曽野綾子のおすすめランキング

プロフィール

1931年生まれ。聖心女子大学文学部英文科卒業。大学在学中から同人誌で執筆を始め、23歳の時「遠来の客たち」が芥川賞候補となり文壇デビューを果たす。1979年、ローマ教皇庁より「ヴァチカン有功十字勲章」を授章。1972~2012年まで海外邦人宣教者活動援助後援会代表を、1995~2005年まで日本財団会長を務めた。『誰のために愛するか』『老いの才覚』『人間にとって成熟とは何か』などヒット作多数

「2018年 『納得して死ぬという人間の務めについて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

曽野綾子のおすすめランキングのアイテム一覧

曽野綾子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)』や『老いの才覚 (ベスト新書)』や『人間の基本 (新潮新書)』など曽野綾子の全688作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

1620
3.13
曽野綾子 2013年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キリスト教の思想をベースに、著者が人間として成熟するとはどのようなことかを説く。年齢のせいか、流行りを極端に論じすぎている部分もあるが、「あるがままを受け... もっと読む

老いの才覚 (ベスト新書)

851
3.41
曽野綾子 2010年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

=積本・やっつけ月間= 取っつきにくかった。最初こそは「おおー」と思ったけどね。 うちの実母は日々、私に「お前は何にもしてくれない。お前は恐ろしい」と... もっと読む

人間の基本 (新潮新書)

725
3.48
曽野綾子 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が残り少ない人生の中で、残したいメッセージの一部だと感じ伝わってきました。ありがたい内容であり、教育として受け継いでいくべきものだと思います。少し突っ... もっと読む

「いい人」をやめると楽になる―敬友録 (祥伝社黄金文庫)

410
2.95
曽野綾子 2002年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いい人について知りたくて読書。 自分という幹しっかりと持っている人。 他者依存や他人を期待していると常に振り回される。 自分の内なる声や欲に... もっと読む

人間の分際 (幻冬舎新書)

388
2.95
曽野綾子 2015年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学生の頃から読んでいる本ですが、著者の曽野綾子女史がまだお元気で執筆されている嬉しい限りです。 二十年前の三十代前半の時はいざ知らず、50歳を超え... もっと読む

太郎物語 (高校編) (新潮文庫)

263
3.65
曽野綾子 1985年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思春期に読んでおいて良かったと思う本。理知的な自己懐疑を繰り返す主人公に是非を問いかける必然性は感じず、ただその心の揺れ動きに注視して読み進めていました。... もっと読む

天上の青〈上〉 (新潮文庫)

205
3.91
曽野綾子 1993年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想は下巻に合わせて。 もっと読む

太郎物語: 大学編 (新潮文庫)

189
3.73
曽野綾子 1987年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生の私には早かったかな もっと読む

ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)

186
3.19
椎名誠 2014年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「メンクイ」です。 といっても「麺食い」のほう。 だけどラーメンは苦手……。中華そば系はだいじょうぶ。インスタントは袋もカップもあまり食べないけど大好... もっと読む

復興の精神 (新潮新書 422)

179
3.26
養老孟司 2011年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本の企画がいいなと思った。 有事のあとに、我々は何をするべきか、どう考えるか、、、ということを、新潮新書編集部が発したいというに対して著名人が正面から... もっと読む

にんぎょひめ (いわさきちひろの絵本)

162
4.11
アンデルセン 1967年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまりにも有名なこの童話が私は昔から大好きで、絵本も数冊持っているけれど、いわさきちひろさんが絵を描いているこの絵本はその中でも一番好きです。 切なすぎ... もっと読む

天上の青〈下〉 (新潮文庫)

152
3.89
曽野綾子 1993年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読むものがなくて久しぶりに読んだら引き込まれた。 やはり名作。考えさせられるというのもあるけど、単純に、ピカレスクロマンのエンタテイメントとしても面白い... もっと読む

貧困の光景 (新潮文庫)

151
3.74
曽野綾子 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アフリカやブラジルなどの貧困を救済する小さな組織を立ち上げ奮闘している著者が、貧しさの本質、救うことの難しさを懇々と綴っている。 支援物資をしっかりと届け... もっと読む

自分の始末 (扶桑社新書)

144
3.08
曽野綾子 2011年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どのように人生を終えるのか。その覚悟の有り様を、筆者の作品の中から散文的に集めたもの。なるほどと思える事が多い。 もっと読む

夫の後始末

139
3.68
曽野綾子 2017年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

淡々としている著者がうらやましいような、さみしいような、納得するような、反論するような、いろいろ考えさせられます。 信念をもって生きているところはすごいか... もっと読む

アラブの格言 (新潮新書)

120
3.24
曽野綾子 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原油が見つかってからまだ1世紀も経っていません。それまでは厳しい砂漠の気候の中で生活をしてきたベドウィンの彼らの格言。これは学ぶべき点も多いです。 もっと読む

なぜ子供のままの大人が増えたのか (だいわ文庫)

119
3.49
曽野綾子 2011年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非論理的な本。著者が思っていることをつぶやくように書いただけ。 書いてあることにある程度共感するけど、だから何?という感じ。 主張とか、事象に対するその... もっと読む

神の汚れた手〈上〉 (文春文庫)

111
3.64
曽野綾子 1986年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何回か読んでる。曾野綾子さんの小説は一歩離れたところから見ている感じが好きで、テーマは重いのだけれど、でもどこかさらりとしてる気がする。 もっと読む

日本人が知らない世界の歩き方 (PHP新書)

102
2.89
曽野綾子 2006年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はっきり言ってしまうと、私にはまったく合わない文章でした。 内容云々以前に、文章が生理的に受け付けられないものでした…。本を読む上では致命的ですね。 ... もっと読む

善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか 救心録 (祥伝社黄金文庫)

100
3.48
曽野綾子 2009年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『善人は、なぜまわりの人を不幸にするのか』曽野綾子 この人の作品って読んだ事がないかもしれません。 が、これを読んで俄然、興味がわいてきました... もっと読む
全688アイテム中 1 - 20件を表示

曽野綾子に関連する談話室の質問

ツイートする