有吉玉青のおすすめランキング

プロフィール

作家。1963年生まれ。早稲田大学哲学科、東京大学美学藝術学科卒業。ニューヨーク大学大学院演劇学科終了。母・佐和子との日々を綴った『身がわり』で坪田譲治文学賞受賞。著書に小説『ねむい幸福』『キャベツの新生活』『車掌さんの恋』『月とシャンパン』『風の牧場』『ぼくたちはきっとすごい大人になる』『渋谷の神様』『カムフラージュ』、エッセイに『ニューヨーク空間』『雛を包む』『世界は単純なものに違いない』『恋するフェルメール』『三度目のフェルメール』など。

「2014年 『南下せよと彼女は言う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有吉玉青のおすすめランキングのアイテム一覧

有吉玉青のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『片づけたい (暮らしの文藝)』や『美しき一日の終わり』や『ぼくたちはきっとすごい大人になる』など有吉玉青の全70作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

片づけたい (暮らしの文藝)

239
2.83
赤瀬川原平 2017年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著名な作家たちの片づけに関するエッセイが纏められた本です。 おもしろかった! 自分と同じ片付けフェチな作家を必ず一人は見つけられると思います。 (几帳面な... もっと読む

美しき一日の終わり

205
4.06
有吉玉青 2012年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確かに「美しい」のだけどこんな「終わり」納得いかない。 もっと読む

ぼくたちはきっとすごい大人になる

174
3.38
有吉玉青 2009年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルにもなっている最終話が秀逸。中学生くらいの子にオススメ。 もっと読む

月とシャンパン

172
3.04
有吉玉青 2006年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20代から50代の女性の恋愛?短編集。 読んで頭を抱える。 恋愛らいしが、不倫だし。 ほとんどが元彼だし。 切ないらしいが、どうなんだ。 40代50代... もっと読む

輝きの一瞬 (講談社文庫)

150
3.03
中島らも 1999年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中島らも氏が亡くなった時になんとなく買ったこの古本。めちゃくちゃ楽しんでます。何回も。自宅トイレで。 目当ての中島らもの短編はあんまりでした。桐野夏生も... もっと読む

車掌さんの恋

150
2.82
有吉玉青 2004年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

電車にまつわるアンソロジー。 「ボックス・シート」「きせる姫」は良かった。 もっと読む

南下せよと彼女は言う: 旅先の七つの物語

141
3.07
有吉玉青 2012年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さらっと読める雰囲気の良い短編集。海外旅行にはあまり興味がなかったのですが、イタリアに行ってみたくなりました。 もっと読む

ティッシュペーパー・ボーイ

138
3.14
有吉玉青 2007年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議な小説でした。 決して主人公とは言えない、ティッシュペーパー・ボーイ。 路傍の石のように忘れてしまいそうなのに。。。 偏見ではあります... もっと読む

恋するフェルメール 37作品への旅 (講談社文庫)

115
3.80
有吉玉青 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(「BOOK」データベースより)amazon ボストンではじめてフェルメールを見ようと訪ねた美術館では、『合奏』は盗まれていた!一九九〇年に始まった世界... もっと読む

渋谷の神様 (新潮文庫)

112
2.92
有吉玉青 2009年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

#52 ティッシュペーパー・ボーイ(ティッシュ配りさん)が孤独な人たちの魂を物語でつなぐ、バトンのような一冊です。(解説より) もっと読む

車掌さんの恋 (講談社文庫)

107
3.15
有吉玉青 2008年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気に入った話はなかった。 車掌室に高校生が入り込む話は、そういう迷惑行為は許せないから全然話が入ってこなかった。 電車が好きだから期待したけど私にはおもし... もっと読む

身がわり―母・有吉佐和子との日日 (新潮文庫)

107
3.51

感想・レビュー

著者が母である有吉佐和子との思い出を書いた作家デビュー作。 ずいぶん前からこの本があることは知っていた。有吉佐和子は才女であり、かつ気性の激しい人だとさ... もっと読む

私らしく あの場所へ (講談社文庫)

107
3.32
角田光代 2009年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6人の人気作家が綴る車をモチーフに描いた恋愛ショートショート。 全100ページにも満たない、85ページ。 文字も大きく1時間もかからずあっという間に読んで... もっと読む

キャベツの新生活

86
3.21

感想・レビュー

恋愛小説だけど、結末がわけのわからないどんでん返し。 え?何??となる。作者の頭の中だけで完結しちゃったよ。 もっと読む

月とシャンパン (光文社文庫)

73
3.12
有吉玉青 2008年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20代、30代、40代それぞれの恋愛 『スパーク』なんの問題もなく女子大卒業後見合結婚、無事子育ても終わり…でも夫は仕事が忙しく、子どもたちはそれぞれの生... もっと読む

カムフラージュ

72
3.15
有吉玉青 2010年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前よんだ本が好きで今回読んでみた。 とりあえず一通りこの人の本は読んでみようと思う。 破たんした家族の物語。 何処に本当の愛があるか、それを見つ... もっと読む

お茶席の冒険 (知恵の森文庫)

66
3.42
有吉玉青 2007年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わりました。 やはり、お茶のエッセイと言うものは、色々と共感できることがたくさんある。 所謂、お茶の先生の書いたものとは違った親しみ感がある。 森下... もっと読む

ニューヨーク空間 (新潮文庫)

53
3.17

感想・レビュー

大都市NYで暮らす一人の日本人女性の日々から、自分を見つめ直すきっかけをもらえた気がします。 もっと読む
全70アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする