3.58
曽根圭介 電子書籍 2008年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「鼻」2回読まないと分からないが、理解するといろいろと怖いことが分かってくる。誰かに薦めたくなる1冊。 また必ず読もうと思う。 もっと読む

黒い波紋

116
3.10
曽根圭介 2017年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん面白くなかった。時間も止まらない。どこで止まるのか読み続けてそのまま終わってしまった。 もっと読む

腸詰小僧(ちょうづめこぞう) 曽根圭介短編集

84
3.58
曽根圭介 2019年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。曽根圭介は結構好きな作家の一人です。 二つの違うストーリーが同時進行していって、最終的に交錯して、意外な結末が明かされる…という同じようなパター... もっと読む

暗殺競売 (角川文庫)

66
3.63
曽根圭介 2017年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。ラストに向けて流石の展開。ブラックユーモアのある話を書かせたら一級品ですな。 もっと読む

工作名カサンドラ

65
3.38
曽根圭介 2015年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奥多摩で起きた事故車から瀕死の男性が発生され、青梅西署の刑事・荻は事件の捜査にあたる。一方、濡れ衣で自衛隊を追われることになった佐々岡は、ある男からの依頼... もっと読む

TATSUMAKI 特命捜査対策室7係

52
2.86
曽根圭介 2014年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごく軽いです。ミステリですが何も考えずにするっと最後まで読んでしまいました。主人公鬼切壮一郎の現部署に配属されるまでのいきさつのようなピリッと効いた部分... もっと読む

熱帯夜 (角川ホラー文庫)

36
3.75
曽根圭介 電子書籍 2013年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ついつい引き込まれる展開に、一気に読み終わってしまいました。 曽根圭介、良い小説を書いてくれますね! 飽き性の私なので、意外と途中で読むのを断念する本は... もっと読む

TATSUMAKI 特命捜査対策室7係 (講談社文庫)

34
3.56
曽根圭介 2016年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

警察小説としての雰囲気は悪くない。ただタイトルの元でもある女刑事のキャラが弱いかなぁ。現場をかき回すから竜巻なんでしょうけど、少し強引なところはあるものの... もっと読む

工作名カサンドラ (朝日文庫)

14
3.33
曽根圭介 2018年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

曽根圭介『工作名カサンドラ』朝日文庫。 興味そそられるプロローグから、焦れる展開が続く。山も無ければ、谷も無いストーリーに苛立ちが募る。曽根圭介と言... もっと読む
全47アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×