最相葉月のおすすめランキング

プロフィール

1963年生まれ。兵庫県神戸市出身。関西学院大学法学部卒業。科学技術と人間の関係性、精神医療などを取材。著書に、『絶対音感』『星新一 一〇〇一話をつくった人』『セラピスト』(以上、新潮文庫)、『青いバラ』(岩波現代文庫)、『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』(岩波新書)、『れるられる』(岩波書店)、『理系という生き方 東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』(ポプラ新書)、『未来への周遊券』(瀬名秀明との共著)、『辛口サイショーの人生案内』(以上、ミシマ社)など。

「2019年 『胎児のはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最相葉月のおすすめランキングのアイテム一覧

最相葉月のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『セラピスト』や『胎児のはなし』や『絶対音感 (新潮文庫)』など最相葉月の全69作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

セラピスト

879
3.89
最相葉月 2014年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の熱意は分かるんです。すごーく。 だって自ら大学院で学んだりこれでもかと言うほどの人達への取材。 一冊の本をまとめるためにこれだけの時間と労力をな... もっと読む

胎児のはなし

595
4.08
最相葉月 2019年1月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒトは生まれた日を0歳として年齢を数えるので、母親のお腹の中にいた9カ月半は年齢にカウントされない。 「胎児」と呼ばれる水中生物から、「新生児」と呼ばれ... もっと読む

絶対音感 (新潮文庫)

564
3.51
最相葉月 2006年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、若き日のパステルナークと、彼の音楽の師であったスクリャービンとの対話を記すことからはじまります。パステルナークに音楽の道を断念させたものは「絶対音... もっと読む

星新一 一〇〇一話をつくった人

427
3.73

感想・レビュー

非常に読み応えのある人物評伝。ショートショートの達人 星 新一(本名 親一)の素顔に熱く迫った作品。ショートショートは昔いくつか読んだけど、どんな人なのか... もっと読む

セラピスト (新潮文庫)

409
3.94
最相葉月 2016年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仕事で、「心の病」のある人、あるいはその家族と話すことがある。 現状、苦しんでいる人がどのように悩み、もがき、治療を受けているのかはわからない。 私た... もっと読む

絶対音感

374
3.39

感想・レビュー

0円購入2000-00-00 もっと読む

星新一〈上〉―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫)

373
3.92
最相葉月 2010年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ハードカバーで出たのは知っていてずっと読みたいな~と思っておりました。でも文庫になるまで待とう!と思っていたので発売されてすぐに購入しました。 自... もっと読む

本なんて!作家と本をめぐる52話

294
3.27
芥川龍之介 2015年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秘め事のように本を読む。古書のページのあいだに残る誰かの痕跡を愉しむ。人生のうち死ぬまでに読書できる時間を数えてみる。崩れた本の山に滑って転ぶ。同じ本を3... もっと読む

東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか

276
3.65
最相葉月 2015年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何の研究をするか迷っている際には、色々なテーマがあるので参考にはなる。 もっと読む

星新一〈下〉―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫)

270
3.82
最相葉月 2010年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み応えのある評伝だった。 作家の、孤独でかなしい面が浮き彫りになっており、複雑な気持ちにはなる。だが、それを聞いて得心がいった、というようなところがある... もっと読む

最相葉月 仕事の手帳

252
3.87
最相葉月 2014年4月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「絶対音感」で話題になった頃から、最相さんのことはずっと気になっていた。ようやく初めて著書を手に取ったが、ノンフィクションライターという仕事のきめ細やかさ... もっと読む

特別授業3.11 君たちはどう生きるか (14歳の世渡り術)

194
3.74
あさのあつこ 2012年3月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「知ることは、生き延びること、14歳の世渡り術」シリーズの一冊。私の勤務する自治体の中学生向けの推薦図書。 今、「安全教育」の為の図書リストを作成中で、... もっと読む

絶対音感 (小学館文庫)

188
3.33

感想・レビュー

 日本人で絶対音感を持っている演奏家(アマ含め)が多いらしい。絶対音感は幼少からの音楽教育で養うことが出来る。音楽家に絶対音感は必須なのかの是非について本... もっと読む

あのころの未来―星新一の預言 (新潮文庫)

187
3.42
最相葉月 2005年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

科学技術が進むとホントに新しい技術が進んでくる。 それは、SFの世界であったことが、 現実になってきている。 星新一がとりあげた。SFの世界は現実になり、... もっと読む

れるられる (シリーズ ここで生きる)

182
3.77
最相葉月 2015年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の著作は本作が初読み。出生前診断についての章が最も心に残った。技術の進歩により出生前診断は容易に可能になった。しかし「診断を依頼した」という事実だけで... もっと読む

東京大学応援部物語 (新潮文庫)

159
3.61
最相葉月 2007年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

体育会の試合に必ずいて、声を涸らして腕を振りあげ、会場と選手をつなぐ不思議な存在、応援団。どうして彼らは他人のためにああまで本気になれるのか? 東京大学応... もっと読む

ビヨンド・エジソン

122
3.57
最相葉月 2009年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ロケットが無事打ち上げられたからといってほっとすることはなかったのですが、あのとき自分の中で嬉しい発見があったんです。最初の交信が無事終わったあと、ロケ... もっと読む

青いバラ

120
3.51

感想・レビュー

「青いバラができたとして、さてそれが本当に美しいと思いますか」”日本のバラの父”、″ミスターローズ”と言われる鈴木省三氏が青いバラについて取材に来た最小葉... もっと読む

未来への周遊券

114
3.93
最相葉月 2010年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本もレビューで知りました。 科学をめぐる往復書簡。タイトルそのものの内容。 暑い日に冷房の効いた部屋の中で、ビートルズを聞きつつ、ビールを飲みながら... もっと読む

([さ]4-1)ビヨンド・エジソン (ポプラ文庫)

111
4.00
最相葉月 2012年2月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 年代の近い12人の科学者の取材記事をまとめた本。氏の理系解説が結構読みやすく、また興味をそそる書き方で助かる。少年時代からの思いがそのまま継続できている... もっと読む
全69アイテム中 1 - 20件を表示

最相葉月に関連する談話室の質問

ツイートする
×