曽野綾子のおすすめランキング

プロフィール

曽野綾子(その・あやこ)
1931年東京都生まれ。聖心女子大学英文科卒業。『遠来の客たち』(筑摩書房)が芥川賞候補となり、55年文壇デビュー。以来、小説にエッセイにと多彩な文筆活動に加え、社会活動にも精力的に取り組む。ヴァチカン有功十字勲章受章をはじめ、恩賜賞・日本芸術院賞、海外法人宣教者活動援助後援会代表(2012年退任)として吉川英治文化賞ならびに読売国際協力賞、菊池寛賞など数々を受賞。03年に文化功労者となる。95~05年日本財団会長。『「人生最期」の処方箋』(三笠書房)、『人間にとって成熟とは何か』(幻冬舎)、『老いの才覚』(KKベストセラーズ)、『夫の後始末』(講談社)など著書多数。

「2022年 『思い通りにいかないから人生は面白い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

曽野綾子のおすすめランキングのアイテム一覧

曽野綾子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)』や『老いの才覚 (ベスト新書)』や『人間の基本 (新潮新書)』など曽野綾子の全865作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人間にとって成熟とは何か (幻冬舎新書)

1925
3.14
曽野綾子 2013年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自律、自覚して、人に期待しないで生きること。理屈や努力だけでは人は生きられないこと。つらい、悲しいと思えることも、曽野綾子氏は、ありのままうけとめる。 ... もっと読む

老いの才覚 (ベスト新書)

963
3.40
曽野綾子 2010年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

老いの才覚で得られる事は、自立した老人という高齢者になってもしっかり考え心身共に健康に生き抜く7つの力 他人に依存せず自分で考え選択して自分の事は自分で... もっと読む

人間の基本 (新潮新書)

834
3.45
曽野綾子 2012年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●本書は、やや決め付け的かつ説教的な表現が多いので、取分け若者には賛否両論あると思います。これは、著者の自信の表れと思います。しかし、読んでみると、共感す... もっと読む

人間の分際 (幻冬舎新書)

550
3.02
曽野綾子 2015年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学生の頃から読んでいる本ですが、著者の曽野綾子女史がまだお元気で執筆されている嬉しい限りです。 二十年前の三十代前半の時はいざ知らず、50歳を超え... もっと読む

「いい人」をやめると楽になる―敬友録 (祥伝社黄金文庫 そ 2-4)

509
2.90
曽野綾子 2002年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いい人について知りたくて読書。 自分という幹しっかりと持っている人。 他者依存や他人を期待していると常に振り回される。 自分の内なる声や欲に... もっと読む

太郎物語 (高校編) (新潮文庫)

320
3.66
曽野綾子 1985年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遠い記憶だけど 良い作品だった。子育ての時に思い出せばよかった。果たして自分の息子育ては? 後悔ばかりかもしれない。 その息子もはや高校生の親「高校3」仲... もっと読む

ずるずる、ラーメン (おいしい文藝)

308
3.19
椎名誠 2014年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「メンクイ」です。 といっても「麺食い」のほう。 だけどラーメンは苦手……。中華そば系はだいじょうぶ。インスタントは袋もカップもあまり食べないけど大好... もっと読む

にんぎょひめ (いわさきちひろの絵本)

282
4.10
アンデルセン 1967年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アンデルセンの 人魚姫 とても好きな物語です。 ……海の底に住む人魚姫は、人間の王子に恋をしたため、水の泡となってしまいます。 、、、最後のページ、美し... もっと読む

幸福の王子

250
3.91

感想・レビュー

何度読み返しても最後、泣いてしまう。 読みながら王子さまとつばめを想って流れた涙が心を清くしてくれる気がして、読後は悲しいけれど幸福を感じまた考えさせられ... もっと読む

天上の青〈上〉 (新潮文庫)

240
3.90
曽野綾子 1993年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想は下巻に合わせて。 もっと読む

太郎物語: 大学編 (新潮文庫)

238
3.73

感想・レビュー

高校生の頃に読んで大学生活にあこがれた。思い出の一冊。 もっと読む

夫の後始末

232
3.55
曽野綾子 2017年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙を見て夫がギョッとしていた。 私もタイトルに惹かれて読んでみたが、中身はギョッとすることなく品がただよっていた。 不勉強ながら曽野さんも朱門さんも存... もっと読む

復興の精神 (新潮新書 422)

209
3.28
養老孟司 2011年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本の企画がいいなと思った。 有事のあとに、我々は何をするべきか、どう考えるか、、、ということを、新潮新書編集部が発したいというに対して著名人が正面から... もっと読む

天上の青〈下〉 (新潮文庫)

182
3.89
曽野綾子 1993年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読むものがなくて久しぶりに読んだら引き込まれた。 やはり名作。考えさせられるというのもあるけど、単純に、ピカレスクロマンのエンタテイメントとしても面白い... もっと読む

自分の始末 (扶桑社新書)

172
2.97
曽野綾子 2011年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どのように人生を終えるのか。その覚悟の有り様を、筆者の作品の中から散文的に集めたもの。なるほどと思える事が多い。 もっと読む

貧困の光景 (新潮文庫)

170
3.75
曽野綾子 2009年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アフリカやブラジルなどの貧困を救済する小さな組織を立ち上げ奮闘している著者が、貧しさの本質、救うことの難しさを懇々と綴っている。 支援物資をしっかりと届け... もっと読む

死という最後の未来

152
3.36
石原慎太郎 2020年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夫が図書館で借りたので私も読んでみました。 曽野さん89歳、石原さん88歳。 お二人が語る死生観は完全に相反する考え方で全く嚙み合わないのです... もっと読む

アラブの格言 (新潮新書)

151
3.22
曽野綾子 2003年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サダム・フセインとの戦争時にあらためて、出版し直したものとあります。 荒野に暮らすアラブ(ベドウィン)が自然の中を生き抜くための、習慣、神とのかかわり方、... もっと読む

思い通りにいかないから人生は面白い

147
3.51
曽野綾子 2013年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たくさん心に響く言葉が載っていますが、 他人の幸せを考える。 人は受けて与えることで成熟する。 親から受けて子に与える、それは同じこと?と思えば... もっと読む

なぜ子供のままの大人が増えたのか (だいわ文庫)

140
3.49
曽野綾子 2011年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非論理的な本。著者が思っていることをつぶやくように書いただけ。 書いてあることにある程度共感するけど、だから何?という感じ。 主張とか、事象に対するその... もっと読む
全865アイテム中 1 - 20件を表示

曽野綾子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×